vagabond moon

BLOG OPEN

ふりだしに戻る。

2017-04-20 16:07:00 | 人間は考える葦である
東北の百姓の血筋のせいか、
わたくしの足はだんびろ甲高、
耕運機のように、ずんぐりむっくりである。



若い頃は、ナイキだアディダスだニューバランスだと、
狩猟民族シェイプで洒落こんだが、
その実、足の甲と小指の先は、
「痛いよ~」と泣き叫んでいたのだった。



早朝ウォーキングがルーティンになって、
履き心地重視で選んだのが写真のスニーカー。
ムーンスター、旧 月星化成である。



思えば、学校指定の上履きはいつも月星だった。
ダサダサで嫌だったが、履き味に文句はなかった。
欧米にうつつを抜かした若い日を許してほしい。
相変わらずあか抜けないデザインだが、
農耕民族として胸を張って共に歩いてゆこうと思う。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 教訓Ⅰ。 | トップ | 西馬音内で教わった。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL