攻撃的なサッカー

2017-06-02 11:20:55 | ジュニア
試合前のミーティングで必ず言うことが3つあります。1つは「全力でプレーすること」、1つは「自分の特長を出すこと」、1つは「攻めと守りを両方やること」です。

FWは攻めだけ、DFは守りだけやればいいわけではありません。FWにはFWの守りがあり、DFにはDFの攻めがあります。

攻めの選手は、上手いけど雑なプレーでボールを簡単に失うことが多いです。ボールを失ったら、奪い返しに行くことが当たり前にできるようになって欲しいです。

本当に必要なのは、簡単にボールを相手に渡さないようなプレーができるようになることです。多くの選手は、何となくプレーして、簡単にボールを失います。

ブラジルでは、ボールを「宝物や恋人のように扱え!」と教えるそうです。『大切に扱って、敵に渡さないように必死に守れ』と、いうことらしいです。

DFの攻めも大切です。攻撃の起点となるだけではなく、ウイングのようにプレーできるSB。ゲームの組み立てはもちろんラストパスも出せ、時折思いきった上がりをみせるCB。世界にはいっぱい魅力的なDFがいます。

ボールを大切にして、どこからでも攻撃ができて、点をたくさん取る。そんなサッカーを、いつも目指しています。
ジャンル:
スポーツ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 信頼 | トップ | シンプル »
最近の画像もっと見る

ジュニア」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。