vagabond77

時空を超えて・・・
微塵のような存在でも、何らかの記憶に残るか?
何かしら、波紋のようなものかもしれないが・・・

命の軽さと死の不公平さ

2017-07-23 13:39:11 | 日記

 令と口、令は礼冠をつけて跪いて神の啓示を待つもの。 口はサイで祝禱を収める器。

神に祈って与えられたものを天命、または寿命という。

令が命の初文で元は一字、命は令より分化した。


最近のニュースを見るにつけ、つくづく命の軽さ儚さを思う。

これは、太古の昔から変わらないことかも知れないのだが・・・。

そして死についても、その扱われ方に不公平さを思う。

多様な死がある。

病死、事故死、災害死、孤独死、殺人死、テロ死、刑死 ・・・。

どの死も命を失うということでは等価であり、対等だと思う。

だが、ある死は惜しまれ悼まれ、またある死は人知れず死んでゆく。

これらに不条理を感じるが、何れ人は死ぬのだから、これらを含めて天命というべきなのだろう。

字義による通り、天より与えられた命、即ち天命であり、死もまた天命と考えて納得するしかないだろう。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月21日(金)のつぶやき | トップ | 7月23日(日)のつぶやき »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL