軽音楽談話室(廃屋)

「琥珀色に魅入られてしまった人生・・」

シングルモルト バッチ11.18

2015-12-13 02:00:00 | 酒談義
今回は特にテーマは無し、とりあえず好きな物ばかり。



「トマーティン カスクストレングス Batch 1 57.5°」オフィシャルのカスクストレングス、国分の正規品ですが国内流通量はいったい何本なのだろう?見かけない。以前購入したピーティー・カスクストレングスはまだ7千円ぐらいで購入可能。
[香:ゴールデンシロップ、オレンジとレモン、梨、クルミ、ショウガのビスケット。時間の経過と共に甘さが。
味: マジパン、焦げた砂糖。麦芽パンのトースト。栗。洗練された革。バニラ味のタバコ。
フィニッシュ:スパイシーでドライ]



「ePower シングルアイラモルト ポートカスク2009/2015 52.7°」岐阜のボトラーズ「ePower」のシークレットボトルですが、アイラでポートカスクと言うことはボウモア?ブルイックラディ??ラフロイグという噂も・・
[色:ピンクゴールド
香り:ポートワインの甘さ、ヨード、バニラ、カステラ、ミニバラ、かすかにミント
味:マジパンやアーモンド、ウッディさを伴った甘さの後ろに強すぎないスモーキー感 後から樽熟成された赤ワインやポートの芳醇さやスムースなポートワイン、麦っぽさ、プラム
フィニッシュ:ポートワインとほんのりとしたスモーキーさが長く続く]



「ePower シングルアイラモルト バーボンカスク2009/2015 52.3°」最近のアイラ・バーボン・シークレットと言えば中身はラガヴーリンが濃厚ですね。
[色:ゴールド
香り:強すぎないスモーキーな香りにシトラス系の爽やかさや甘いフルーティな香りが上手くまとまっている 
味:まろやかな甘さ、フルーティさ、バニラやカステラにマイルドなヨードとスモークがバランスよく一体となり口中に広がる
フィニッシュ:温かな甘みを伴った心地良いスモーキー感が長く続く]



「フロム・ザ・バレル」ニッカの「良心」旧価格で購入。数々の賞を受賞した名品です。
[『フロム・ザ・バレル』は、熟成を経たモルト原酒とグレーン原酒をブレンド後、さらにもう一度樽詰めし、数ヶ月ほど再貯蔵。この再貯蔵は「マリッジ/結婚」と呼ばれ、まさにこの間、原酒同士は結婚したかのように深く馴染み合い、調和の取れたおいしさが生まれます。]



「ピュア・モルト」赤と黒、ニッカの「良心」第2弾、白は終売、これも旧価格で購入。
[黒:余市蒸溜所の重厚なモルトをキーとしたピュアモルト。力強いピートとしっかりとしたコク、豊かな味わいが特長です。]
[赤:宮城峡蒸溜所の華やかなモルトをキーとしたピュアモルト。軽く甘いバニラとフルーティーな香りとソフトでやわらかい味わいが特長です。]



「ラフロイグ10年 1000ml」普段のみの定番、それにしては久々の10年。

高騰すぎて・・・購入意欲がわかない・・・盛り上がらないなぁ・・・・・
ジャンル:
お酒・お茶
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シングルモルト バッチ11... | トップ | シングルモルト バッチ11... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

酒談義」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。