晴れた日は庭仕事!

目指せペレニアル&ローズガーデン!
なみちゃんの庭造り

流山オープンガーデン

2016年05月30日 | その他

以前から、興味のあった流山オープンガーデン
5/20に花友さん達とバスツアーに参加してきました。
写真多いですよ〜


流山オープンガーデンの歴史は古く
12年目を迎えたそうです。
いくつかのエリアに分かれていますが
どこも閑静な住宅街です
この看板も素敵。街並みによく溶け込んでました。


午前中回った河合邸のランブラーのデビュタント
ずっと気になってたバラだけど、やっぱいい!
ポチ!決定!


こちらも素敵
修景バラ パールメイディランド


花ざかりのカルミア


午後からは楽しみにしてたガーデンユニットNoraさんの
お庭めぐりですまずは流山オープンガーデンの会長もされている
静子さんのお庭
エゴノキが日陰をつくる駐車場
とても落ち着いた大人の庭


バラは多くない分、夢少女が引き立ってました


立派なロジャーシア
なんでこんなに立派に育つんだよ〜〜
羨ましい…


まん丸 かわい〜


Nora景子さんのお庭


狭くても見所いっぱい


雑貨の置き方も素敵です


夢膨らむ…


別世界


ハイブリッドパーペチュアル・ジョアシンアネ
香りも濃厚…
これさっそくポチリました


Nora 靖子さんの庭
パーゴラはグラハムトーマスとつるピンクシフォン
更にその上にはロココと華やかでゴージャス
でも、みんな優しい色使いでしっくりお互いを引き立て
あっているのがよかった


つるピンクシフォン
ふわふわのバラ


淡雪のパーゴラの向こうにはまた違う風景
アイキャッチのバラはエンジェルフェイス?


家の脇は西日が少し当たるだけとおっしゃってた小道
フロントガーデンが華やかだから
しっとりしたシェードの小道はホッとする空間


最後にまわったのがNora 京子さんの庭
のっけからやるなぁ〜


ツアーに誘ってくれた、はなはなさんが
「どこ見てもイイ!」って興奮してたけど
ホントにそう


造りこみ方にイヤミがなくって、憧れちゃうわ〜


ストレプトカーパス・キリタ
惚れました


窓枠にバラじゃないのよ〜
鏡になってるの
そこにフェンスのバラが写りこんでるのよ


最後に京子さんの庭でお茶をいただきツアー終了
景子さん、京子さんともお話して
二人の好奇心の強さ、造詣の深さに感嘆
これをどうやって、自分の庭に生かしていこうか?
いろいろ話は尽きなくて
名残り惜しいけど帰る時間です。
また来年、お邪魔したいと思います


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

遅咲きのバラ

2016年05月25日 | バラ

怒涛の開花ラッシュだったバラも
遅咲きのランブラー系達が見頃を迎え
花がら切りの毎日になりました。


西側の家の壁には2種類のランブラー
ピンクのアルカタピンクグローブと
赤のチェビーチェイス
鉢だし、日当たりイマイチ、風の通り道でボロボロにされても
りっぱなシュートも出し、頑張って咲いてます


バラのあとには宿根草もいろいろ咲いてきました。
アルストロメリア・ロックンロール


ロックンロール。
色の対比がすごいでしょ
昨年春に植えたのですが、ヤマボウシのしたで
夏も弱ることなく、元気でした。
この斑は涼しげでこれからの季節には嬉しい〜


シェードガーデンで咲く山アジサイ・紅錦
真っ白に咲いて、どんどん赤味がさし
最後は花びらの縁が真っ赤に染まります


この数日は夏日も多かったから
シェードに置いたテーブルと椅子大活躍でした。
白いバラはムルチフローラ・ドゥ・マルキュ
でも、だいぶ蚊も出てくるようになったので
これからは暑さとやぶ蚊、どっちとも戦わなきゃ



池のふちの3連アーチにはエゼル。
ドロシーパーキンスの実生バラです。
性質も花もホワイトドロシーにそっくりだけど


花はドロシーよりちょっとカップ咲きぽいかしら?


3連アーチを抜けて家の東側
アカンサス・ホラーズゴールドや
チョコレートネムの花壇に一緒にいるバラは
修景のホワイトメイディランド。
花数は多くないけど、白いと目立ちます


横向きチューリップみたいな花は
耐寒性が強くて地植えの可能なガーデンアマリリスです


裏庭のパーゴラにユキコ
あまりにも遅くて他のバラと時期が合わず
他が散ったあとで、いつもユキコだけが咲いてます


白い蕾が開くとベビーピンクの小輪
花付きも半端じゃないし、トゲもなし
いいことづくめなんだけど…
そういうバラって香りがないことが多い
ユキコも例にもれず無臭。 残念…


植えてから1年半
水が大好きで水切れに弱いから
昨年の夏は気をつけて水やりするように言われていた
メラレウカ・スノーインサマー
浜松花博で見て、すっかり惚れ込んだ
スノーインサマーの花がやっと見られました!!!


この冬、シェッドの屋根に誘引しようと植えた
スタンダードのピンクポップ
交配親にドロシーパーキンスが入っているとかで
花も性質もドロシーっぽい
いずれ、白いシェッドの屋根にこのバラが
咲き乱れるのが楽しみです

今日、団体様を最後に個人的に行ったオープンガーデンも
全て終了にしました。
先週は合間を縫って千葉流山のオープンガーデンや
埼玉のバラ庭も巡って、体力の続く限りバラを楽しんでます。
でも、疲れもたまり眠くてしょうかない。
千葉、埼玉の報告はまた後日。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

恒例の国バラへ

2016年05月20日 | その他

港北オープンガーデンが終わった翌日は
恒例の国際バラとガーニングショーへ
指折り数えて待っている一年に一度の西武ドームで
5月のバラ熱はどんどんヒートアップ!


相変わらずの混雑ぶり
最初の頃は、人ごみにゲンナリしていたけど
今となってはこの芋洗状態を見ると
また来ることができた喜びで、すすんで人波へダイブ!


とはいえ、今回は事情もあって
滞在時間にはかなり限りが…
あれも見たい、これも見たい
そして買い物もしたい!
説明書を読むこともそこそこに
とにかく気に入った場所は手当たり次第パチリ


一目惚れは朱に茶の絞りの
デルバールのラ・レーヌ・ドウラニュイ
もちろん新苗購入してきました


今回のテーマはパリ
パリのお花屋さんを模した展示の
ウィンドウボックスの赤いゼラニウム
枝垂れるのはブドウ?
もう10年以上前に赤いゼラニウムをこんもり咲かせたくて
ハンギング造り始めたの思い出しました


マルメゾン宮殿の庭
作庭は吉谷桂子さんです
見ごたえのある立派な苗が惜しげもなく
ふんだんに使われていて、すごく豪華


艶やかな色合いも落ち着いた色使いも
いつもどんな植栽にも華を感じられるのが
吉谷さんの庭だな〜と思います


いつもお世話になっている清水工業ガーデン
私、望遠レンズしか持って行かなかったもんだから
どこも皆、全景と撮ることができなくて…
なんだかわからない写真ばっかりになってしまいました。

今年の清水工業ガーデンは
モルタル造形で大きなロックをイメージ
てっぺんにはぴょんと飛び出すアリウム
そしてアイアンの物干しには可愛い赤ちゃんの服
無造作の飛び出したフェイジョアの枝
アクセントになっていたのは黄色い実が可愛いレモン


バラに隠れた小さいドアを見つけて
ロックは可愛い家だったんだ〜となんかワクワク
あちこちからさりげなくリンゴやナシなど
果樹の枝が出て、家の周りで小さい子が遊びながら
美味しいフルーツで一休みってなイメージでしょうか?
ドライなアガベ・アテナータも植えられていて
パリというよりはフランスの海沿いの田舎なのかな?


