ホラーゲームは実況動画で観るに限る

2017-06-18 23:32:34 | その他・日常・たわごと
ワタクシ、結構ゲーム好きなのですが、腕の方はイマイチどころではなく下手なので、最近の複雑な操作が要求されるゲームってまったくできません。

その急先鋒がホラーゲームです。話がそもそも怖いことに加え、時間制限のあるイベントや操作を焦らせる演出などワタクシが躓く要素が満載なのです。

でもホラーゲームって『バイオハザード』以降、ジャンルとしても定着し人気もあるので気にはなるんですよね。

ですから、遊んだ気分にだけは浸りたいという思いがずっとありました。そこで目を付けたのがゲーム実況動画です。

ゲームセンターCXは大好きなワタクシですが、素人さんがおしゃべりするのは好きになれず、肯定的になれなかったのですが、先日の『バイオハザード7』の実況動画(その動画を取り上げた記事はコチラ)を鑑賞して以来、”ホラーゲームを静かに一人で観るのはしんどい。ホラーゲームこそ実況動画で観るのが最適”ということに気づきました。

で、早速気になるゲームの実況動画を観てみました。

【解説実況】SIREN2をさくさく進めますpart1


今をときめく俳優・斉藤工が主人公を演じる『SIREN2』。結構昔のゲームですが、『バイオハザード』とは違う和風なテイストのホラーゲームとして人気のタイトルですね。実況者はホラーゲームの実況者としても有名なガッチマンさんです。

ガッチマンさんはゲームの腕も高く、冷静に話しながら進めてくれるので観ているコチラも安心なのです。最近のガッチマンさんの動画はもうちょっとおちゃらけてますが、ホラーゲームならそのくらいでないとワタクシはしんどいのでOKです。

レオン編#01【PS4版】「バイオハザード6」実況プレイ ちょっとおもしろい?ゲーム実況【BIOHAZARD 6】


PS4版『バイオハザード6』の実況動画です。実況者はホラーゲームに限らず、いろいろ実況されてるBelleさんです。プレイは真面目で、おしゃべりはネタっぽくやってます。その他、実況だけでなく動画にテロップ、SE、リプレイなども入れて見せる演出も忘れないのは感心しました。

SIREN2 PlayStation 2 the Best
ソニー・コンピュータエンタテインメント
ソニー・コンピュータエンタテインメント


斉藤工をはじめ実際の俳優・女優をモデルにキャラクターデザインをしているがゆえのリアルさが怖さを引き立たせてくれる本作。バイオハザードよりも近接戦闘が多く、前作から引き続き敵の視界を盗み周囲の状況を把握する”視界ジャック”も健在でバイオハザードとは違った難易度があるようですね。ワタクシはシステムよりストーリーが怖くてプレイできませんが・・・。

バイオハザード6 - PS4
カプコン
カプコン


2013年にPS3版が発売されていますが、グラフィックなどを手直しして2016年にPS4で発売されました。レオン編、クリス編、ジェイク編、エイダ編の4つのエピソードが収録。かなり濃厚なストーリーが展開されるようです。しかもそれぞれのエピソードがクロスオーバーする演出もあって面白いですね。

それにしても、ゲームのグラフィックの進化の恩恵を最も受けているのはホラーゲームでしょうね。映像がリアルになればなるほど怖さも増しますしね。

2016年のPS4版の『バイオハザード6』のグラフィックはもはやゲームとは思えないクオリティ。クリス編なんかの舞台は本物の戦場のようでホラーゲームとは違った意味で怖かったです。

ワタクシと同じように「ホラーゲームはストーリーに興味はあるケド、難しいから苦手」という人は実況動画を観賞してはいかがでしょうか?

おもしろかったらポチっとなとお願い!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中年って昼食不要なんじゃ? | トップ | 近況というか日記というか 2... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL