淳一の「キース・リチャーズになりたいっ!!」

俺好き、映画好き、音楽好き、ゲーム好き。止まったら死ぬ回遊魚・淳一が、酸欠の日々を語りつくす。

「Blue And Lonesome」

2016年10月11日 | Weblog
 すっかり秋らしくなってきた。
 朝晩は少し肌寒く、外出する際には上着が一枚必要だ。

 土曜日、携帯にI氏から突然の連絡が入った。
 I氏は昔同じ職場の上司だった人で、I局長と言ったほうが個人的には馴染み深い。
 退職してから二年ほど、再任用職員として職員相談の仕事をされ、その後突然、京都へ引っ越してしまった。それも青森市内の住居をすべて始末して。

 先月、京都に行ったときちょっと立ち寄ろうと電話したら、「あっ、ごめん。今、京都引き払って東京暮らしなんだよね」とのこと。
 それには唖然としてしまった。

 そのI局長、というか今はI先輩から連絡があったからには行くしかない。飲むしかない。
 国道沿いにあるAベイというホテルの二階にバーがあるらしく(全然知らなかった)、そのホテルに泊まっているということだったので、夜の8時に待ち合わせ。

 「もう、好きなことだけしろ」、「いつか死ぬんだ、後悔だけはするなよ」、「自分の流儀を貫けって」・・・もちろん、そんな説教じみた会話だけに終始したわけじゃないけれど、何度も笑って近況報告しながら、そんなことを真面目に言われた。

 嬉しかった。
 いい先輩をもった。

 今年中にもう一度東京で会って、一緒に飲もうと約束して別れた。
 ほろ酔い加減で、すっかり秋っぽくなった夜の街の冷たい夜風に当たりながら、ふと考えた。

 もう、いんじゃね?
 いい加減、疲れたよ。
 ぜーーーんぶ、何もかも根こそぎチャラにしちゃおうよ。
 スポーツジムを止め、携帯を解約して誰とも一時的にしろ一切の連絡を絶ち切り、とにかく家に籠もって本を読み漁ろう。ブログもここで一旦フリーズしてさ。
 全部が全部、面倒くせーーーっ。

 ただなあ、携帯をここで止めちゃうと、どうしても連絡しなきゃならない不測の事態ってやつが来たらどうするよ?
 まあ、そんなこと心配するってことこそ、ほんと、世俗の波に揉まれてるってことなんだけどね
 でも、これじゃ、何にも断ち切れないよ。
 なーーんも変わんないじゃん!

 結局、何も解決策を決められないまま、家に帰ってネットを見たら、ローリング・ストーンズがニュー・アルバム「ブルー&ロンサム」を12月2日、全世界同時リリースすることが決まったとのニュースが出ていた。
 「ア・ビガー・バン」から数えると11年ぶりのオリジナル・アルバムだ。
 ただし、ブルースのカバー曲を集めたアルバムということなので、オリジナルの新曲は一切ないという。そこがちょっと残念だけど・・・。

 でもさあ。
 ほーら、70過ぎた、爺たちでもこんなに熱くロックしてんだぜ!
 なんでおめえが、ロック出来ねえの?
 孤独になるのを怖がってんの?

 携帯ぐらい、またあの何年か前の冬の夜みたいに、アスパム前の海にドボンと投げちゃえよ!
 スッキリすんぞー!








ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 劇団・渡辺源四郎商店、作・... | トップ | ビートルズのドキュメンタリ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む