Self Innovation~One By One~

季節の変わり目に
僕は
脱皮でもするのか

作詞集 254(点字)

2016-12-31 12:37:36 | 日本語詞~ポップポエトリー~


未来。(2016)

あの時描いた未来
色とりどりの空 色鮮やかな気球
緑一面 葉を摘んでいる
それが過去となった今
こうして形になれたなら
今描いてる未来も
忘れた頃に 素敵なものになるのかな

口頭が行動の先を行く
その瞬間僕に
何とも言えぬ 罪悪感が来るだろう

たったひとり たったひとりで
築き上げたもの それを手放すなんて
誰だって僕だって迷い狂うこと
でもその先はきっと
未来に向いている

あの時描いた未来
色とりどりの空 色鮮やかな気球
緑一面 葉を摘んでいる
それが過去となった今
こうして形になれたなら
今描いてる未来も
忘れた頃に 素敵なものになるのかな

今僕が呼ぶ本質はもしや
未だ井戸の名前なのか
まだ僕はずっと 確かめる必要がある

たったひとり たったひとりで
築き上げたもの それを委ねるなんて
誰だって僕だって迷い狂うこと
でもその先にしか
未来には向かない

あの時描いた未来
色とりどりの空 色鮮やかな気球
緑一面 葉を摘んでいる
それが過去となった今
こうして形になれたなら
今描いてる未来も
忘れた頃に 素敵なものになるのかな

どんなに頑張っても
僕にも終わりがやって来る
だから残すような 生き方をして
終わりが来るまで 続けていく
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | 12月31日。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL