Self Innovation~One By One~

季節の変わり目に
僕は
脱皮でもするのか

作詞集 241(京都弁)

2016-10-29 15:41:29 | 日本語詞~ポップポエトリー~
I My Me(2016)

かな時、わしん思いは
線を引かれて消されとった。
許せおへんどした、曖昧に。
せやかて今は何でなんかが分かる。
それをしゃべるべきは 今やさかい。
許せていった、I My Me

思い出は どないな形やて懐かしい。
やて、
ここに書かれとった言葉は
今やておんなじさんに言える。
成長しいやへんんかいな?
とは思うやけど、これでええ。

曖昧に 手を伸ばしいやく I My Me

かな時、わしはなん故
こん言葉に辿り着おいやしたんか。
思い出せへん、曖昧に。
せやかて今はあんまりかまへん。
それを知るべきは 今やさかい。
許し赦す I My Me

思い出は どないな形か覚えてへん。
やて、
いつか思い出す言葉は
今やておんなじさんに言える。
きっとわしでおす必要もへん。
と思い続ける。ほしてええ。

曖昧に 名前つけてく I My Me

かな時、わしはそない
こん言葉を失くどした時がおした。
苦しんでおいやした、曖昧に。
せやかて今、チャイムが聴こえた。
やさかい救われた、今さかいは。
許し赦す 曖昧に
さいなら一つ、曖昧に
赦す強さ I My Me
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 作詞集 240(大阪弁) | トップ | 残念!B型!銀髪先生! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL