goo

改組 新 第3回日展    大阪市立美術館

2017-02-19 | ア-トな話し
2017.2.18~3.20

今年も日展行きました
10回目になります

日展は、明治40年に文部省美術展覧会として始まり、名称の変更や組織を改革しながら100年をこえる長きにわたって続いてきた日本で最も歴史と伝統のある公募展です。日本画・洋画・彫刻・工芸美術・書の5部門からなり、日本を代表する巨匠から新人作家の入選作までの多彩な作品の数々を紹介。

平成27年は、組織改革に伴って「改組 新 第1回日展」として開催し、今回は組織改革後、3回目の開催。

展覧会は、東京会場から始まり、京都、名古屋、大阪、富山の順に巡回し、全国を巡回する作品と地元作家作品を展示。

大阪展では、会員作家及び今回の入賞者による基本作品247点と、大阪・兵庫・奈良・和歌山に在住する会員作家の作品や入選作品などの地元作品341点、あわせて588点の作品を陳列。


過去の展覧会

第39回(2008年)
第40回(2009年)
第41回(2010年)
第42回(2011年)
第43回(2012年)
第44回(2013年)
第45回(2014年)
改組 改組 新 第1回日展(2015年)

改組 改組 新 第2回日展(2016年)

賞とは関係なく自分が気に入った作品です

「洋画」



天野富美男 「働く人」

力を感じますね



池田清明 「青衣のバイオリニスト」
清楚な感じが良く出ていますね




北本雅己 「Piazza」



古賀英治 「刻」



才村 啓 「微笑むあの日の思い出」特選
授賞理由:
卓上静物を単純化した表現で絵画的に描いている。暖かい自然感のある色彩が、対象物の物質感をそのまま伝えてくれる。極めてオーソドックスに対象と向き合う作者の姿が想像できて好ましい。



土井原崇浩 「眠れる楽想」


ナカジマ カツ 「眠り姫」



成田禎介 「雪山と台地と谷間」日展会員賞

授賞理由:
作者は長年にわたり細密でありながら雄大な風景を幻想的な絵画世界へと展開している。緻密さの中に夢のある世界をかもしだした秀作である。


西房浩二 「Moret」東京都知事賞

授賞理由:
卓抜した表現力で対象の骨格を緊張感ある繊細な表現で的確に捉え、明るく爽やかな光の中に空気感をも見事に表現した傑作。



長谷川 仂 「修道院のある入江」




樋口 洋 「三千院春雪」



武藤初雄 「湾岸にて」



榎本敬子 「凪の記憶'16」

和歌山の人。いつも海岸の風景、優しい雰囲気が大好きです。ブログに載せるのは久々です


前田 潤 「刻の影」 特選

授賞理由:
抽象画を描き続けて来た中で、その空間の広がりは厳しく、造形と構成力を駆使しての空間処理は、静かな空気感が画面に豊かに表現されている。モチーフを極力最小限に縮小し、その空間に負けないリアルな表現力は、絵画性の高い技術力を感じる。好感の持てる優作である。



松本貴子 「Bard's Tale」 特選
授賞理由:
一見、古典絵画を連想させられる作品であるが、彼女はゲームキャラクターをデジタル制作するプロの一面を持つ。本作もその感性を生かし、洗練された舞台美術のような構成で、魅力的な女性を表現した秀作である。



李 暁剛 「苗族の少女」

「日本画」


鍵谷節子 「白い調べ」

大好きな画家である。小生の日展のブログ10回の内9回に登場



市原義之 「冬日」



森脇正人 「虚寂」文部科学大臣賞

授賞理由:
三匹の狼が凛と強く迫り来る。 見る側の心を鋭く射抜く目は、何を訴えているのか。 大きく変動する地球を案ずるかのようでもある。 強靭な背景による動的な主題、重厚な彩色技法による情動の効果を高く評価した。

「彫刻」


岡本和弘 「祾」特選

授賞理由:
大胆な三角形のポーズと、強い意志を感じさせる目の表現に、何かを訴えかけようとする作者の心情を投影するかのような作品である。確かな木彫技術が窺われる秀作である。



寺山三佳 「音色-Happy Feeling」



中村晋也 「豊臣秀吉公」

328×152×157cmという大きな作品

「工芸美術」



服部峻昇 「耀貝華器 朝陽の波」



「書」



柴原月穂 「秋の月」 特選

授賞理由:
かなの線は一般的には軽くなり易いが本作は起筆をしっかりと紙面にくい込ませて多彩で、しかも、強靭な線が表出されている。凛とした波打つような運筆は、潤渇と相まって、爽快なリズム感を生み出している秀作。

