MOS-YANの自然観察日誌

身近な自然を探したら…

我慢の日が続きます。

2017年07月14日 | カワセミ

雛が3羽いるという情報で、待機所裏の土手に移動してみました。

確かに雛が見えるのですが、被りの無い所には出てきてくれません。

しばらくすると雄が給餌咥えで魚を持ってきました。

6時37分 ISO800  1/800  F/5

ここに雛がやって来るか?と期待したのですが…。

何と、別の枝にとまっていた雌の所に持って行ってしまいました。

続けて交尾体勢に入りそうでしたが、雌が拒否。

6時40分 雛に給餌する気は無いのでしょうか? ISO1000  1/800  F/5

だんだん太陽角度が高くなり、日陰での待機が難しくなったので池に戻ることにしました。

この後も雌への給餌は続いていたようです。

 

池の方は相変わらずの状況で、ピラカンサにはとまるだけ。

魚を捕るのは対岸や草の影…と、どうしようもありません。

飛び込みが撮れないので、枝からの飛び出しを撮ることにしました。

10時40分 ISO500  1/1250  F/5.6

最後にまともな飛び込みを撮ったのは何時だっでしょう?

全く記憶にございません。(どこかの政治家の台詞とは違いますよ。)

ひたすらチャンスを待ち続けるのみ、これしか無いでしょうね。

11時終了。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カワセミネタが何も無い午前... | トップ | えっ、また幼虫が? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

カワセミ」カテゴリの最新記事