goo

ワンカップ大関

2017-07-20 | 街角の話し
BSテレビで放送してました

ビートたけしが残したい遺産「レガシー」とは・・・?

急速な高度経済成長を遂げた昭和。様々な人、モノ、文化が生まれ、私たちを熱狂の渦に巻き込みました。そんな”昭和”という激動の時代をビートたけしが振り返り、多大な影響を受けたモノから、今なお歴史に燦然と輝くモノまで、独断と偏見で取り上げ、「後世に残したいレガシー」として認定し表彰します。

番組では昭和39年に日本中が熱狂した”東京オリンピック”、いつの世も変わらぬ”男の下心”、みんなの憧れ長嶋茂雄やジャイアント馬場が輝いた”後楽園”など流行発信の原動力となった3つのキーワードから知られざるエピソードを発掘。
また、かつてブームとなった幻の生物・ツチノコをレガシーハンターこと小峠英二(バイきんぐ)が捜索します。MCのベッキーも驚きの昭和遺産とはいったい?

そして番組が選んだレガシーはワンカップ大関でした


1964年(昭和39年)10月10日、ワンカップは東京オリンピックの開会に合わせて発売された。当時の日本酒は一升瓶から徳利(銚子)へという定型消費パターンができあがっており、コップ酒は安酒、一杯飲み屋、立ち飲みといった既成イメージが強かった。ワンカップは、「いつでも、どこでも飲める」をキャッチフレーズに、手軽さ、利便さという当時の伝統的な清酒に欠けた商品特性を前面に出し、伝統的な消費パターンにとらわれない若者をターゲットにして売り出された。

バブル崩壊を境に日本酒市場は縮小傾向が続いており、ピーク時の1993年(平成5年)には年間1億4000万本(一合瓶換算)売れたワンカップも、最近は年間8000万本ほどに減っているが、カップ酒の定番商品として定着し多くの消費者に飲まれている。

2011年(平成23年)には発売から47年目にしてモンドセレクションに初出品し、モンドセレクション金賞を受賞した。以後、2016年(平成28年)まで6年連続でモンドセレクション金賞を受賞している。

売り出した当時は未成年だったこともあり日本酒は大好きですが
飲んでません

現在382種の日本酒を飲んでいます。ホームページはここ http://mimizuku3.fc2web.com/nondasake.htm

番組に乗せられて飲みました
スカッと爽やかな飲み心地でした。これが昭和なんだ・・・・

goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

通天閣のガチャガチャついにゲット

2017-07-19 | 街角の話し

海洋堂のご当地カプセルフィギュア「大阪フィギュアみやげ」シリーズ

7種類がある中で、その一つが通天閣です。

ついにその通天閣をゲットしました


小生のブログの通天閣です

2013.4 通天閣 



テレビでもよく見る通天閣のシーンです
やっぱりこれだ---

展望台にあるビリケンさんにも会いました



展望台からのハルカスも見ました

ハルカス展望台からの通天閣は2014.9に見ました
ブログは あべのハルカス 地上300mの空へ



近影は今年の7月
ハルカス近くの陸橋(阿倍野歩道橋)から


最新の通天閣です

2013.3 逆さハルカス、逆さ通天閣

2013.4 泣いたらアカンで通天閣
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

ジオラマで見る懐かしの昭和  いこらも~る泉佐野

2017-07-18 | 街角の話し
「親子で語りつぐ昭和という時代」

ジオラマ製作者「南條亮(なんじょうあきら)」氏によるジオラマの世界。

開催期間:7月15日(土)~10月1日(日)
開催場所:いこらも~る泉佐野 2階宮脇書店奥特設会場
※観覧無料


ジオラマ制作者プロフィール

南條 亮(なんじょう あきら)

1943年大阪に生まれる
武蔵野美術大学卒業
人形劇団クラル手入団舞台美術人形美術家となる
株式会社ディグ創設後日本各地のからくり時計の演出と製作を手掛ける
文化施設・博覧会・アミューズメント関係の演出から製作等数多く手がける
大阪ではキッズプラザの巨大ボールサーカスの演出設計制作通天閣百年記念事業ジオラマ製作等
ライフワークとして本展示作品「人間この愚かで素晴らしきもの・展」を2001年に大阪市立現代美術センターで発表後全国各地で展覧会を開催
現在岸和田在住
木彫にて「賽の河原・和讃エレジー」をテーマに最後の創造活動として癌とともに最後のデットヒートをかけて取り組んでいる


特設会場に大きなジオラマがいくつか設置され、敗戦直後から昭和 30 年代くらいまでの街並みや庶民の生活が再現されていた。
不思議なもので、じっくり見ていると想像力が働くのか、人形ひとりひとりの物語が思い浮かんでくる。昭和生まれなのでなんとなく懐かしく感じる。


道頓堀
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

セミの抜け殻

2017-07-15 | 街角の話し
麻起きて新聞を取りに行くと
玄関の門柱になんと・・・
セミの抜け殻が

多くのセミは翌年の梅雨の頃に孵化する。孵化した幼虫は半透明の白色で、薄い皮をかぶっている。枯れ木の表面まで出た後に最初の脱皮をおこなった幼虫は土の中にもぐりこみ、長い地下生活に入る。


晴れた日の夕方、目の黒い終齢幼虫は羽化をおこなうべく地上に出てきて周囲の樹などに登ってゆく。夕方地上に現れて日没後に羽化を始めるのは、夜の間に羽を伸ばし、敵の現れる朝までには飛翔できる状態にするためである。木の幹や葉の上に爪を立てたあと、背が割れて白い成虫が顔を出す。

セミは、卵→幼虫→成虫という不完全変態をする虫である。

日本の場合、成虫期間は1-2週間ほどと言われていたが、これは成虫の飼育が困難ですぐ死んでしまうことからきた俗説で、野外では1ヶ月ほどとも言われている。

さらに、幼虫として地下生活する期間は3-17年(アブラゼミは6年)に達し、短命どころか昆虫類でも上位に入る寿命の長さをもつ。




風で飛ばされたのか、夕方にはもう見当たらなかった
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

長池オアシス ハス

2017-07-10 | 街角の話し
長池オアシスは、大阪府泉南郡熊取町長池にあるため池である。2010年(平成22年)3月25日に長池オアシス(長池、下池)として農林水産省のため池百選に選定された。
ため池百選は大阪には3つある。
他は狭山池、 久米田池だ。


また2009年には「大阪ミュージアム」のベストセレクションにも登録されている。

7/10にハス祭りが開催される 2015年のハスまつり
前日なら空いているだろうと行ってみた

カメラマンが何人か居ました。狙いは一緒です(笑)



まずは睡蓮ですね
睡蓮の周りは、ナガバミズアオイ です







葉に隠れているように咲いているのもいいですね







トンボが止まってくれました
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )
« 前ページ