晴れた日は庭仕事!

目指せペレニアル&ローズガーデン!
なみちゃんの庭造り

夏休み 山形旅行

2016年08月28日 | その他

クラゲ好きの娘に、クラゲで有名な加茂水族館に
行きたいと前々からねだられていたので
夏休み最後に1泊2日で山形に行ってきました。


庄内空港からレンタカーで15分くらいかな
小さな漁港が点在する長閑な海沿いの
こじんまりとした水族館
でも、クラゲの展示で人気に火がつき
夏休みは連日満員だったそう。
この日も空いていたのは開館直後の1時間程度
あとは、人をかき分けて歩くような混雑ぶりでした


青い海、青い空 夏だな~~~~
この日の気温は32℃
海に飛び込んだら気持ち良いだろうなぁ

昔、佐渡の海に入ったことがあるけど
暖流の対馬海流が流れる日本海の夏の水温は高く
海流に乗ってやってくる南の海のトロピカルな魚に
会えることもあったりして楽しかった~
でも、暖かい海の魚は対馬海流に乗ってシベリア方面の
冷たい海まで流されて死んでしまう死滅回遊。
ちょっとゾッとするわ~


水族館の展示はクラゲだけじゃなくって
庄内の海の紹介も充実
コブダイ、まだ小さいけどなかなかの迫力でした。
そういえば、佐渡の海には「武蔵」と「弁慶」って
アイドルコブダイがいるらしい
もう20年以上も潜ってないけど、海の中で
実物に遭ってみたいもんだ


イソギンチャクが美しくって感動
海の中って、キレイだな~と聞こえてきたつぶやき声に
ライトを当てた水槽だからね
と、ついついつぶやき返す私


ちょうど同じ頃
スキューバダイビングのライセンスを取りに
伊豆に行ってた息子が撮ってきた海中写真。
海に差し込む太陽光の中で、最初に赤外線が
吸収されてしまうため、
潜ったとき、に見える色はこんな感じ。
肉眼で見る海の中、意外と暗く色がないことに
初めて潜ったときは驚いたわ~
浅いところで強い太陽光や底が白い砂だったり
ライト当てると本来の鮮やかな色で見えることもあるけど…

大学受験を控えた高3の夏休みに、
伊豆に行くほどの余裕があるのか!と言いたいのを
ぐっとこらえ、授業の一環ならいいんじゃないと
許可したけど… 
息子よ! マジ大丈夫? 頼むよ~~もう!
と呑気な息子にイライラ
私も18歳の時にスキューバ取ったけど、親はそんなこと
思ってたのかなぁ~~~


娘が楽しみにしていたクラゲはというと…
思った以上に展示品種は多いし、研究繁殖も
取り組んでいて、とてもおもしろかった

これはアンドンクラゲ
土用が過ぎた頃、海水浴に行ってクラゲに
刺されたというのはこのクラゲが多いそうです


テレビで紹介されたこともある
「目玉焼きクラゲ(Fried Egg Jelly)」こと
コティロリーザツベルクラータ
傘の真ん中が黄色く盛り上がっており
それが目玉焼きのように見えることから
ついた名前だそうです


下村脩博士がノーベル賞を取ったことで
一躍有名になったオワンクラゲ
傘の縁に緑色に発光する物質(GFP)があり
UVライトをあてると発光するそうで
この物質をゲノムに挿入して標的遺伝子を光らせることで
癌細胞などの動きをリアルに観察できる…らしい
難しいことは置いといて。幻想的な輝きでした。


名物! ミズクラゲの大水槽
この水槽に入れるためのミズクラゲは
加茂水族館で繁殖させているそうです。
クラゲの寿命は半年~1年程度だそうですが
浮遊中にボロボロになってしまったクラゲは
他のクラゲしか食べないクラゲの餌にするそうです。


開館からほぼ3時間、クラゲを堪能して
水族館前の磯でひとやすみ
シッタカ、ニシガイなどの空いた殻に
もれなくヤドカリが住み着いていて
チョロチョロ走る姿が微笑ましい


午後は鶴岡市内、私が行きたかったスポット
明治の豪商、旧風間家住宅
重要文化財指定だったかな
120年前は呉服屋さんだったのが風間銀行へ転身
風間銀行は現・庄内銀行の前身だそうです
珍しいのは小石で葺かれた屋根
下地の杉皮を20年に一度葺き替えるときには
石を全て下ろすそう
しかも、葺き替え用の杉皮を取る杉を植林した山を
今でも所有しているとか
豪商の面影を維持してゆくのは庶民ではわからない
苦労がありますな


今は使われていない風間家のかまど
明治の築だから、昭和生まれの私には
建具や茶箪笥など、懐かしく幼い頃に見覚えある
ものがそこかしこに…って感じでしたが
平成生まれの娘には、外国は行った気分だったみたい


