淳一の「キース・リチャーズになりたいっ!!」

俺好き、映画好き、音楽好き、ゲーム好き。止まったら死ぬ回遊魚・淳一が、酸欠の日々を語りつくす。

「私、NMB48の須藤凜々花は、結婚します!」

2017年06月17日 | Weblog
 土曜日の青森市はお昼近くから晴れ間が広がった。
 7月2日は「AOMORIマラソン大会」があるので、ランニングウェアに着替え、スマホで距離と時速を計るアプリを出して腕に装着し、新しいウォークマンを点けて、いつものように海沿いを14キロ近く走る。

 夜は、友人がやっている「すき焼き屋」。
 生ビールを一杯と焼酎の炭酸割り一杯を飲んだら、もう真っ赤。お腹がいっぱいになったので、7時前には家に帰った。
 まだ、外は明るい。綺麗な夕日が空を染めている。

 直ぐにテレビを点けて、「AKB48第9回選抜総選挙」の開票を観る。
 お昼のニュースで、開票イベントが「沖縄・豊崎美らSUNビーチ」で行われる予定だったのが、豪雨による悪天候でやむなく中止されたと伝えていた。
 場所は急遽屋内の会場に移され、開票は史上初の無観客で実施することになったらしい。

 画面では、次々と順位が発表されてゆく。
 5月31日に発表された速報値では、なんと大方の予想を覆し、第1位を獲得したのは新潟「NGT48」の荻野由佳だった。
 まったく、知らなかった。初めて見る女の子だった。
 トップを取ったということが、よく飲み込めない。

 20位と発表された「NMB48」の須藤凜々花が、ステージに上がってスピーチを行った。
 びっくり!
 なんと、いきなり結婚発表しちゃったのである。突然に!

 「初めて人を好きになりました」。「私、NMB48の須藤凜々花は結婚します!」と。
 そう告げると、会場にいる何人かのメンバーたちから、「おめでとう!」の歓声があがる。

 でも、そうなんだろうか?
 ここで、話すべき言葉なんだろうか? 

 別の場所で改めて述べたって良かったのでは?
 たとえ建前は「恋愛禁止」の掟があったとしても、結婚自体はとても喜ばしいことなのに・・・。
 須藤凜々花が獲得した、ファン3万1779票に込められた思いは、一体どうなるんだろうか?

 結局、これも壇上でいきなり卒業を発表した渡辺麻友が2位に止まり、指原莉乃が3連覇を達成した。
 
 うーむ・・・。
 なんかなあ。

 AKB48・・・指原莉乃もステージでその危機感を洩らしていたけれど、本当にいいんだろうか、このままで・・・。





ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「Let Me Make Something In ... | トップ | 「あなたのことはそれほど」... »

あわせて読む