日本代表

2017-06-14 15:51:28 | サッカー全般
昨日の試合結果と内容で、あちこちのメディアでたたかれているだろうなぁと思います。それはそれとして、初めて、代表の試合の感想(批評?)を書きます。

まず、理解しづらい先発メンバーとポジション。けが人が多くて、大変なのはわかるが。

ハリルホジッチは外国人監督にしては、保守的だど感じることが多い。そのくせ突然、変なことをする。

代表初先発の井手口に、浦和ではCBの遠藤のダブルボランチは、当然初めての組合せ。右に本田、左に久保、中央に原口も(多分)初めての組合せ。

考えはわからないでもないが、どのくらい機能すると考えていたんだろう。ワールドカップ予選の大事なゲームで試すことではないよなぁ。

失点につながる決定的なポカが多い(と思っている)吉田は、今季イングランドで成長したはずなのに、やっぱりまたやった。

長友は、イラクの右サイドをケアしてほとんど上がらなかった。(攻撃参加は控えるように指示があったか?)そのせいか、右から左へのサイドチェンジも少なかった。シリア戦のゴールは、左サイドの崩しからだったのに。

1点取った後、リズムをつかんで攻め続けるということをするために、チームを引っ張れないと本田がいる意味がない。それができない本田の「今の力」は、日本がポゼッションができる場合だけ通用するレベル。

けが人続出でゲームプランが狂ったにせよ、プラン通りにいかなかった時や突発的に起こったことに対して、柔軟に対応する能力がないことが良くわかったゲームだった。

ワールドカップ予選の突破ができても、ハリルホジッチのままだと、本大会の日本代表の活躍はないなぁ。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 個人練習とチーム練習 | トップ | 自分を変える。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。