淳一の「キース・リチャーズになりたいっ!!」

俺好き、映画好き、音楽好き、ゲーム好き。止まったら死ぬ回遊魚・淳一が、酸欠の日々を語りつくす。

「夢見るように眠りたい」

2017年06月29日 | Weblog
 市川海老蔵の深い哀しみと、その妻である小林麻央さんの訃報を聞いて、心からの涙を流し、生きているという事自体の尊さを改めて知らされたはずなのに、またいつものように世俗の垢に塗れた暮らしをしてゆくと、そんな純粋だった気持ちや気分さえ少しずつ薄れてゆく・・・。

 人間は、世間は、というかこの俺は、かくも愚かで卑しい、そしていい加減な畜生であることを改めて再認識させられる。

 昨日の夜、日曜日のマラソン大会に備えて夜の街を走ろうと決めていたのに、結局だらだらと居間に寝転がり、青森県では29年ぶりとなるプロ野球1軍公式戦「東北楽天ゴールデンイーグルス対オリックス・バファローズ」戦(弘前市はるか夢球場)を、ATVでずっと観ていた。

 観客は1万3227人。満員だ。
 3対2で、結局、楽天が勝った。
 でも、2位のソフトバンクが1ゲーム差のままで食らいついている。今度の週末は両者が仙台で激突することに。いわゆる前半戦の天王山だ。

 テレビの野球観戦を観終えて風呂に入り、布団にもぐる。
 漠然とした不安が襲ってきた。
 色んなことを、悪いほうへ悪いほうへと自分勝手に導いてゆく・・・。

 朝になった。
 午前5時過ぎに目が覚め、そこからまた眠ろうと眼を瞑るのだけれど、浅い眠りのまま7時になってしまい、着替えて仕事に出る。
 今日もいい天気。暑くなりそうだ。

 お昼を抜いた。
 日曜日のマラソンに向けて、付け焼刃のダイエットをするためだ。
 それでも、走る意欲がまったく湧かない。気力がない。

 それでもなんとか気持ちを切り替えて、夕食後、夜の9時近くになって、家の近くをランニングした。
 「青森中央大橋」を上って、ただっ広い「青森セントラル・パーク」の中を走る。かなり暗い。南西の夜空に三日月が浮かんでいた。青い森鉄道が青森駅方面に向かって走ってゆく。踏切りのカンカンという甲高い音が、広い公園に流れ込んでくる。
「青森セントラル・パーク」を出て、「八甲田大橋」の下を走り、そこから「みちのく銀行」本店ビルを横切って線路沿いをなぞりながら家へと戻った。

 5キロも走ったろうか。
 なんか・・・乗らない。
 明日は前の職場の仲間と一緒に、ボクシング・ジムでのトレーニングだ。


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「投げやりな、下北」 | トップ | 「みみずくは黄昏に飛びたつ」 »

Weblog」カテゴリの最新記事