Wilhelm-Wilhelm Mk2

B級SFからクラシック音楽まで何でもあり

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

GUNDUM 2

2007-11-01 | Weblog
「ガンダム」に登場するモビルスーツはどれも素晴らしいデザインなのだが、実は登場するタイミングも絶妙なのだ。グフなんて、初めての新型MSなのだが、実は全話の中で4分の1のところで登場なのだ。結構遅い。ドムにいたっては丁度折り返しのところで初お目見え。話が結末に向かうに従って、新型を畳みかかけるように投入してきます。戦争が末期なると、戦力に余裕がなくなり試作型を投入せざるを得ないという「設定」なのでしょうが、この効果は抜群です。このあたりの演出もガンダムの魅力ですね。玩具を売るために、毎月新型ロボットを登場させるような現在では考えられないことです。まあ、当初はザクだけで大半を乗り切ろうとしたのだが、そういうわけにもいかなく新型を出したという噂もありますが・・・

 グフの初登場「ジオンの驚異」の回を観てます。雷が鳴り響く嵐の中、ザク2機を従えて崖の上に屹立する真っ青のグフは本当に絵になります。ランバラルもこの回が初登場ですね。内縁の妻(子供の時は意味がわからなかった)ハモンとの会話もリアルです。出撃のときお出かけキスとかするし、グフでさっと「行ってきます」ポーズをするのが、結構かわいい。ストレスから子供たちにあたってしまうブライト。それを知って鳴き真似するキッカ。燃え尽き症候群のアムロ。この回は本当に奥深い。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 戒名料という詐欺 | トップ | ハコ寝 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
おれもあんたもおんなじ所グルグルしてんだよ (ガンダム占い日記)
Zガンダム占いやってみた。 グフ あなたはあいつとは違うんだ!俺のほうが優れているんだ!と思っています。優越感に浸るのも悪くはないですが所詮同じ穴のムジナです。もっと自分を見つめ直しましょう。 ・・・・・・・・・・・・・・・まるで昨日の過ちを悟らされ...
ガンダム機体分析でラル (ガンダム分析)
<p>ガンダム機体分析でランバ・ラルを分析</p> <br /> <br /> <p><strong>ランバ・ラル</strong>の57%はガンダムレオパルドのパーツが使われています<br /> <b>ランバ・ラル</b>の29%はドムトローベンのパーツが使われています<br /> <b>ランバ・ラル</b>の6%はドムのパ...