朝4時起きで飛行機乗ってきて、32℃の暑さ
ホテルは由良海岸が目の前ということで
早めにチェックインしてのんびり温泉で疲れを
癒そうということになりましたが…
着いたとたんに、由良海岸のこの風景
休憩もそこそこにサンダルに履き替え
またまた、磯遊び


真ん中のちょっとねじれているのはニシガイ
丸いのはシッタカ
どっちも食べられるよ~なんて娘に教えたら、
夕飯にはニシガイのお味噌汁が!
「目の前の海で採れたんですよ~」なんて
中居さんのにこやかな説明に、
さっきまで岩に着いていたアイツが…と
しばし言葉を失う娘
でも、最高に美味しかったと飲み干してました


露天風呂から眺める沈みゆく夕日

いや~ いい一日だった
極楽、極楽


翌日の午前中は、気乗りしない娘を
なだめすかしつつ羽黒山五重塔へ
正面からの写真はどこにでも載ってるので
下から舐めた感じで…
杉の木立にまけない威容
でも、森の中は涼しいかとおもいきや
意外にも暑く、湿度も高くムシムシ
五重塔の軒はうっすら緑色に苔がついて
維持するのも大変だろうな


ムシムシするのはかなわないけど
山の中の清流は見ていて気持ちいいもの
朱塗りの橋は、ちょっと京都風


羽黒山の修験道の入口、随神門をくぐり
頂上までは2446段の石段なのですが
時間もなく300段程度の五重塔までで今回の
参拝はおしまい
行きは下りの石段、帰りはもちろん登りです
世界遺産の杉並木に囲まれて、ダラダラと300段を
登ります


見えた! 入口の随神門
あと一息の最後の上りがが一番ツライ

羽黒山頂上へは車でも行かれるので、さくっと寄って
茶店で、だだ茶豆アイスを食べたのち、酒田市へ移動。
昼食に海の幸を堪能し
街のお肉屋さんでお土産に米沢牛を家に送る手配をすませ
空港へ。
海の綺麗さ、東北の豊かさに感動の2日間でした。
また行きたいな~

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏を彩る暑苦しい植物

2016年08月08日 | 植物

毎日暑いですね
さすがに35℃を超える猛暑の中の作業は
「晴れた日は庭死事!」になりかねないので
午後はお休みしてますが、
暑さが和らいだ今日は久しぶりに丸一日草むしり


青空にサルスベリの花のピンクが映えて
あ~夏だなぁ…と感慨深い気持ち
でもね、足元には散った花びらが
一面のピンクのジュータン
これコンクリートに張り付いて掃きづらいんだよね
蝉時雨の中、汗だくで花びらを剥がすように掃く
お盆の準備の風物詩


タワシみたいなこの花
ん~~~ 花っていうのかな? 
ま、とにかくなんだかわかりますか?


全体はこんな感じ
バンクシア・ロブル
スワンプバンクシアとも呼ばれる
水が大好きなバンクシア
10号鉢だけど、猛暑のときは日に2回
とにかくガンガン水やりします
そしたら、新芽もグイグイ伸びてきました


南国ハワイを思わせるプルメリア
葉は全部落ちるけど、コンサバで
冬越し可能
思った以上の耐寒性に、耐暑性はいわずもがな
夏を彩る花には持ってこい
昨年より日当たりいい場所に置いたら、
調子もとってもいいみたい
でも、この花を見に行くには
やぶ蚊の生贄になる覚悟が必要です


耐寒性が強くないから鉢にしている
エンセテマウレリー
10cmくらいの苗が2年で2m近くまで育ちました
足元に地植えで冬を越した
コロカシア・レモンウェーブ(だったかな?)


バショウ科の植物はダイナミックで
好きだけど、イメージが南国だから
暑さを助長するような気も…
バナナみたいなムセラ・ラシオカルパ
和名は地湧金蓮(チュウキンレン)


葉の中に埋もれるように花が…
埋もれてるって言ったって
花の直径は30cmほど
ムセラ、縦ではなく横にムクムク
増えているんだけど、どこまで広がる
つもりかしら…
他の植物移植しないといけなくなりそう…


斑入りのカンナ・シュトウットガルト
強い陽射しで葉焼けするくせに
日当たりが悪いと育たない、困ったちゃん
隣はメリアンサス・マヨール
手前のダリア
なかなか咲いてくれません


大きな葉の植物は、暑さに負けない
力強さを演出してくれるけど
池に咲くシュウカイドウは少し涼を
感じるかしら?


