うずまき

つくば子ども劇場ってどんなところ?どんな人がいるの?
とりあえず運営委員長が日記を書くので参考にしてください。

『さわるめいろ』

2016年10月31日 | わたしの本棚
劇場事務所のある村田ビル1階に
えほんや なずな がオープンしてからというもの、
行く度にあらたな発見があります。

今日は『さわるめいろ』をご紹介。

目の見える人、見えない人、一緒に楽しめるめいろの絵本です。

なんと、点字で迷路が作ってあるのだ。

これ、目に見える線は全部描いてあるけれど、
点字部分は行き止まりがあったり分岐があったり、ちゃんと迷路です。

だから見える人は逆に惑わされちゃって難しい。

ためしに目をつぶって指でたどってみると、
ものすごく面白い!

指先から伝わる感覚で、自分がどこかに連れて行かれてる感じがする。

不思議な浮遊感と、迷子になっている時の不安感、
どこへ着くのかわからないというワクワク感、
もうあの分岐点には二度と戻れないという寂寥感と、
それならどーにでもなっちまえ!という野放図感など、
めったに味わえない体験が指先と本ひとつで味わえます。

いやほんと、すごく面白い。

ゴールの三角印にたどり着いた時の喜びと安堵感ときたら!

まっすぐに続く長めの線をたどる時の爽快感もイイです。

精神が解放される感じがして気持ちイイ。

一家に一冊オススメします。

まぁAmazonでも買えるけど、ぜひ えほんや なずな で試してから
ご購入を。
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« YMCA チャリティーラン | トップ | 忍者修行の的(まと)を作り... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL