珠玉の音楽に囲まれて

オーディオのこと、音楽のこと、思いついたまま記していきます。
by 横浜のVienna Acousticsファン

晩秋の姫路、神戸、京都

2016-12-13 21:46:32 | その他
勤労感謝の日とその前日、久しぶりに家内と二人で兵庫、京都方面へ旅行してきました。しばらく旅行=家族旅行だったわけですが、今後はこういった時間の過ごし方が増えてくることでしょう。今回の旅行の位置づけは、銀婚式でもありました。四半世紀分の労い企画です。家内にとって神戸はその新婚旅行以来と聞きました。普段出張であちこち行き来している立場からすると、申し訳ない気持ちもあります。私も国内は行きたい場所は両手に収まらないくらいありますので、少しずつ埋め合わせしていければと、思います。

11月22日の早朝の地震の影響で、予定していた新幹線に乗り損ねるところでしたが、新幹線もほどよく遅れて無事に乗ることができました。旅にはトラブルが付き物ですが、初っ端から焦りました。横浜はどんよりした曇り空でしたが、静岡からは晴れ間が広がりました。三島~新富士間での富士山です。


2日間ともに関西方面は好天に恵まれました。最初のスポットは姫路城です。出張で何度も通る姫路ですが、土日の混雑は避けたかったこと、今回の旅行が念頭にあったこと、から姫路城には敢えて行っていませんでした。大手門を入ってすぐの三の丸広場からの天守閣です。


何か雪でも降った後のような雰囲気です。さすが、白鷺城です。桜の季節も映えそうですね。


天守閣最上階からの眺めです。正面の道路の先に姫路駅があります。この後、姫路駅地下街にて姫路風の明石焼きを食べて、三ノ宮に向かいました。宿は新婚旅行同様、オリエンタルホテルです。と言っても震災あり、リニューアルありと、様相は大きく変わりました。


ホテルでしばし寛いだ後、六甲の夜景を見に行くこととしました。3月に登った摩耶山からの眺めが素晴らしかったので、摩耶ケーブルに乗ろうとしたのですが、火曜定休であることが判明しました。バスに乗る前に気づいたのは家内で、これはファインプレーでした。急遽、六甲ケーブルへ変更です。横浜と神戸の日の入りの時間差を感じながら、夜景のコントラストがつくまで待ちました。寒かったです。


夜景の後はディナーです。ハーバーランド方面へ繰り出しました。これぞ、神戸ですね。


こちらは同じオリエンタルホテルでもハーバランドの方です。


夕食は牛肉の「三田屋」にしました。ピアノの生演奏と共に黒毛和牛サーロインステーキ、ワインをいただきました。このところオフ会でかけているショパンの夜想曲20番がかかって大満足です。お店の人も察したのか、記念写真まで撮っていただきました。


翌日は京都へ移動し紅葉を満喫しました。11月下旬の京都、しかも休日ですから大混雑を想定していましたが、それ以上の混みでした。向かったのは事前に会社のメンバーから推薦のあった「東福寺」です。お寺も紅葉も素晴らしかったのですが、人人人・・・にはちょっと参りました。


主役のモミジは赤だけでなく、黄色や


緑まで。グラデーションが見事でした。東福寺の後は京阪で北上して清水五条へ移動です。


京菓子の「松寿軒」へ予約していたお菓子を受け取りに行きました。しばし、女将さんと話し込んで、テイクアウトの最中を追加注文しました。


秋晴れの鴨川沿いを歩いて、祇園四条方面へ出ます。対岸の木造建築物に京都の風情を感じます。


お昼はにしんそばの本家「松葉」へ。シンプルですが、これも京都へ来たことを実感するアイテムです。


昼食後、市営バスで銀閣寺方面へ移動しました。哲学の道は、昨夏の京都旅行で気になっていたスポットです。実際に歩くのは今回が初めてです。南禅寺方面を目指します。


所々現れる紅葉に皆さん、思い思いに写真を撮っていました。ちなみに流れているのは川ではなく琵琶湖疏水だそうです。哲学の道は、案外短くあっさり若王子神社へ着きました。


再び市営バスに乗り込み、うたた寝もしながら京都駅へ戻りました。翌日は仕事ですし、家も空けています。お土産やお弁当を買って、早めの新幹線で横浜に戻りました。短い旅行でしたが、家内にも好評でしたので、また次を考えたいと思います。北陸新幹線で行く金沢、白川郷あたりもいいかも。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いたちょうさん、KYLYN(キリ... | トップ | 久しぶりの島根 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。