淳一の「キース・リチャーズになりたいっ!!」

俺好き、映画好き、音楽好き、ゲーム好き。止まったら死ぬ回遊魚・淳一が、酸欠の日々を語りつくす。

全世界同時発売されたレッド・ツェッペリン「COMPLETE BBC SESSION 」3枚組を聴く。

2016年09月18日 | Weblog
 土曜日の夜から日曜の朝にかけて、ほとんど一睡も出来なかった。

 土曜の夜、夜中の1時過ぎに寝たのだけれど、直ぐに目が覚め、そこから色々と仕事関連のことが浮かんでは消え、消えては浮かび、またまた厄介な心って奴が自分勝手に悲惨な物語を紡いでは、傷をつけてゆく。

 眠れずに悶々としていると、窓硝子が少しずつ白みを浴びてきた。
 枕元に置いた腕時計をとって時間を確かめると、午前5時15分だった。
 また、こんな感じかよ・・・。

 朝方起きて、朝食を摂り、ぼんやりした頭と身体を鎮めようと横になったら、こてんと寝てしまった。
 それでも数十分も寝ただろうか。
 眠気は抜けない。

 あっ、そうだ。
 アマゾンからレッド・ツェッペリンの「COMPLETE BBC SESSION 」が届いていたんだっけ・・・そう思ってターンテーブルに1枚目から乗せて聴く。

 ツェッペリンのファンなら誰もが既に持っている(と思う)、1997年に発売されたオリジナルの「BBC ライヴ」は、2枚組だった。
 それに今回、新たに8曲の未発表音源を含むディスクが1枚追加され3枚組となって、9月16日金曜日全世界同時発売されたのだ。

 この「COMPLETE BBC SESSION 」は、イギリスBBCラジオで1969年から1971年、ツェッペリンが出演した中から選曲されたライヴ音源で、いつものようにジミー・ペイジによって最新リマスタリングが施されている。

 まあ、相変わらずジャケット写真はいただけないけれど、聴きどころはやはりディスク3でしょう。当たり前か。

 「コミュニケイション・ブレイクダウン」は、何度聴いてもさすがに燃える。









ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« もう一度「幸福になりたいな... | トップ | モーパッサンの短編小説「首... »

あわせて読む