お盆の頃に花が咲くシェードガーデンの
レンゲショウマ
蕾は梅雨頃に着くのに咲くのはお盆
なかなか気を持たせる花です

暑い暑いと言いながらも、立秋を過ぎ
暦の上ではもう秋です
少し陽も短くなったから、
アブラゼミからヒグラシへバトンタッチ
もあと少しかな

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

猛暑の準備

2016年07月25日 | 庭の風景

ミンミンゼミが鳴くと梅雨明け…のはずが
今年はセミが鳴いても梅雨明けず
涼しい日が続くうちに、猛暑に向けて


シェードガーデンに日よけを張りました

シェードなのに日よけって?
だって、モミジの葉が茂ると暗すぎるし
剪定すると西日が当たっちゃうし…
で、思いついたのが剪定して日除け
50~60%遮光すると植物も楽になるし
作業中の一休みにもひんやりして極楽気分


特に葉焼けしやすいホスタ・ダイアナリメンバーは
夏~秋に西日が当たると、元気がなくなって
翌年は小さくなってしまうから
特に念入りにガード
きっと私よりUV対策万全だわ


枝を抜くようにモミジの剪定をして
やっと花が咲くようになったノリウツギ
日よけが見えるとシェードガーデンの
雰囲気は台無しなんどけど今年で4年
我が家の夏の風物詩になったかな?


夏に向けて、ほとんどの花を
切り戻して緑が暑苦しい庭になってるけど
ポツポツと咲いてるのダリア
やっと開いたダリア
フーガシティ・オブ・アルカイマー


そして、雨で倒れてしまった
クロコスミア・ルシファー


もう終わりかけ、ルリタマアザミ


枯れかけのカサカサした姿も
好きなんだけど、
穂が硬くなってチクチクすると
かぶれてひどい目にあうから、
さっさと刈り取っちゃうチカラシバ。

雨が降るのは助かるし、30度超えの日も
まだほとんどなくて楽だけど
8月は平年並みかそれ以上の気温だって?
平年並みもすでに熱帯なのに
それ以上って!!!
もしやアフリカ並みか?と
梅雨明け後の日々を思い戦々恐々
としております

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

猫、新時代へ

2016年07月24日 | ペット

もう1月ほど前になりますが、
オスの子ネコが2匹仲間入りしました。
実は3/18にシャムミックスのチョコが慢性の腎不全が
悪化して虹の橋を渡り
5/18には白黒の立ち耳スコ、
ゴンも急性腎不全による突然死
残った猫はベリー、マック、ミント、NEOの4匹
寂しいなぁ…と思っていたところに、
友達経由で子ネコいりませんかの
LINEが回ってきて…


やってきました。5/10日生まれの兄弟
茶トラが涼太(すずた)、白キジは日向(ひなた)


涼太は茶トラだけど、以前いた明るいオレンジで
シマのはっきりした茶トラ・きなこよりもくすんだ
ミルクティのような色合い。
手足はシマシマだけど、背中はほとんどベージュ一色


白キジの日向は、綺麗なハチワレ
後足には少しだけ明るいグレーのシマも入ってます。
アイラインが入って引き締まった顔つき


仲良し姉妹のきなこが亡くなり
大好きなお兄ちゃん ひじきもいなくなり
そして、寄り添って寝ていたチョコまでも…
あれよあれよという間に
仲良し4匹組はミント1匹だけ
一番寂しいのはミントだよね

最近は悪かった胆嚢も回復してきて
黄疸も止まり、バサバサだった毛並みもふっくら
この好調がいつまで続くかはわからないけど
若くして虹の橋を渡った子たちの分まで
長生きして欲しいな


で…、そのミント
よく子ネコ達と遊んでくれたり、一緒に寝たり。
涼太もミントには積極的にじゃれるのだけど…


心はね…あまり広くないみたい
けっこう本気のネコパンチ


一方の日向は、せっかくソファでくつろいでいる
リリックの肉球に爪を立てたり、かじったり…


いつもライムや海老蔵には威張っているリリックだけど
日向が相手じゃどうしていいかわからないみたい
好きすぎて、しつこいから子ネコに隠れられたり、
踏ん付けてギャーギャー鳴かせてしまうことも度々。
涼太よりも日向のほうが度胸はいいけど
たまに好奇心の強いシェパード3匹に囲まれると、
びっくりしてしっぽが逆だっちゃうことも…


涼太も日向もずいぶん慣れて生活のペースも出来てきたけど
唯一、不機嫌なのは、犬もネコも人も嫌いな気難しいベリー。
最近、私のベッドに涼太と日向が来るようになり
いつも私と寝ているベリーは、
どうやらそれが気に食わない模様。
畳んでおいてあった私のTシャツ
は、ベリーの当てつけオシッコで
何枚も捨てる羽目になってしまいました。


