vagabond moon

BLOG OPEN

西馬音内で教わった。

2017-04-21 08:27:00 | 
秋田、西馬音内「弥助」の冷やかけそばが忘れられない。
昨年末の十文字ライブの際、
主催の佐藤さんに連れて行っていただいた。




旅先で出会った美味しいものは、
自宅で再現してみるのが面白い。
近所で買った蕎麦とつゆとかき揚げで見よう見まね、
充分美味しく仕上がった。




調子こいて、
盛岡から土川そば10kgをお取り寄せ。
太くて腰のある乾麺は、
野趣に富んで本家に近い。
蕎麦湯も充実、
うん、旨い。




さらに調子こいて、
かき揚げ作りを検討中。
油が面倒そうだけれど、
なにしろ、
大量の蕎麦を消費するには、
メニューのバリエーションが必要なのではと、
ちょっと途方に暮れているのです。













コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ふりだしに戻る。

2017-04-20 16:07:00 | 人間は考える葦である
東北の百姓の血筋のせいか、
わたくしの足はだんびろ甲高、
耕運機のように、ずんぐりむっくりである。



若い頃は、ナイキだアディダスだニューバランスだと、
狩猟民族シェイプで洒落こんだが、
その実、足の甲と小指の先は、
「痛いよ~」と泣き叫んでいたのだった。



早朝ウォーキングがルーティンになって、
履き心地重視で選んだのが写真のスニーカー。
ムーンスター、旧 月星化成である。



思えば、学校指定の上履きはいつも月星だった。
ダサダサで嫌だったが、履き味に文句はなかった。
欧米にうつつを抜かした若い日を許してほしい。
相変わらずあか抜けないデザインだが、
農耕民族として胸を張って共に歩いてゆこうと思う。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

教訓Ⅰ。

2017-04-06 14:29:43 | 人間は考える葦である
加川良さんが亡くなられた。
語り口が好きで、十代のころ聴きあさった。
国家を簡単に信用してはいけないと、
加川さんの唄から学んだ。




今村復興大臣のような輩が、
あちらの世界には溢れている。
弱者に寄り添う唄は、
どんな時代にも必要だ。



いつのまにか加川さんの唄から離れてしまったけれど、
歌声は染みついたまま消えることがない。
亡くなった日は吉田拓郎さんの誕生日。
不思議な因縁を感じてしまうのは、
わたくしがフォーク世代だからなのだろうか。
合掌。











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

黄色桃色青色。

2017-04-05 07:49:25 | 人間は考える葦である
公園ウォーキングが最高に気持ちいい季節。
人は多いが、みんな笑顔、
仲良く春を分け合っている。




空の青、桜の桃、菜の花の黄、
休憩しながら見上げた景色は、
春の三段重ねでした。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

早春物語。

2017-03-31 14:01:58 | 人間は考える葦である
春の花、
桜も良いが、
わたくしの推しメンはカタクリです。
薄桃色のスリムな花。
冷たい春風にフルフル遊ばれながら、
負けじと背を伸ばす姿が、
凛として美しい。
原田知世みたいで、好きです。




小学生のころは、
4月になると、盛岡の山里、上米内の高洞山に登って、
カタクリに集まるヒメギフチョウを追いかけました。
日陰にはまだ雪が残っていて、
泥まみれのチャリンコ姿で帰宅したものでした。




そんな思い出があるので、
なおさら忘れられない花になりました。
あなたの近所の里山や雑木林にも、
群生地があるかもしれません。
桜に飽きたら、探してみてください。







コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

たんぽぽのお酒。

2017-03-17 11:11:11 | 人間は考える葦である
春になると訃報が届く。
かまやつひろしさんに続くように渡瀬恒彦さんが亡くなられた。
映画「戦国自衛隊」に出演したとき、ご一緒させていただいたお二方である。
かれこれ40年ほど前の話になってしまった。




映画のロケの休憩中、砂浜で鈴木ヒロミツさんとキャッチボールをしていた。
ボールが逸れて、渡瀬さんのテントを直撃、
「コラァー、誰だ!?」と鬼の形相で怒鳴られた。




その日の夜、飲みに行こう、と誘われて、
「いやぁ俺もあんなに怒るつもりじゃなかったんだよ」と、
こちらが恐縮するほどのお詫びをいただいた。
「でも休憩時間は身体を休めて、次のシーンに備えるのも役者の仕事だよ」
清廉な言葉に心が縮こまった。




プロフェッショナルの作法を、
あの映画の現場で教わった。
夏木 勲さん、三浦洋一さん、鈴木ヒロミツさん、中康次さん、
そして、かまやつさんと渡瀬さん。
天国へ行ってしまった方々に、
あらためて感謝の思いを表したい。
勉強させていただきました。


















コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

海の近くのライブハウスで。

2017-03-11 08:23:33 | ライブ
加藤いづみ、汐留BLUE MOODライブ、
参加してくれた皆さん本当にありがとう。
金曜日の夜、オフィス街のはずれ、
スーツ姿の方がたくさん聴きに来てくれました。
初めてのお店の新鮮な夜。
新しいことに出会えると、
細胞がフレッシュになります。




アンコール、
ブリーフ&トランクスの伊藤多賀之くんが駆けつけてくれました。
ステージでビールを飲みながら、
迷曲「青のり」を聴きました。
観客気分でギタリスト。
思わぬ贈り物に乾杯。




汐留は海のそば。
潮の香りにあの日を思いました。
あれから6年。
まだ12万人以上の方々が避難生活をしていること、
忘れるわけにはいきません。
被災者が安心できる明日と、
原発のない世界を願います。
合掌。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

酔いどれ不健康自慢。

2017-03-08 18:16:23 | 人間は考える葦である
近藤智洋くんが拙宅に泊りに来ました。
歓迎するぜっ、と、いきなり飲み会開始。
ビール~極上シャンパン~森伊蔵。
酔っぱらいすぎて、味も何もあったものじゃない。
味覚音痴気味のわたくしには、
コンビニの澤乃井で充分だと思い知りました。
近藤くんはどうだったのだろう?




翌日は日帰り温泉。
お湯につかり、
二日酔いの頭を叩いて、
なんとか真人間っぽくなりました。




また旅に出たいね、
アルバムまだですか、
あ、今日鎌田くんも誘ったのに忘れてた、
マジっすか、
etc.



たわいもない話が楽しい。
次回は焼肉などいかがだろう。








コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

レナードコーエン、「ある女たらしの死」を聴きながら。

2017-02-28 02:30:07 | 人間は考える葦である
誕生日、たくさんメッセージをいただきました。
皆さんありがとうございます。
人のつながりは、ありがたいですね。
適当になりがちな自分なので、
支えてくれる誰かがいること、
忘れずにいたいと思います。




アルフィーの事務所からも花が届きました。
高見沢さんのようにゴージャス。
「メリーアン」から何年も経つけれど、
あの頃の記憶は今でも鮮やかです。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

3バカトリオ、本番す。

2017-02-26 12:57:59 | ライブ
阿佐ヶ谷ハーネス、Mountain Folk Special「誕生日まで待てない」、
参加してくれた皆さん、本当にありがとう。
プレゼントも山ほどいただきました。
感謝、多謝。




酸欠になりそうな場内、
たくさん歌い、たくさん話し、エネルギーたくさんいただきました。
中井狩野両人も最高のプレイでサポートしてくれました。
ありがとう、ありがとう、ありがとう。




二日酔いの頭で思い出し笑いしながら、
制作中の新作のことを考えています。
早く、きっちり仕上げたい。
完成したらバンドライブだ。
won't back down.

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加