おかんのネタ帳

日々の雑感や興味のあることなどを書いています

演劇人の街

2016-10-07 23:17:15 | 舞台・映画・ドラマ
8ページの紙面を校了して、行ってきました~
もう、このために働いてるようなもんです。
行けるときに行っとかないと、来るべき年金生活では無理やし。

どこへ行って来たかというと・・・



いつか行ってみたいと思っていた、下北沢、ザ・スズナリ。
見た目は、ちょっと怪しげ?ですが、劇場ですよ。

ウッキによれば・・・・

下北沢が「演劇の街」と呼ばれる起源となった歴史的な小劇場、らしい。
客席数は230。中野のウエストエンドぐらいですね~

劇場の1階部分は飲食店街らしく ← やってはるのかどうか??
「鈴なり横丁」という看板がありますね。
角にあった居酒屋さんはやってはったけど。



この階段から上がると、劇場です。



チケット売り場は、階段の登り口のこちらのようやけど、
この日、観に行った舞台「愛の終着駅」のチケットは、
開場1時間前から、2階の入り口で販売されてました~



観てきたのは、この舞台です~~

作・演出は内藤裕敬(南河内万歳一座)さん。
出演は、小川菜摘さん、千葉雅子さん(猫のホテル)、
平田敦子さん、岡部尚子(空晴)さん、荒谷清水(南河内万歳一座)さん、
鴨鈴女(南河内万歳一座)さんの6人、プラス、日替わりゲスト。

・・・ゲスト目的で行ったんですけどね(苦笑)

濃い~お姉様方と、見た目より身軽な?黒一点の清水さん、
最果ての町、青森のスナック「愛の終着駅」での、
ちょっぴり切ない女の物語。

日替わりゲスト目的という?不純な?きっかけですが、
客席が豪華で! 相棒のヒマ課長・山西さんやら~、
八十田さん、深沢さん、お笑いのロンブー亮さん、カラテカ入江さん・・・
終演後は狭いロビー???で、ドキドキでした~

開始前は、小林旭の「熱き心に」が流れてて、
オープニングは、ホステス役らしき5人の女性が、
それぞれアニマル柄の衣装を身につけて~

奥村チヨの「終着駅」を歌い、踊る?というオープニング。
・・・懐かしい~~

お話は、場末のスナックの今から、過去にさかのぼり、
「あの日、あの時、電車に乗り遅れなかったら・・」
というのが、キーワードで展開していきます。

バックミュージックが、麻生ようこの「逃避行」!

♪ あの人から言われたの~ 午前5時に駅で待てと~

なっつかしい~~~

この歌詞にあるようなドラマがあったらしいねんな。
酔いつぶれたのは、女の方(菜摘さん)やったみたいやけど。

ゲストコーナーは、そういう設定と関係なく、
この場末のスナックにつれて来られる「いろんな人」です。

私の大好きな俳優さんは、なぜか、韓国のサッカー少年で、
これから、「JUNONボーイコンテスト」に挑戦するという設定・・・
・・・わかる人には、わかる展開ですが(苦笑)

お姉様方にいじられ、つっこまれ、あげく踊らされ?
・・・かわいかったです~~(笑)



夜の部も観て来たのですが、(ついでに?)
ゲストは、この春、舞台で共演した女優・高橋由美子さん。
設定は、ナースでした~~
まさかの?デビュー曲を歌うという展開、盛り上がってました。

というか、昼の部は女性が多かった客席が、
平日の夜ではあるけど、男性・・しかもおっさん??が多くて、
かつてのアイドル高橋由美子さんのファンが来てるの~??
なんて、思ってしまうほどでした~

楽しい観劇でした~~

そして、一緒に行った友だち3人でプチ打ち上げ。





いつものコースですね。お安い居酒屋で。



そこかしこで演劇をやってる場所があり、
漫才ライブをやってたり、夜のフリマをやってたり、
なんともカオスな街、シモキタ、でした~

そして、もちろん、帰宅前にちょこっと観光しました。

明日、アップします~



『演劇』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋の気配 | トップ | おのぼりさん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

舞台・映画・ドラマ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL