MOS-YANの自然観察日誌

身近な自然を探したら…

出鼻をくじかれて。

2016年07月20日 | 近況報告

「あまり天気が良くないなあ…。」と思いつつも、いつもより1時間程遅めに出かける予定で準備をしていました。

朝食を済ませてバッグを担いだら、隣の部屋からかみさんの声が…。

「スマホのメールが見れなくなっちゃったよ~。(T_T) 」だって。

(オイオイ、今言うか~?) (^^;)

そう言えば一昨日カミさんのスマホ、Gmailがおかしくなってるようなメッセージが出ていたのです。

しかしその時も私が出かける寸前だったので、とりあえずリセットしたまま放っておいたのを思い出しました。

改めて見てみると、どうやら初期設定前の状態に戻ってしまっているようです。

カミさんのGmailのアドレス、パスワードの設定からやり直し、何とかテスト送信までOKにはなりました。

docomoメールも異常なし…と。

でも何だか気が抜けてしまい、結局、お出かけは中止。(ア~ア、情けない。)

 

写真は一昨日撮ったチョウトンボです。

実はこの時も殆ど成果無し状態だったんですよね。(T_T)

OLYMPUS E-M1 + M.ED40-150mm F2.8 Pro + MC-14     ISO200 1/200  F5.6

我慢の日々が続きます。

来週こそは…。(-_-)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅雨明け待ち…ということでしょうか?(群馬レポート2016年7月 その3)

2016年07月16日 | 昆虫

今年はウスバシロチョウ狙いをメインに群馬遠征をする予定でした。

ところが前回の5月はちょっと早すぎ、今回は遅すぎて姿を見ず終い。

結局、ウスバシロチョウはまた来年、ということになってしまいました。(T_T)

二日間、よく見る蝶はモンシロチョウとジャノメチョウばかり。

それでも諦め気分でトンボの池で待機していたら…。

タテハチョウの仲間らしいのがやって来ました。

サカハチチョウ(夏型 ♀) ISO500  1/100  F5.6

これはまだコレクションの中に入っていませんね。(^^)

しかし写真になる場所には、なかなかとまってくれません。

やっと葉の上にとまったと思ったら、翅を閉じたまま…。

上手くいかないものです。(^^;)

ミドリヒョウモン  ISO500  1/640  F5.6

群馬ではお馴染みのヒョウモンチョウです。

ヒメキマダラセセリ  ISO500  1/160  F5.6

関東の平野部では、あまり見られないセセリチョウです。

リョウブの花にいたトラフシジミです。 ISO400  1/800  F5.6

花の中に隠れて、表に出てきてはくれませんでした。

メジャーなこんな蝶もいることはいたんですが…。

オオムラサキ ISO1000  1/80  F5.6

これ、とまっているのが休憩所にある自動販売機です。

何とか木にとまってもらおうと追って見たら、簡易トイレのドアの前…。(なんちゅうこっちゃ~。)(T_T)

蝶の写真はこれだけです。

これでは8月後半か、9月にリベンジ撮影に行かねばなりませんね。

割と綺麗なカメムシが撮れたので、ネタ不足の補充に上げておきます。

セアカツノカメムシ ISO800  1/250  F4.5

ハート型模様で有名なエサキモンキツノカメムシの親戚みたいですね。

連休が明けたらカワセミ撮りに行く予定です。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イトトンボ、愛の形はハート型(群馬レポート2016年7月 その2)

2016年07月14日 | 昆虫

群馬レポートの2回目です。

現地に着いた時から「今日は苦戦しそうだな…。」という雰囲気を感じていました。

そこで、いつもなら歩いて昆虫探しをするのですが、この日はトンボ撮影の可能性が高い池に腰を据えて待つ作戦に切り替えました。

待ちの撮影はカワセミで慣れているので、苦にはなりませんからね。(^-^)

カメラバッグを下ろしてしばらく様子を見ていましたが、やはり雰囲気は良くないようです。

ここでの主役は東京でもお馴染みのオオシオカラトンボクロイトトンボです。

これでは待つのもキツイですよね~。

ヤンマも時々やっては来ますが、すぐに池から飛び去ってしまうので名前の確認さえも出来ません。

カメラも向けずに眺めていると、オオシオカラトンボの雌が飛び込んできました。

近くにいた雄が「待ってました!」とばかりに飛びかかって、即、合体。

OLYMPUS E-M1 + M.ED40-150mm F2.8 PRO + MC-14    ISO1000  1/1000  F8

交尾は1分程で終わり、雌はそのまま産卵体勢に。

雄がそばで見張っています。   ISO1000  1/800  F8

雄がいなくなって単独産卵に。   ISO1000  1/800  F5.6

池をぐるっと見回ってみると、やはりクロイトトンボはずいぶん多く見られました。

一見、アオイトトンボ?と間違える事が多いのですが、尾部先端の模様が明らかに違います。 ISO400  1/2000  F5.6

アオイトトンボはアオイトトンボ科、クロイトトンボはイトトンボ科、と分類も違います。

イトトンボの仲間は交尾の時、表題に書いたように『ハート型』になる事が多いんですよね。

交尾中のクロイトトンボ   ISO1000  1/1600  F8

キイトトンボの交尾   ISO400  1/1000  F5.6

こちらの方がハート型に近いようです。(^^)

