小沢のブログ

小沢のブログです。

ナースの面接

2017-06-15 11:38:02 | 日記
ナースが仕事を変える時も、要になるのが面接です。

面接者の評価が良くなければ、ナースは人手不足といえどご縁がなかったということにもなるのです。

雇用契約の内容が他よりよければもちろんのことエントリーの数も増えるため、気を抜かないで万全を期し自信を持って面接室へ入れるようにしましょう。

場にふさわしい端正な装いで、イキイキと応対するのがポイントです。

キャリアアップを考えて転職を検討する看護師も存在します。

能力を磨いておくことで、高収入を狙うこともできます。

看護師の仕事は職場次第で変わってくるため、自分に適した場所を探してみることは重要です。

内科の外来がぴったりだと思う人もいれば、特別養護老人ホームが合う人もいるので、前向きに転職していくのもいいかもしれませんね。

看護師として働く人が転職しようとする時、異なった職種への転職を考える人も多くいるでしょう。

けれど、一生懸命に看護師資格を得たのですから、利用できる仕事を見つけた方がいいでしょう。

かなり異なる職種であっても、看護師の資格が優遇される仕事は多くあります。

一生懸命にやって取ることのできた資格なのですから、有効に使わないのは損をしますね。

看護師が転職しようとする理由は、人間関係のこじれという人がかなりの数います。

女ばかりの仕事ですし、イライラが溜まりやすいこともあって、人間関係を面倒と感じる人がかなりの数いるでしょう。

人によっては、イジメやパワハラが転職しようとする原因といった人も出てきています。

ひどい環境を我慢して働くと、健康を損ないますから、すぐに転職した方が良いでしょう。

他の職業と同様に、看護師の場合も何回も転職をしていると不利に働くのかというと、絶対そうであるとは言えません。

自己アピールを上手に行えば、意欲が高くて経験が豊富にあるという印象にもっていくことも可能でしょう。

とは言っても、勤務の年数がほんの少しであると、雇っても少し働いたら辞めると考えられてしまう可能性が高いでしょう。

看護職の人がジョブチェンジを検討するときにはインターネットの転職サポートサービスを使うとよいでしょう。

ナース向けの仕事紹介は、職安や求人雑誌には紹介されないことが少なくありません。

一方、看護職に特化した人材派遣サイトでは、登録者のみ閲覧できる求人オファーがある上、仕事場のカラーといったこともチェックできます。

こちらからは触れにくい契約内容のネゴシエーションをお願いできる所も少なくありません。

看護師で、育児を優先させるために転職する人もかなりいます。

特に看護師は仕事と子どものことの両立が困難なので、夕方までの時間帯のみ働けたり、仕事をする日が多くない仕事だったりが良いですよね。

子育ての期間だけ看護師を休業するという人も多くいますが、お金がなければ育児ができないので、できれば看護師の資格を活かすことのできる仕事を探したほうが良いでしょう。

看護職員の方が新しい勤務先をリサーチするには、はじめにどのような労働条件を求めているかを明らかにしておきましょう。

夜間に働くのは避けたい、休みの日が減るのは困る、可能であれば患者さんの最期は看取りたくないなど、要求にも個性があって当然です。

看護職員の価値は市場では高い状態なので、負担になる労働環境で我慢して勤める必要はないのです。

看護職の人のジョブチェンジにおいて適時としては、多くの人が夏季・冬季手当が入ってから離職するので、年間でいうと1、6月頃に絞るのが得策です。

実際に看護スタッフを補充したいところはいくらでもありますが、待遇の良い勤務先に巡り合えるように、ジョブチェンジには3ヶ月くらい時間をかけて、熟慮していくのがよいです。

とにかくすぐジョブチェンジを、ということでないのなら、たくさんの求人オファーが出てくる時機まで控えるのがよいでしょう。

看護師が転職する時のポイントは、次の職場を探しておいてからやめるようにした方が良いでしょう。

そして、3ヶ月は使ってじっくりと転職先を探したほうが良いでしょう。

先走って次の仕事へ行くと、またしても辞めざるを得ない場合も出るので、希望した条件を満たす職場をしっかりと見つけるようにしましょう。

このため、自らの条件をハッキリとさせておきましょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジョブチェンの極意 | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。