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

八ヶ岳~安曇野~白馬~松本~佐久 2

2016年06月24日 | その他

前日、夕方に白馬グリーンロッジに到着
山をあがっているときは全然見えないのに
駐車場に着いたとたん


目の前にドーーーン
巨大なグリーンロッジが!
しかも何この雰囲気は?クララのお屋敷みたい


翌日は朝からイングリッシュガーデンへ
案内してくれたのはヘッドガーデナーのニシダさん
起きたときは晴れていた空は、あいにくの小雨模様
白馬って晴天率が低くて、お天気が変わりやすいんですって


スキーゲレンデの2つのリフトの間に作られたイングリッシュガーデン
デザインはマーク・チャップマンさん
空気も澄んでいて、スイス風のホテルバックにしたガーデンは
日本じゃないみたい


ルイーズオディエに囲まれた
グリーンロッジの社長のプレート
寒暖の差が激しいから、どの花も色が冴えて美しい


借景が山だと赤がより映えるような気がしました
ヘッドガーデナーのニシダさんは
バラクラに数年勤務したあと、コマツガーデンで
バラの生産に携わっていたということで
寒冷地のガーデン造りもバラにも精通された方


でも、デザインはすべてマーク・チャップマンさんなので
3人いるガーデナーさん達がマークさんの指示なく
自由に植栽することはないそうです


暖色系のローズガーデン
バラも宿根草もよく育ってますが…


ゲレンデのリフト脇というだけあって
全てが斜面
しかも11~4月までは雪に閉ざされるとかで
植物の成長が見込まれるのは5~10月の半年だけ
積雪量も多く、他にはないような鮮やかに色合いで咲くバラだけど
ここで栽培は苦労も多いということでした


コニファーを多用したガーデンも
ヨーロッパの山合いの村を連想します


オープンから4年
下から上に向かってどんどん広がってゆくガーデンは
坂を上がるに従い、もともと自生している植物を中心にすえた
植栽に変わっていきます
でも、こういうの好きなんだよね~


木立の間に作られた道
少し山を登ると熊もいるとか
大規模な土木作業はホテルの従業員総動員で行い、
外部への委託はしてないそうです
骨格ができたら、あとを任されるのは3人のガーデナー
まだ、造成したばかりの場所もあったし
縦に長く、傾斜ばかりの広いガーデンだから大変そうだな~


まるで以前からそこにあったかのようにグンネラが…
私も育ててるけど、暑さを考えると地植えは厳しく
思い切り大きくできる環境は羨ましい
うちのグンネラも鉢増ししなきゃ~

コルチナを後にして、一同一気に山を下り
エマさんおすすめの安曇野のお蕎麦屋さんへ
そのあとは松本へ


河野自然園に毎月足を運んでいるKさんの
ご自宅を見せていただきました
神田隆さんに依頼したというモルタル造形の小屋
イギリスの田舎の納屋のような雰囲気がとても可愛いの


屋根にはネットを張ってクレマチス プリンセス・ダイアナ
を誘引


表の庭から裏に回る小道もステキでした
松本は長野の中では暑いイメージがありましたが
やはり寒暖の差は大きいのでしょう
どれも花色がイキイキ、白馬から降りてきたときは
晴れて暑いくらだったけど、ちょっと木陰に入ると
爽やかで肌寒いくらいでした


木製のアーチにはクレマチス・シーボルディかな
Kさんは松本の園芸店ナカツタヤさんで
ハンギングの講師をされているそうです
どうりで!どこを見てもバツグンのセンスの良さを感じます
あ、Kさん宅にお邪魔する前にナカツタヤさんにも寄りました
素敵なグッスもいっぱいで、探していたストレプトカーパスのための
鉢買ってきました


最後に回ったのは佐久市の園芸店グリーンマーケットさん
一週前に日帰りバラ巡りに上田市に行ったときも
お邪魔させてもらいました
その時よりもバラも草花も開花が進んですごい華やか!
右後方の電柱のところのバラのコンテナ
たぶんジュビリーセレブレーションだと思うけど
13号くらいの大鉢で植えてあって
しかもすごい花数!見事でした


ここの苗はすべて自家生産で
しかもしっかりした大株、通販で時々利用させてもらって
ますが、ガーデンで実物が見れるのは嬉しいな


ガーデンは道路際だけど
まわりはぐるっと田んぼや畑が広がってるけど
木や草、バラも大きく茂ったガーデンは中に入ると迷路みたい
以前も訪ねたことはあるのですが、その時は迷路というよりジャングルでした。
聞けば、大雪でハウスが潰れてしまった年だったので
修復するのが手一杯。ガーデンどころではなかったそう。


このグラスなんだろう?
聞きそびれてしまったけど、また夏にお邪魔したら
その時には聞いてみたいと思います。

車2台、交代で運転して途中無茶な追い越しの
トラックにヒヤッとすることもあったけど
事故もなく無事に帰ってきました。
今年の旅行も楽しかった~
河野自然園の皆さん、お世話になりました
また来年も企画よろしくお願いしま~す


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加