Vision&Education

木村貴志の徒然なるままの日記です。

卒塾式

2017年06月18日 | Weblog
あと数時間で、
バッカーズ九州寺子屋の卒塾式です。
みんな大きく成長してくれました。

バッカーズ寺子屋(東京)もそうでしたが、
心のこもった卒塾のメッセージが、
卒塾文集にはたくさん綴られていました。

心のこもった教育を実現したいと思います。

時代が変わっても、
人が人を育てるということは、
そういうことだと思います。

システム化されて、
人の心を失うようであれば、
そこに私がいる意味はありません。

そして、
教育はできないというのも事実です。
ただ、自分がどのように生きていくかだけ。
それしかありません。

そのあとに教育らしきものが、
多少見え隠れするだけだと思います。

私は私らしさを失わぬように、
努力を続けていきます。

それが時代に合わなくなれば、
そして、
自分の力が及ばないことを
今以上に痛感する時が来れば、

私は潔く身を引きたいと思います。

そもそも経営者の皆様の思いで、
お始めになったことです。

私は少々、
お手伝いをさせていただいただけ。

大丈夫です。
卒塾生たちは立派に育っています。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私に欠けているもの | トップ | 卒塾式を終えて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。