日展 こり10年を振り返ると
出場回数最多は9回で
樋口洋さん、李 暁剛さん、鍵谷節子さんだ。ますますのご活躍を祈ります



美術館の前からの通天閣

日立製作所は、大阪・通天閣のLED、ネオン広告を全面的にリニューアルし、2月10日(ツーテンの日)に点灯を開始することを発表した。



goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

梅は咲いた      和泉リサイクル公園

2017-02-18 | 街角の話し
満開にはまだですが梅は咲いた

フト思い出したのが「梅は 咲いたか桜はまだかいな」というフレーズ
調べてみると


明治五年に流行した俗曲『しょんがえ節』が  江戸端唄となり、江戸小唄に採り入れられたものらしい

「梅は 咲いたか桜はまだかいな 柳やなよなよ風しだい
山吹や浮気で 色ばっかりしょんがいな・・・」



カーブが何とも言えずにいいね





やっぱり赤い梅の方が元気



白はこれからかな



今年は残念ながらスイセンが少ない



梅は目立つけれどね



見上げても鳥はいない
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

オトメゴコロの 泉州おむすび   泉佐野市

2017-02-16 | 街角の話し
先日関西テレビ「よ~いドン!」で放送されていました

オトメゴコロ の泉州おむすびへ買いに行ってきました。

泉佐野市市場西3-4-31 泉佐野駅東出口から徒歩約5分

この通りは車では何回も通っていますが、テレビに出て初めて知りました

【営業日】火・水・木 8:00〜18:00 売切れ御免

今日は12時半頃行ったのですが、すでに完売でした
お店には 只今追加仕込み中の看板が出ていました。

お店を覗いているとテレビで拝見した店長が出てこられて現在包装中なので30分位かかるとのこと、
事前に申し込みされてもいいとのことなので早速申込みました





左上が 金熊寺梅(きんゆうじうめ) その右が 犬鳴ポークそぼろ

真ん中が初摘み泉州海苔

左下が 彩誉にんじんきんぴら 右が【北庄司酒造の酒粕入り】焼きねぎ味噌

いずれも美味しかった


謳い文句は

2009年から、町おこしのためにおむすび屋を始めました。

あなたと泉州を結ぶおむすび。
お米も塩も具も泉州産の、人にやさしい素朴なおむすびです。

10種類位ありそうですが 本日は5種類

私は 焼きねぎ味噌 が美味しかった

おむすびは一つ一つ包装されてます 止めに使ってるラベルのデザインがオシャレです


包装を外す前の写真です

goo | コメント ( 2 ) | トラックバック ( 0 )

拝啓 ルノワール先生 -梅原龍三郎が出会った西洋美術

2017-02-04 | ア-トな話し
あべのハルカス美術館 2017年 1月24日(火) ~ 3月26日(日)

巡回 2016年10月19日(水)~2017年1月9日(月・祝)三菱一号館美術館

東京展はタイトルが少し違ってたようです 「拝啓 ルノワール先生-梅原龍三郎に息づく師の教え」

日本洋画を確立し、その豪快な性格から『画壇のライオン』と呼ばれた梅原龍三郎(1888-1986)。近代化とともに、油彩画が日本に定着した頃の1908(明治41)年、20歳の梅原は渡仏し、ルノワールに会いました。梅原はルノワールを師と仰ぎ、その制作現場を見、師との対話から多くを学び、親密な関係を築きました。梅原は帰国後、ヨーロッパで学んだ油彩画に、桃山美術・琳派・南画といった日本の伝統的な美術を取り入れ、個性あふれる豪華絢爛な画風を展開し、日本的洋画を達成した巨匠として高く評価されます。本展はルノワールと梅原の作品だけではなく、梅原が収集した作品、梅原と親交のあったピカソやルオーらの作品が出展されています。

この作品がこの展覧会のメインでしょう


パリスの審判 梅原龍三郎 個人蔵

太い輪郭線でふちどられた裸の女性と、衣をまとった男性。王子のパリスはリンゴの実を女神アフロディテに差し出している。
神話をもとにした「パリスの審判」は、敬愛するルノワールの作品を模写したものだ。

 梅原は1908年、20歳で渡欧。翌年ルノワールのもとを訪ねる。以降、師として教えを請い、親交を結んだ。帰国後の20年に訃報を聞いたときには「ルノワルは、少しも休むことなしに益々益々、美しい布を産み出す不仕議(ふしぎ)な機械であつた」と悲しみ、現地にまで遺族を弔問したほどだ。

梅原が「パリスの審判」を描いたのは90歳のとき。絵には師と出会って以降たどり着いた筆致が躍る。師の教えに対する返歌なのだろうか。

模写した元の作品も同時に見れる


パリスの審判 ピエール=オーギュスト・ルノワール 三菱一号館寄託

そしてもう一つありました


パリスの審判 ピエール=オーギュスト・ルノワール ひろしま美術館 蔵

すごいですね 企画した人の熱意を感じます



「パリスの審判」

ギリシア神話の一挿話で、トロイア戦争の発端とされる事件である。

イリオス(トロイア)王プリアモスの息子パリス(アレクサンドロス)が、神々の女王ヘーラー・知恵の女神アテーナー・愛と美の女神アプロディーテーという天界での三美神のうちで誰が最も美しいかを判定させられた。

テティスとペーレウスの結婚を祝う宴席には全ての神が招かれたが、不和の女神エリスだけは招かれなかった。エリスは怒って宴席に乗り込み、「最も美しい女神にあたえる」として黄金の林檎を投げ入れた。この林檎をめぐってヘーラー・アテーナー・アプロディーテーが争った。ゼウスは仲裁するために「イリオス王プリアモスの息子で、現在はイデ山で羊飼いをしているパリス(アレクサンドロス)に判定させる」こととした(これがパリスの審判)。




麦藁帽子の若い娘 ピエール=オーギュスト・ルノワール 三菱一号館寄託



読者 梅原龍三郎 三菱一号館寄託


ハルカス美術館一覧表
goo | コメント ( 2 ) | トラックバック ( 0 )

くら天然魚市場   くら寿司東貝塚店

2017-01-29 | 街角の話し
貝塚に面白いのが出来た。テレビで以前に見たという義姉からの情報、早速行ってきました

昨年10月18日にオープンしたようだ
くらコーポレーション貝塚センター(国産天然魚用加工工場)、鮮魚店「くら天然魚市場」、無添くら寿司 東貝塚店

3つが同じ場所に建っている、総面積約4,500坪という広大さである




■「国産天然魚用加工場」について
 各漁港からチャーター便など独自設計の輸送ルートで到着する多種多様な国産天然魚を、原則として水揚げから24時間以内に一次処理。西日本の約200店舗へ供給するため、総勢120名の専門スタッフが作業にあたります。また、水揚げした魚の大量搬入が可能なため、仕入れ形態の幅も広がります。これにより、現在、西日本地区のくら寿司で提供している国産天然魚の販売エリア拡大を目指します。その他にも、新鮮な天然魚のすり身の天ぷらなど、加熱調理できる設備も設置します。



■初の鮮魚店「くら天然魚市場」について
 「天然魚のみ売ります」のコンセプトのもと、各漁港で水揚げされた200種類以上の国産天然魚のお刺身、切り身などを販売する当社初の鮮魚店です。店内には、専属契約している鷹巣定置網のある福井県コーナーなど、産地別や、価格別で計16台のショーケースに商品を陳列。水揚げから最短3時間半で店内に並ぶ、バイヤーが厳選した国産天然魚を、低価格でお求めいただけます。



■「無添くら寿司 東貝塚店」
 合計205席(カウンター7席、テーブル33席)をご用意。これまでの回転寿司としての運営はもちろんのこと、国産天然魚を使用した寿司メニューを一皿100円(税抜)です

平日のお昼、満員でした。45分位待ちました

■「くらの不思議な池」
アトラクションとして店外には、約20種、常時200匹もの国産天然魚が泳ぐ「くらの不思議な池」を設置。屋外型かつ国産天然魚のみが泳ぐ「海水池」は、極めて稀な取り組みです。





右の赤い魚がロボットです


くら天然魚市場で買い物しましたが出平かれいに出会いました




「出平かれい」にはたくさんの思い出があります
最初に知ったのは尾道に行くときに友人の福伝さんに聞いた時です

ブログはここ 尾道の名産デベラ
 最初は尾道のお土産屋「かめだ」で買いました2009年6月
ホームページはここ 百寺巡礼 持光寺 
その後明石の「魚の棚」で買いました その後泉佐野魚市場で見ました

早速買って、久々に食べました。おつまみとしては最高です。

goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )
« 前ページ