Vision&Education

木村貴志の徒然なるままの日記です。

問題は

2016年11月05日 | Weblog
どうも教育問題の本質は、
尊敬できる大人がいなくなったという所に
あるのかもしれません。

特に、学校において、
それが甚だしくなっているのかもしれません。

厳しい変化の波にさらされる実社会と
独自の価値観が通用する学校の乖離
という問題があるのだと思います。

知識を商品とするのであれば、
社会のスピードの速さに、
学校はついていけないでしょう。

不易なる人間教育を商品とするには、
あまりにも不勉強と浮き世離れが、
大きな問題になります。

知識にせよ、人間教育にせよ、
それが社会で受け入れられるかどうかが大切なことです。

学校という守られた場所を失っても、
自分が教えていることの価値は、
社会に認めてもらえるのかどうか。

その自問自答を繰り返し、
教育者自身が学び続けていくしかないと私は思います。

親の批判をしていても、
先生批判をしていても、
行政批判をしていても、
世の中は何も変わりません。

私は、只管に学び続け、
自分に出来ることをやっていきます。






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 思想家として | トップ | 教育において大切なこと »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。