Vision&Education

木村貴志の徒然なるままの日記です。

日本科学未来館

2017年02月24日 | Weblog
バッカーズ九州寺子屋では、
2回目の合宿の際、
日本科学未来館へ行きます。

今期もASIMOのショーを見ました。

科学コミュニケーターの方が、
小さな子供に、
「アシモと何して遊びたい?」
と聞いていました。、

その子は、嬉しそうに、
「海で遊びたい!」と答えていました。

大人の発想では「水分も塩分も細かい砂も、
機械にとっては天敵だから無理。」となりそうです。

しかし、子供の無邪気な発想は、
真っ直ぐで核心を突いています。

この子のように、
何ものにも囚われずに、
「こんなことができたらいいなぁ。」という思いが、
人間の科学技術を発展させる
大きな原動力となってきたのだと思います。

現実に飲み込まれ、
妥協することが
大人になることではありません。

夢を追い続けていくこと。
夢の実現という困難に立ち向かっていくこと。

その中に人間としての成長も、
人間社会の進歩も含まれているのだと思います。

そして、子供の何気ない一言に、
大きな気づきを与えてもらい、
深く学ばせてもらうこともあるのだと思いました。

しなやかな心を失ってはならないのです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人格を磨く | トップ | 復活! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。