goo

新生 一等国

2010-03-12 | お酒の話し
昔、昔 熊取には「一等國」という、お酒があった。

kazu_sanの熊取町のページ

駅近くの「酒工房 はら」で、新生一等国として売り出している。
懐かしさのあまりに思わず買いに行って来ました。

お店に入ると、あるある・・・・・。

「懐かしいですね。大好きなお酒だったのですよ、醸造やめられたのでは?」

「今も、一等国は、置いてないのというお客様が絶えないのですよ。それならば復興しようということで、義本さん(元の醸造家)にお願いして、レシピを教えて貰って、浪花酒造(浪花正宗のお酒で有名)さんに協力してもらったのです」

「味は、一緒なのですか?」

「清酒と純米がありますが、清酒の方が元の味に近いと思いますよ」

とりあえず、清酒の方を買いました。

ラベルは元のデザインとは違うけれど、「一等國」というロゴは一緒です。

昔のラベルは、kazu_sanのお酒ラベルへ

飲んで見ましたが、最近の甘口傾向の中、辛口ではありますが、う~ん。ちょっと違うかな。
なかなか元の味を出すのは難しい。飲む方の思い込みもあるしね。
甘口は、ごまかせるが、辛口は難しいと思いますよ。

何杯か飲むと、「これでいいのか・・・」と思えて来ますね。

浪花酒造さんだって、プロが揃って作ってるのだから。

はら酒店と浪花酒造のチャレンジ精神に乾杯ですね。



今、買うと、このタオルをくれます。


このシールも、貰いました。

我が町 熊取に戻ってきた酒のお話です。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。