vagabond77

時空を超えて・・・
微塵のような存在でも、何らかの記憶に残るか?
何かしら、波紋のようなものかもしれないが・・・

アメリカの健全性

2017-02-13 22:33:59 | 国際

移民に関する大統領令の停止を決めたアメリカの裁判所は、アメリカの健全性を示した。

土台、無茶な大統領令をちゃんと阻止できることが、苦難の民主主義の歴史を築いてきたアメリカの仕組みだ。

元々、アメリカという国は、移民がインディアンを蹴散らして、作った国だ。

自分たちに都合のいい理屈をこねて、自己正当化して、我が物顔で居座ったのだ。

だがその後、続々とやってくる移民を受け入れて、強大になってきたのだ。

自由と夢を求めてやってきた多くの移民がアメリカの活力のもとなのだ。

だから変てこな大統領令をいくら発令したところで、駄目なものは駄目だとなる。

とはいえ、虎ンプの目指すところは、意味のあるところもあるから、実現していく部分もあるだろう。

良くも悪くも、チェンジを志向する国なのだ。

やはりアメリカという国は凄い国だ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コスモ アロハ | トップ | マイナンバーの未来 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL