vagabond の 徒然なるままに in ネリヤカナヤ
エメラルドグリーンの海,溢れる太陽の光,緑の森に包まれた奄美大島から,乾いた心を瘉す写真をお届けします。
 



大潮の干潮時に浮かび上がる百合が浜。
「百合」は「ユリ(風波で砂が揺すり上げられたところ)」の意味らしい。
その年によって,出る数が違って,3つ出る年は豊作,1つか7つの年は不作といわれているらしいが,1つ以上出たのを見たことがない...

【2007.8.28 与論島(百合ヶ浜)Canon EOS 30D with Canon EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM(SILKYPIXでRAW現像)】
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へより多くの人に奄美群島の魅力をもっともっと知って頂くため よろしければ こちらのクリックをお願いいたします!

コメント ( 20 ) | Trackback ( 0 )



« 月 それぞれに 渚にて(その2) »
 
コメント
 
 
 
お邪魔します★ (yuka)
2007-09-07 00:28:07
すっごーい!!!!
なんて美しい渚!
私はこの夏海に行けなかったので
ものすごい刺激になりました。
すてきな写真ですね。
また遊びにきます。ポチ★
 
 
 
なんて素晴らしい場所なんだ (どりさま)
2007-09-07 00:41:12
圧巻です。たまらんわぁ・・・。行きたくなりますねー、罪な写真です^^;
 
 
 
ユリムン (儀志直)
2007-09-07 10:36:13
百合ヶ浜、懐かしい!
ちょうど30年前に大学の友人8人で渡りました。vagabondさんはまだ小学生でしょうか?その頃の与論島ブームはすごかったんですよ。真夏のピーク時には島の人口が3倍になるとかで水不足が深刻でした。民宿の風呂場でポタポタ滴るしずく程度のシャワーを浴びながら壁のヤモリと遊んだのを思い出しました。茶花のメインストリートにはディスコが何軒もありました。(もちろん踊りまくりましたヨ!)
アイウイウの母音で考えれば、百合ヶ浜は砂が寄り集まった浜⇒寄り浜⇒百合ヶ浜と転じたのでしょうね。島では魚でも海草でも舟でも打ち上げられることを寄(ユ)ると言います。浜に打ち上げられた丸い浮き等のいわゆるユリムン(寄り物)をインテリアにして飾っている光景を見たりしますが、昔の人はユリムンを家に持ち帰ることを忌み嫌っていました。きっと邪霊が付いているという考えだったのだろうと思います。
考えてみれば私のルーツもユリムンかも知れません。
 
 
 
はじめまして (lagoon)
2007-09-07 11:58:37
はじめまして。
久しぶりに百合ヶ浜を見ました。
ヨロン島ではここが一番好きで、何度も渡りました。
あまりに懐かしくて嬉しくて、私のブログで紹介させていただきました。
事後になりましたけど、よろしくお願いします。
 
 
 
Unknown (palms)
2007-09-07 21:36:59
過去に一度だけ行ったことが有るのですがほんと素晴らしい場所ですねー!
うーん・・このシリーズ拝見するたびに仕事休んで飛んでいきたくなります(笑)
 
 
 
みなさんへのお返事 (vagabond67@管理人)
2007-09-07 21:56:31
yukaさん
はじめまして。
私のブログへ遊びに来てくださりありがとうございます
私も,今年は海は少なめで,仕事をギュッと詰めてなんとかこのトリップを確保しました。
こんな感じでやっておりますが,宜しかったらまたいらしくてださい。

どりさま
いいでしょ。
色々厳しいことも書きますが,やはり百合ヶ浜は最高です♪
いつか百合ヶ浜に一番乗りして,足跡ひとつない百合ヶ浜の砂地を撮ってみたいです〜

儀志直さん
その直前まで,与論島は,日本最南端だったんですよね〜
新婚旅行や観光旅行で凄かったみたいですね。
きっとそのころの百合ヶ浜は,もっともっとサンゴに囲まれてきれいだったんでしょうね。
古い写真を見ると,百合ヶ浜の海岸には沢山コテージ風の建物が建っていたようですね。
さぞ賑やかだったんでしょうね。
今の鄙びた与論も大好きですが(ハブがいないのでどこへでも行けるのも一因),そのころのヨロンへトリップしてみたいなぁ。

百合ヶ浜=「寄りが浜」とは,私も今回サザンクロスセンターで知りました。
現在の標記より語源の方が風情がありますね。

>昔の人はユリムンを家に持ち帰ることを忌み嫌っていました

そうなんですか。
魔除けの水字貝もユリムンの一種かと思っていましたが,ちょっと性質が違うんですね。

ま,私も生けるユリムンのようなもので...はてさて次はどこへ流れていくのやら

lagoonさん
ようこそlagoonさん
lagoonさんのブログも時々覗かせて頂いていますが,ヨロン出身のlagoonさんにコメントいただき嬉しいです!
リンクを貼って頂きありがとうございます。
これからもお気に召す写真がありましたら,ご自由にリンクを貼って頂いて結構です

本当に百合ヶ浜は何度行っても感動しますね〜
私は,奄美大島と並んでヨロンが大好きで,この夏で3度目のミニバカンスを過ごしました。
ヨロンの自然がこのまま残るとともに,サンゴが一層復活すると良いですね。
あ,サンゴ基金,まだ寄付していませんでした。
そろそろ手続しようっと!
 
 
 
Unknown (さくら)
2007-09-07 21:58:08
私も与論の中でここが1番好き!
初めて行った時に2日連続で百合が浜に行けてついてるね〜って言われました
今はその意味がわかりますが当時は分かりませんでした
ほんとに美しいところですよね〜
∪・ω・∪も楽しそうに端から端まで走ってました!
こんな素敵な写真を撮りたいです〜(0^^0)
 
 
 
palmsさんへ (vagabond67@管理人)
2007-09-07 21:58:51
おぉ!
palmsさん,ヨロンへ行かれたことがあったのですね!!!
是非,再訪してみてくださいよ〜
私も自分で写真をアップするたびに,もう一度飛んで行きたくなってしまいます
 
 
 
さくらさんへ (vagabond67@管理人)
2007-09-07 22:48:06
さくらさん,初めまして。

ワォ!
2日連続で百合ヶ浜なんて贅沢〜
でもその気持ち分かりますよ。
潮が満ちてきはじめた瞬間なんて,「時間よ止まれ」と言いたくなりますものね。

こんな感じでテゲテゲにやっていますが,よろしかったらまた遊びにいらしてください!
 
 
 
質問です (さくら)
2007-09-22 22:45:09
こんばんわ〜先日はうちにも遊びにきていただいてありがとうございました
こちらで使ってる魚眼レンズ?!こちらに着てからずっと気になってしまって・・・欲しい・・・
とっても素敵な写真が一杯で!!
最近望遠と広角一緒になってるのを買ったばかりで・・・他にもCANON ZOOM EF-S 10-22mm 1:3.5-4.5をもってます
ちょっと教えていただきたいのですがこちらで使っている魚眼レンズと私が持っているCANON ZOOM EF-S 10-22mm 1:3.5-4.5は何がどのくらい違うのでしょうか?初心者みたいな質問でほんと申し訳ないのですが・・・
撮り方で同じような写真も撮れるならCANON ZOOM EF-S 10-22mm 1:3.5-4.5を売ってこちらで使ってる魚眼を買ってしまおうかな〜〜とかおもったりもしてます
どうぞご指導のほどを宜しくお願いします
 
 
 
AT-X 107 DX Fisheye 10-17mm F3.5-4.5 (vagabond67@管理人)
2007-09-22 23:37:36
さくらさん 今晩は。
FE(魚眼レンズ)良いでしょ。
楽しいですよ♪

FEの特徴は,対角180度の画角を得られる(要するに広い範囲の写真が撮られる)のと,円周方向の強烈なタル型歪み(要するに非日常的な歪んだ写真を撮ることができる)です。
10-17mmの10mm側を使って30Dで撮った場合,強烈に歪んだ写真が撮られてかなり面白いです。
ネットに人物のアップ写真は載せられないのが残念ですが,特にポートレイトではかなり面白い写真になりますよ。
逆に,普通に風景写真を撮りたい場合には,例えば水平線は,画面の中央に持ってくれば,かろうじて自然な歪みになりますが,中央から少しでもずれると,ずれが大きくなる毎に,歪みが大きくなります。
これが,FEの面白さといえば面白さなのですが,不安定な構図になるので,常時見ていると落ち着かないと感じるのも事実です。
そう言う意味で,多のレンズとはちょっと異質なレンズです。