トンボをもう一つ。

このトンボを見つけた時、一瞬名前が出てきませんでした。  ISO200  1/1250  F5.6

アカネ族であることは間違い無いのですが…。

未成熟の雄…と言うことも解ります。

特徴は胸部の太い黒線と、翅の付け根が色付いていること…「あっ、そうだ!」

このトンボは成熟すると頭部まで赤くなります。

以前に撮ったものを。

ネキトンボという赤トンボの仲間です。(2012年9月撮影) EOS7D  EF70-300mm F4-5.6L IS USM    ISO400  1/200  F8

結局、この池でお昼を食べながら10時から13時半まで粘ったのですが、満足出来るような絵をゲットすることは出来ませんでした。

次は蝶の予定です。

でも、これまたネタ不足のため早くも最終回になりそうです。(^^;)

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オニヤンマとコオニヤンマ(群馬レポート2016年7月 その1)

2016年07月12日 | 昆虫

赤城山周りに1泊で出かけてきました。

今年は昆虫の出も良くないですね~。(^^;)

おまけに昨晩泊まったビジネスホテルに中国の団体様がお泊まりだったようで…。

言うまでも無く、寝不足です。(マイッタマイッタ。)

群馬県で一体何処に行っているんでしょうね?

それはさておき、二日間場所を替えて昆虫探しをしてみましたが、特に蝶の数が少ないように感じました。

これは9月の前半に再トライですね。

お馴染みのトンボやチョウばかりでしたのであまりネタは多くありません。

先程、写真の整理が出来たばかりなので、今日はトンボネタをちょっとだけ。

 

毎年オニヤンマをよく見る場所に行ってみると、予想通りロープにとまっています…が、ちょっと違うような…。

これはカワセミフィールドでも時々見る『コオニヤンマ』でした。

コオニヤンマ OLYMPUS E-M1 + M.ED40-150mm F2.8PRO + MC-14    ISO250  1/1250  F5

大きさはオニヤンマとほぼ同じくらいで、タイガースカラーもソックリなのですが、この直後に撮ったオニヤンマの絵と比べてみてください。

オニヤンマ ISO250  1/640  F5.6 

どちらも雄の個体ですが、明らかに違うのが頭部の大きさです。

この写真では解りにくいと思いますが、左右の複眼の間に隙間が空いているのがコオニヤンマです。

それと3対ある足の一番後の1対がコオニヤンマは極端に長いんですよね。

分類上でもオニヤンマオニヤンマ科コオニヤンマサナエトンボ科と別の種類です。

左右の複眼の間に隙間が空いているのはサナエトンボ科の特徴でもあります。

 

群馬シリーズは、この後ボチボチ上げていきます。

今日は早寝することにしま~す。

おやすみなさい。m(_ _)m

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今後は期待できるかも…とはいきませんでした。(^^;)

2016年07月08日 | カワセミ

一昨日は、かなり好調だったんですけどね~。

昨日も悲惨な状況だったようなのですが、その流れのままに、7時を過ぎ、8時になってもカワセミは姿を見せてくれません。

やっとトベラの枝に幼鳥が来て、1度だけ飛び込んでくれましたが、水出ショットは手前に飛び出されたのでピンボケ~NG!

おまけに枝どまりのショットも間違って削除…というドジをやってしまい…ア~アです。

こういう事をやっていると、今日のお持ち帰りがゼロになっちゃうんですよね。(^^;)

それでも8時半過ぎ、雌と幼鳥が奥の欄干に2羽並びました。

8時40分 幼鳥も大分大人っぽくなって来ましたね。 ISO640  1/1000  F4.5

この後、幼鳥は飛び去り、雌がピラカンサへ。

8時44分 春は桃のピンクバックになるところですが、現在はイエローバックになります。

Iさんが狙っていた後から失礼して1枚! ISO640  1/1000  F5.6

続いて少ないチャンスの飛び込みです。

8時48分 何とか前詰まりで引っかかりました。(汗) ISO800  1/1250  F5.6

この後は、待っても待っても池に出てきてくれません。

気温が上がって暑くなると、カワセミも日陰からなかなか出てこないようです。

北東の小池に引っ込んで、ザリガニを捕った後の水浴びです。

これは完全に離水をドジってますよね。(>_<)

ヤッパシ…ボチャン!

11時29分 ちょっとブレました。 ISO800  1/1250  F5.6

もう諦めてカメラをバッグに入れたら…雌がピラカンサにとまりました。

11時49分 とりあえずとまったところをまず1枚押さえて~。 

急いでカメラを再度セットし直しましたが、飛び込みのための準備が出来る寸前に飛び込んで、そのままドーナツ池方面に…。

あと10秒待っていて欲しかったのに…。

まあ、仕方ないですね。(T_T)

12時前で終了。

今後の予想は…解りませ~ん。(?_?)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加