窓を開けたらブドウも採れるのかな?
ストーリーが明確に見える展示、素敵でした


そして気になる新品種

メイアンのロゼ・ピエール・ド・ロンサール
鮮やかなピンク
本家のロン様と同じく花びらは厚いので
花持ちは良さそう
ツルを伸ばしてたくさん咲く姿はさぞかし華やかでしょう
ロン、ブラン、ロゼの3姉妹一緒に咲いたところが見たいな


次は…

デルバールのエドゥアール マネ
これはツボ以外の何者でもない!
機会が見つけ次第ゲットしようと思ってます


そして…

バラの家 ロサ・オリエンティスのライラ
シェラザードとオディッセイアの交配の
生粋の日本生まれのバラ
なんともいえない渋い赤紫色でした

一通り売店を巡って、パティオローズで
欲しかったストロベリーマカロンやラムカン
大森プランツではグリズリやシャクヤクも買って
ハンギングバスケットを見て回る頃には
両手いっぱいで写真も撮れず
時間もなくて駆け足だったけど、今回も国バラ
堪能してきました

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

港北オープンガーデン終了!

2016年05月15日 | 庭の風景

5/13〜15日の3日間にかけて行われた
一大イベントの港北オープンガーデン。
お天気にも恵まれ、盛況のうちにおわりました。


今年はバラの咲き始めが早くて
どうなることかとヤキモキしたものの
蓋を開けてみれば、早咲きのバラは
盛りを過ぎたけど、少し遅めに咲くバラが
最盛期を迎えて、昨年もいらしてくださった方が
「去年とは見れなかったバラが見れたわ〜」と
喜んでくれたりして、結果は上々。


いつも花苗やら花めぐりツアーなどでお世話になっている
河野自然園さん


葉山のオーストラリア ネイティブプランツ専門店の
豪花舎アネックスさん
に出店のご協力をしていただき
花苗の販売も行うことができました。


1年半ほど前に豪花舎さんで購入した
グレヴィリア・ガウディチャウディが大きく育って
いたのをネタに、
店主Mさんや、豪花舎さんのブログを見て立ち寄ってくださった
ネイティブプランツファンの方々とも話が弾みました。


普段はなかなか会えない友達や遠方の花友さん
子ども達のママ友、ブログで知り合った花友さん
花の結ぶ縁でうれしい再会や心弾む新たな出会いが
たくさんあって、しゃべりっぱなし、笑いっぱなしの
充実した3日間を過ごし…


高3の息子と中3の娘が土日は手伝いに入ってくれて
準備や片付け、顔見知りのお客様の接待
お弁当やお茶の買い出し、朝食のあと片付け、
家の中の掃除や洗濯、水やりなど…
いや、でもアルバイト代しっかり取られたんだけどね
ダンナもずっと外でアレコレ、動いてくれたので
ずいぶんと助かりました。

手の空いている時間、娘が暇に任せて門扉の上に梅の実を並べて…。
私には???だったけど、ちょっとした前衛芸術もどきを
面白がってくれる方もいらして
人の好みはそれぞれだな〜と実感


昨年に続き2度目の港北オープンガーデンへの
参加でしたが、リピーターさんが多くいらっしゃったことに
ビックリ!!
1年前の思い出にも話が弾み、特にご年配の方から
また来年を楽しみに一年を達者に過ごしますなんて
言われると、私もまけてられないわ〜!とまた奮起!


ダンナに手伝ってもらうこともあるけど、
普段はたいがい一人黙々とする作業を寂しいとも、孤独とも思わないけど、
大勢の方と花を挟んでのコミュニケーションに
笑顔は人と共有することに価値があるんだな〜と痛感。
大勢の人が集まれば、いいことだけ起こるわけではなく
今回もあ〜ぁ…ということは少しあったけど
「ボランティアは他人のためじゃない、自分のためにするのよ」と
言った方の顔を思い出し
河野自然園スタッフさん、豪花舎Mさん、家族や友人知人、
遊びにきてくれたたくさんの花好きの皆さんに
感謝して港北オープンガーデン締めくくりたいと思います。
あと1週間ほどはまだ来庭の予約も入ってるから気は抜けないけど、
最後まで庭にも人にも感謝! 感謝!
そして3日間もってくれたお天気ににもね〜
願わくば、来年はもう少し涼しく爽やかにしてください


コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

梅雨みたいな雨

2016年05月10日 | バラ

気温はそんなに低くないけど
ムシムシして、雨が降り出す頃には
肌寒く感じる
GWのバラ満開のあとには、まるで梅雨入りした
みたいなすっきりしない雨空


昨日の雨のおかげで、今日は花ガラ切りに始まり
花柄切りに終わりました。
ドッグランのパーゴラから枝垂れるポール・トランソン
日に日に花数が増えてます。
いい花だけど細い枝がズルズル伸びるので
剪定・誘引も花ガラ切るのも痛いバラ


朝の見回りにお供するリリックは
いつもボールを咥えてスタンバイ
ずっと期待した顔してるから、
最近は水やりを夕方に切り替えました。
朝はまずリリックとひと遊びしてから庭の見回り


バラよりも一足先に咲くことが多い
ジャーマンアイリスですが、今年は一緒に
咲きました。


上の画像のジャーマンの向こうでの方で
咲いてるオレンジのバラは珠玉
枝変わりに真っ赤な紅玉がありますが
今年は新品種ピンクの玉鬘が発表されました。
いつかお迎えしたいなぁ


元は温室だった物置小屋
余ったからとレンガ風のサイディングをもらえて
貼っただけでも、バラを誘引するにはちょっといい雰囲気
アブラハムダービーやギーサヴォアなどを。
屋根にチラッと見えてるのは
ポールズヒマラヤンムスクランブラー


満開かと思いきや、まだまだ蕾いっぱいの
ヒマラヤンムスク
冬に思いっきり剪定して、かなりスカスカさせたと
思ってたのに、すごい花付き
今更ながらその成長力の強さにびっくり


この子にもヒマラヤンムスク並みの強さがあれば…
と時々思うブラン・ピエール・ド・ロンサール
日当たりが悪いせいもあるけど
成長がゆっくりで、やっと4年目でそこそこ咲いてくれました


もっともっと一面にこの花がみたいなぁ
2016年新品種にロゼ・ピエール・ド・ロンサールも
発売になりました。
場所がないけどピエール、ブラン、ロゼ
3本並べて植えてみたい


スギナのメドウになっている池の周り
オタマジャクシにも足が生えて
池から旅立つまでも、あともうわずか
小型の蛇、ヒバカリがよく潜んでいるから
バラの足元だけをスカスカに、あとは
スギナメドウ刈らずにそのままにしてます。
でも、それは蛇が苦手だからではなくて大好きだから…
どこへも行かないで… そんな気持ちです
咲いてるバラはプリンセス・シビル・ドゥ・ルクセンブルク


池のふちは3連のアーチに6本のバラを誘引してますが
一番奥のアーチにクリュテムネストラが咲き始めて数日で
あっと言う間の満開です。
ルクセンブルクとクリュテムネストラの間には
斑入りの木はヤマボウシ・ウルフアイ


昨年、北海道の上のファームで見て可愛かったので
植えてみたコンペイ糖みたいな一年草、リムナンテス
いつの間にか咲いてました。
なかなか苗がみつからないから、変わった一年草は
種取って蒔かないと!
毎年思ってもなか

今年もオープンガーデン行います。
詳しくはコチラ


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加