小沢のブログ

小沢のブログです。

ジョブチェンの極意

2017-06-15 11:36:32 | 日記
育児をするために転職しようとする看護師もたくさんいます。

看護師の場合、特に育児と仕事を両立させることが大変なので、外が明るい時間帯のみの勤務ができたり、出勤日が少ない職場での勤務だったりが探せると良いと思います。

子育ての大変な時期だけ看護師を辞めるという人もいますが、子育てをするにはお金がないといけませんから、看護師の資格を無駄にしない転職先を探してみましょう。

ナースが仕事を変える時も、要になるのが面接です。

試験官にマイナス点をつけられると、ナースは人手不足といえど残念ながら採用を見送られることもあるのです。

雇用の条件に恵まれているところは志願者数も多く競争率があがりますので、慢心することなく念入りに用意して自信を持って面接室へ入れるようにしましょう。

クリーンな印象のファッションで、イキイキと応対するのがポイントです。

看護職の人がジョブチェンジを検討するときにはインターネットの転職サポートサービスを使うとよいでしょう。

看護スタッフ募集のお知らせは、ハロワやアルバイト情報誌などには載らない場合も少なくありません。

看護職員にフォーカスしたウェブの求人サポートはこの点、通常は見られない募集案件が紹介されていることに加え、仕事場のカラーといったこともチェックできます。

できれば避けたい勤労条件に関するやりとりを依頼することも可能です。

看護師の人が転職する時に、違う職種へ転職しようと思う人も少なからずいるでしょう。

ですが、苦しみながら看護師の資格を取ることができたのですから、その資格が活きる職場を選んだ方が良いでしょう。

全然異なった職種だとしても、看護師の資格がプラスにはたらく仕事は多くあります。

一生懸命にやって取ることのできた資格なのですから、活かさないと無駄になってしまいます。

看護師のためだけの転職サイトには、お祝い金があるところが存在しています。

転職をすることで祝い金を出してもらえるなんて嬉しい気持ちになりますよね。

しかし、祝い金を受け取るための条件が大抵はあるため、先にチェックしておくようにした方がよいでしょう。

また、祝い金を出してくれないところの方が充実のサービスな場合があります。

看護師でも転職回数が多いとマイナス評価となるのかというと、絶対そうであるとは言えません。

自己PRのやり方次第では、意欲的で経験を持っているという印象にもっていくことも可能でしょう。

けれども、働いている年数が短過ぎてしまうと、採用したとしても少ししたらまたやめてしまうのではないかと思われることもありえるでしょう。

看護師が転職する際の要領としては、次の職場を探しておいてからやめるようにした方が良いでしょう。

加えて、3ヶ月程掛けて丁寧に次の仕事を見つけるようにしましょう。

急いで決めた仕事だと、またしても辞めざるを得ない場合も出るので、希望の条件に合う仕事を丁寧に探しましょう。

そのためには、自分の希望をクリアにしておきましょう。

いつ看護スタッフが別の仕事先に動けばよいのかですが、夏と冬のボーナスの後に人が動きやすいため、6月中、あるいは1月中に照準を合わせるとよいでしょう。

たしかに、専門職である看護師が不足し困っている職場は多いのですが、待遇の良い勤務先に巡り合えるように、次の勤め先に移るまで3ヶ月程の期間を設けて、熟慮していくのがよいです。

急ぎ仕事を変えたいという事情がないようでしたら、人材募集が増加してくるタイミングまで様子を見るのがベターです。

看護専門職が違う職場に変わろうとした時、多くの人が壁に当たってしまうのが志望の理由付けです。

どういう訳でその勤務場を選んだのかを好感をもってもらえるように表すのはたやすくはありません。

高い給与や、休日が確保されるといったことも大切なことですが労働条件のメリットを出すよりは、看護専門職としてステップアップしたいから、というような、転職の理由に発展的な要素をもたせたものがパスしやすくなるでしょう。

キャリアアップを志して転職する看護師も少なくないです。

看護師としての技量を高めておくことで、収入を増やすことも目指せるでしょう。

看護師の担う仕事は職場毎に違っているため、自分で自分にピッタリな職場を探してみることは重要です。

自分は内科の外来がピッタリだという人もいれば、特別養護老人ホームが合う人もいるので、意欲的に転職を検討するのもアリかもしれません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 看護師の悩み | トップ | ナースの面接 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。