テルミンの彼方へ
宇宙とシェアする楽の音
 



フランスに行く直前に、高村光太郎連翹忌運営委員会の小山さんから、光太郎先生がパリ留学中にパリを紹介している画像をいくつか頂いたので、自由時間に、その跡を尋ねてみました。


【光太郎先生が住んでらしたモンパルナスの下宿。】



17番地、というと、ここになります。ここに住んでらしたのかっ!と写真を撮っていたら、中から今の住民の方が出てらっしゃいました。

左側がカフェになっていて行き止まりの路地の角はカフェです。





路地の奥は関係者しか入れないみたい?



狭い路地に車の路駐。エクスでもパリでも、びっしり車が道に止まっている光景をよく見ました。どうやって縦列駐車するのかしら。

そして、石造りの家。光太郎先生が暮らしてらした頃とあまり変わってないのだろう、と思うと、不思議な感じになります。



フランスの家は、中庭が素敵な事が多く、これも、どなたかの家の中庭。

最近の(?)フランスはとても親日的で、うっかりすると、嬉しそうに片言の日本語で話しかけられたりします。

駆け足取材だったので、日本に帰ってきてから、あれ、この建物は1棟だったのかな~、とか、気になる所が色々出てきます。いつかゆっくりお散歩したいです。



【メディチの噴水】



光太郎先生の説明によれば

「昔この公園がメディチ家の庭園であった頃、其中にあったもので、後それが公園となり、四辺が漸次と明るく新しく変わって行く中に僅に昔のおもかげを残して淋しく突っ立っている」

という事ですが、ここが、気持ち良かった!! パリに行く予定のある人にはみんなに薦めたい! 



 

暑いパリの町。水辺の気持ちよさは格別で空気まで違う気がします。休憩している人も多く、市民の憩いの場みたい。





噴水の横に生えている木には、落書きが沢山! これは良くないのではあるまいか。とは思いますが、愛されている場所の様です。



これは妹です。

 

これは噴水の裏側。




【パンテオン~ソルボンヌ大学】



塔の先端が町並みから飛び抜けているので、遠くからでも、あ、多分あそこ、と分かります。建物が光太郎先生好み。。。な気はしないのですが、上の方にあるロダンの彫刻に惹かれたのかも。

階段の所には、沢山人が座ってくつろいでいました。





パンテオンの向かい側。学校の様ですが、とりあえず自由に入れるので、現役の学校ではないのかしら。さまよいこんでトイレが使えて助かりました。ソルボンヌ大学附属の施設かしら。。



という訳で、ソルボンヌ大学の方へふらふらと。

さすがに大學の校舎は身分証明書(学生証?)を見せて入る様になっており、その前のカフェで休憩。オムレツとサラダを頂きました。



フランス、特にエクサンプロバンスは、野菜と果物がおいしかった! フランスのいわゆる高級食材は、お金を出せば日本でも食べられます。チーズも種類は山ほどあってどれも美味しいですが、日本で買うと高い・・・・という事に目をつむれば、日本でも食べられます。問題は日常的に食べる野菜や果物のおいしさ! 中身がぎゅっと詰まった感じで食べ応えがあって新鮮で、お日様の味がして。それに比べると、日本の野菜や果物は水っぽくてモロモロしている。。。。なんと言うか、根性無しな野菜や果物、という感じ。これは、食べたい時には輸入物を食べればいいわ、という訳にはいかない贅沢だなあ、と思います。これを日常的に食べられるフランスの人がうらやましい。




【サンミッシェルの噴水】

この噴水に関しては、光太郎先生の文章が面白いので、引用します。

「通路の出外れにあつて、或長屋の入り口の角が噴水となつて居るものである。家屋の建築の上から、日本などでは考へも及ばないことであるが、これを見ても巴里人が如何に街街を美しくしやうと努めて居るかが解るだらう。家屋なるものは衣食住の住のみを以て能事終れりとしては居られない、只住むといふ以外に何等か求むる處がなければならぬと云ふ事が感付かれる。」

岡倉天心の『茶の本』の冒頭を思い出しました。茶は日常生活の俗事の中に美を崇拝する一種の審美的宗教すなわち茶道の域に達す。



その紹介文から小さな噴水を想像して行ったら、意外と大きくてびっくりしました。
車がびゅんびゅん行き交う真ん中にあり、光太郎先生の頃とは大分様子が違うかもしれません。

今は、待ち合わせポイントになっている様です。






【サント・シャペル寺のステンドグラス】



中を見学するのには行列になっていたのであきらめて、外側からのみ。

あっちこっちで建物に入るのに行列していますが、これは入場制限をしている為なので、中に入ってみるとゆっくり見られる事も多いです



左側が教会で、右は裁判所。

ステンドグラス、どこかしら。



セーヌ川。





【オペラ座入り口正面の階段】

オペラ座の前は、巴里で一番危ない所だと言うので、まだ人が出始める前、朝起きてすぐ、荷物は全てホテルに置いて、決死隊になって写真だけ撮りにいったらば、正面の階段なるものは、中に入れないと見られない。

まだ中に入れる時間にはなってなかったので、オペラ座の前でマリリンモンローごっこだけして帰ってきました。





そして、夕方、今度こそ、と思って行ったら4時半で閉館!(着いたのが4時31分) 

フランス、夜の9時10時まで明るいのに、観光施設の閉館時間早いっ。あとはご飯食べる位しかする事ないのに。

 

 

いつか、チケットを買って着飾ってオペラ座の中に入ってみようと思います。




【その他】

中に入れなくて空振りな訪問先もありましたが、巴里の町中、どこを歩いても楽しい!!


特にモンパルナスのあたり。


リュクサンブール宮殿


宮殿のあるリュクサンブール公園


う~ん、モンパルナス! な感じ☆ 多分。。。


ソルボンヌ大学のそばで、彫刻にゴミ箱を干してありました。


やはりソルボンヌ大学のそばの、中世博物館。ずっと工事中の様です。


けれど、ぐるっと工事中の壁に、いろんなアートがあって楽しい。




光太郎の「曽遊紀念帖」明治45年(1912)へのリンクはこちら
https://blogs.yahoo.co.jp/koyama2870041/11907665.html

今回回ってきた所の、詳しい説明は、連翹忌運営委員会さんのブログのこちらの記事
https://blogs.yahoo.co.jp/koyama2870041/14563034.html


その他)  コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



« パリで演奏さ... ぷらイム10周... »
 
コメント
 
 
 
Paris est merveilleux! (高村光太郎連翹忌運営委員会)
2017-07-16 17:29:31
上記リンクに光太郎の「曽遊紀念帖」明治45年(1912)貼ってあります。

Paris est merveilleux! Je veux y aller. Je dois aller.

 
 
 
ありがとうございます!!! (ようこ)
2017-07-16 20:05:44
記事に付け加えておきました☆
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。