普通の風景写真で,ノーマルに美しい写真を撮るのなら,さくらさんもお持ちの10-22mmレンズを置いて他にないと思います。
このレンズは,超広角でありながら,歪みを極力抑えたのが売りですから。
10-22mmレンズ,コクと切れもあって,EF-Sレンズ中の名玉と呼ぶ人も多いですが,私も愛用しています。

というわけで,私個人の意見としては,お財布と相談して,両方ホールドできそうなら,FE10-17mmを追加購入。それが難しそうなら,10-22mmのホールドを続け,FE10-17mmは様子見が良いのではないかと思います。
10-22mmレンズは,手放した後に後悔される方も多い気がしますので,10mm域を使い倒して見られてはいかがでしょうか?
さくらさんの切り取りたい絵の内容次第ではありますが,ご参考まで。
 
 
 
AT-X 107 DX Fisheye 10-17mm F3.5-4.5(追加) (vagabond67@管理人)
2007-09-22 23:39:04
こちら(http://dc.watch.impress.co.jp/cda/review/2006/11/17/5039.html)のレビューや写真をご覧になると,さらに参考になるかもしれませんね。
 
 
 
ありがとうございました (さくら)
2007-09-24 00:14:26
vagabond67さん〜〜
早速のご回答ありがとうございました
とっても丁寧で私でも分かりやすかったです
やはり10-22mmは手放すと後悔しそうですね・・・
安いところを見つけてなんとかその魚眼を手に入れられるように頑張ってみようと思います←大げさ(* ̄m ̄
また今後ともご指導のほどを宜しくお願いします
ほんとにありがとうございました

あとこちらのリンクを貼らせていただいてもいいでしょうか(0^^0)
 
 
 
どういたしまして (vagabond67@管理人)
2007-09-24 22:32:21
さくらさん
お役に立てれば嬉しいです。
レンズ選びは,あれこれと悩んでいるうちも楽しいと思います♪
是非,手に入れたときどんな写真を撮るか想像を巡らせながらお悩み下さい

リンクの件,貼って頂けると嬉しいです。
私の方からも,さくらさんのリンクを貼らせて頂くべきなのでしょうが,なんせずぼらな性格なもので,しばらくお時間をいただきたいと思います
 
 
 
レンズ (さくら)
2007-09-25 12:42:21
魚眼レンズ買ってしまいました!
たった今届いたところです
あちこちで作品を拝見してあれからどんどんレンズ欲しい病悪化になり。。。安いの探して52000円で買えました
お安いですよね?!
今後は何を撮るか?などなどこちらを参考にさせていただきたいと思ってます(^○^)
どうぞ宜しくお願いします
リンクの件ありがとうございます
貼らせていただきますね
 
 
 
速攻! (vagabond67@管理人)
2007-09-25 23:11:57
さくらさん,速攻ですね!
そんな予感がしていましたが
このレンズ,風景,ポートレイト,物撮り等,いろんなシーンで活躍すると思いますよ。
是非,お互いに使い倒しましょう!
 
 
 
Unknown (はながま)
2007-10-23 10:35:52
祖父母がいるので、今まで何回も訪れています。今年の7月に与論に行ってきたばかりですが、改めて与論島のきれいさに感動しました。神が降りる島があると聞いていましたが、与論島にはそんな雰囲気がありますよね。なんとも言えないあの自然の驚異をまた味わいたいです。いつまでも、変わらない島であって欲しいですね。ちゅらさい!!
離れ小島?のロンドンより
 
 
 
離れ小島 (vagabond67@管理人)
2007-10-24 23:13:34
離れ小島のロンドンからようこそ!
与論が田舎とは羨まし〜
心おきなくいつでも帰られる故郷が与論とはなんたる幸せ!
奄美群島,どの島も「神が降りる島」のような気がします。
さしずめ,与論島は,美の女神・アフロディーテ,徳之島は,軍神・アレス,奄美大島は,やはりやおよろずでしょうか...
本当に美しく,奥行きの深いシマジマです。
 
 
 
きれいすぎるわー (Unknown)
2008-08-24 22:34:58
品覇海岸から見た夕日は、あまりのきれいさに、感動しました。ほんとにエンゼルフィッシュ型の、雲がみれました。
 
 
 
思い出 (懐子)
2012-05-05 23:46:16
懐かしくなって!ヨロン島を検索


もう〜無いでしょうね?

由比ヶ浜荘

また行ってみたい・・・・
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。