うぞきあ の湯

映画情報は、ネタバレしていますので、これからご覧になる方は読まないほうがよいです。
コメントにはURL願います。

プライドと偏見

2006年01月18日 | 映画・DVD

○タイトル『プライドと偏見』
   文字通り、主人公エリザベスとダーシーのプライドが
   交錯し、実は惹かれあう2人を、より複雑化する原因は
   偏見。こんなとこだろか?結局、予想通り、最後は
   同じベクトルへ???
   

○イイ!①
  キーラ・ナイトレイ
   あの瞳がイイ!
   20代になったばかりとは思えません。
   『プライドと偏見』は、出たいと思っていてかなった作品。
   だから、かなった夢を生き生きと演じる姿は、心地よい。
   EP1では、侍女約演じたらしいけど、そっちもも1回観よう。
  

○イイ!②
   美しい背景と音楽。
   ピアノの曲が好きな私には、あの田園風景とピアノがたまらない。
   サントラは買いますわ。


○必死だな
   女性に相続権が無いこの時代。
   お金持ち探しに必死になる母親と、その娘たち。
   ダーシーの言うとおり、下品に見えるがその必死な様は、
   何か応援してしまいたくなった(か?)


今年に入って2本目。有頂天ホテルとダブルヘッダーで鑑賞した。
なんか、正月から、イイ(私が思う)作品を立て続けに
観られて、心地の良い気分。
お勧めです。 



映画『プライドと偏見』オリジナル・サウンドトラック
ダリオ・マリアネッリ, ジャン=イヴ・ティボーデ, イギリス室内管弦楽団
ユニバーサルクラシック

このアイテムの詳細を見る


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (18)   トラックバック (42)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 堀江社長(ライブドア)記者会見 | トップ | だいたひかるさん結婚 »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます (はたちゃん)
2006-01-18 23:30:03
TBありがとうございます。

キーラかわいかったですね★

音楽と映像がすごくきれいでしたね♪



これからもよろしくお願いします
TBありがとうございました (coilfish)
2006-01-18 23:59:28
この映画良かったですね。

風景もBGMもシンプルなドレスも全ての調和がとれていて綺麗な映画でした。

TBこちらからも貼らせていただきます。
TBありがとうございます♪ (joyjoy)
2006-01-18 23:59:39
同じく田園風景にうっとりです。良かったですね。

キーラのかわいさもさることながら私は後半の(最初は特になんとも)ダーシーがすごく魅力的で目が離れませんでした(爆)エリザベスと共に恋をしてたような・・・ハハハ
TBありがとうございます。 (毒がす)
2006-01-19 00:45:17
 TBどうもでした。

「ザ・有頂天ホテル」とはしごなさったようですが、

きっと観に行かれた劇場は新宿ミラノ座ですか?w



 何はともあれ、今後も麗しのキーラ・ナイトレイ

に注目ですね。彼女が出ている作品ではやはり

『Love Actually』がいいかな~。
TBありがとうございました。 (JoJon)
2006-01-19 01:11:50
TB ありがとうございます。

初めてのTB なので嬉しいです。



私は、18世紀のイングランドに興味があってこの映画を観ました。

当時の服装や建物、風習など勉強になりました。
こんにちは (藤沢)
2006-01-19 07:52:39
トラバありがとうございます。

エリザベスが背筋を伸ばして歩いている姿がきれいだなーって、映画見ながら見とれていました。
TBありがとうございました。 (happy-clover)
2006-01-19 09:08:14
こんにちは。

>あの田園風景とピアノがたまらない

↑同感です。観終わってもしばらくあの風景とピアノの余韻にいい気分でした。

あと、特にあの母親最初はうるさいなぁ~って思ってましたが、どこか憎みきれず・・・ちょっとかわいかったりして



初めまして (ハナ)
2006-01-19 13:46:20
TBありがとうございます~。



私も最近、キーラがスターウォーズEP1でアミダラの影武者してたことを知りました。

パイレーツ・オブ・カリビアンで有名になったものだと思い込んでましたが

昔から良い映画に出演してるんですよね!

はじめまして&TBありがとうございます♪ (ogre)
2006-01-19 14:24:20
私はコリンファースの「高慢と偏見」見てみたいです♪



今回はキーラとサザーランド(父親役)とジュディーディンチしかキャスト知らなかったです。
TBありがとうございます (べー)
2006-01-19 15:41:28
TBはじめてでした。素直にうれしいものですね。イギリスの風景はどこまでも緑の丘が続いて、キーラがスッと岩の上で遠くを見ている場面はわすれられないです。
オジャマシマス (キラキラえりこ)
2006-01-19 21:34:58
TBありがとうございました
途中で・・・・ (キラキラえりこ)
2006-01-19 21:37:00
ごめんなさい。ミスってしまいました・・・。実はアタシも有頂天ホテル見たかったんですけど、チケット売り切れでプライドと偏見見たんです。偶然の出会いでした  これからも遊びにきますね~
ベッカムに恋してもよいですよ (きょん)
2006-01-19 22:12:49
TBいただきありがとうございました。

キーラ・ナイトレーは、思ったことをはっきり言う賢い女の子っていうキャラがぴったりになってきましたね。「ベッカムに恋して」もまさにこういう女の子で、その上サッカー選手だったりするのでもっとかっこよかったです。

彼女が有名になってきてずっとナタリー・ポートマンに似てるなーって思っていたら、EP1でアミダラの影武者役をしていたと知って、なるほどと納得した次第です。あの宇宙船から降りてきて殺されたのが彼女かな?ほんの一瞬しか映ってないですが。
TBありがとうございます。 (kc)
2006-01-19 22:49:31
こんばんは、はじめまして。

こちらからもTBさせていただきました。

久しぶりに緊張感のある素敵な恋愛映画でこれはDVDも買い!だなぁと思ってます。
こんばんは (みづき)
2006-01-19 23:01:37
こんばんは。

トラバありがとうございました♪

私もトラバ返しさせていただきますね!



映画、素敵なお話でしたね。

心温まりました。

こんにちわ (ななな)
2006-01-21 10:31:16
キーラちゃん可愛かったですね。

凛としててでも可愛さもあってこの役にぴったりだったと思います。

田園風景いいですよね。

あんな所でのんびりしてみたいです。
はじめまして (チョコ)
2006-01-21 18:15:54
はじめまして。

TBありがとうございました。

こちらからもTBを送ろうとしたのですが、どういうわけか送れませんでした。



最近、ちょっとあくの強い映画ばかり観てたので、とても新鮮でした。

エリザベスの母には笑えました。

本当に小説読んでるの? (ミポリン)
2006-03-12 21:16:34
キーラ・ネイトレイの「ベッカムに恋して」のボーイッシュな所がだいすきですが、「高慢と偏見」はただの恋愛ドラマになっていた気がするのは私だけでしょうか?日本人が、日本の時代劇が出来るのが当然と思っているのと同じにどこか甘えがあるようなきがする。アン・リーが、「いつか晴れた日に」をとってしまうぐらいです。わたしは、アンリーの映画の方が感情移入できました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

42 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
★「プライドと偏見」 (ひらりん的映画ブログ)
キーラ・ナイトレイ主演の文芸・ラブストーリー。
映画館「プライドと偏見」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
5人姉妹バージョンの「若草物語」って感じの作品でした。 設定が18世紀後半なので、仕方が無いのかもしれませんが金持ちと結婚させようとする母親や人が不幸になったときでもケラケラ笑う妹達になんだかムカつきながら観ていました。 今の時代でも、多少なりとも差...
プライドと偏見~Pride&Prejudice~ (きぶんしだい)
1月14日公開映画のうちの一本              キーラ・ナイトレイ主演「プライドと偏見」 を観てきました なぜか近所の映画館では 夕方からの放映 でも!プレミアシートで見れちゃうんです(もちろん通常料金!!) 貧乏人の私にとっては初☆プレ
プライドと偏見・・・・・・キーラ・ナイトレイ (ぷち てんてん)
先日見た「スタンドアップ」が女性が一人で生きていくため戦う姿を描いたとすれば、こちらは200年前の女性たちがなにと戦っていたか見せてくれる・・といえるかな?(ちょっと違う?(笑))☆プライドと偏見☆(2005)ジョー・ライト監督キーラ・ナイトレイ・・・・・・...
『プライドと偏見』 (ラムの大通り)
----これってワーキングタイトル作品なんだね。 あの『ブリジット・ジョーンズの日記』を手がけた……。 「うん。そもそも『ブリジット・ジョーンズの日記』が この原作『高慢と偏見』を現代版に仕立てたものだからね。 でもこれを観ているとき、ぼくの頭に浮かんでいたのは
プライドと偏見 (えいがのひ)
映画『プライドと偏見』 タイトルからずっしりと重く、じれったいやり取りが続くものかと思っていましたが…案に相違して、とてもさわやかで気持ちのいい映画でした。 こういう勝気なお嬢さんはキーラ・ナイトレイのはまり役。 もー気持ちいいくらいハキハキしてました。
バカ一家の結婚戦略 「プライドと偏見」 (平気の平左)
評価:75点{/fuki_love/} プライドと偏見 恋愛においては、プライドと偏見がしばしば邪魔になるっていうお話。 これは私にも心当たりがないでもないで、昔はプライド高く、「好き」とかいう言葉を口にしないで武士のようにしているのがカッコいいと思っていたのですが、
一時代的な恋愛観としてのラブコメなら『プライドと偏見』 (映画はトモダチ)
これはすごいですね。 よくもまあ、今の時代にこれをもってきたなと、そんな印象でした。 【作品紹介】 『プライドと偏見』 監督 : ジョー・ライト 出演 : キーラ・ナイトレイ、マシュー・マクファディン、ドナルド・サザーランド、ブレンダ・ブレッシン ストーリー .
プライドと偏見 PRIDE & PREJUDICE (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
キーラ・ナイトレイ、ドナルド・サザーランド マシュー・マクファディン主演 ジェーン・オースティン原作の映画化 18 世紀後半のイングランドのハートフォードシャーに ベネット家があります その時代は階級による支配関係がまだはっきりしていました ベネット家は一応使
プライドと偏見 (No Need To Argue)
試写会にて。 来年のお正月映画第2弾(2006年1月14日、有楽座ほか東宝洋画系にて公開)。 日本版公式サイト http://www.pride-h.jp/ 英国の女流作家、ジェーン・オースティン(1775-1817)の「高慢と偏見(Pride and Prejudice)」の映画化。 世界十大小説のひ.
プライドと偏見 (★☆★ Cinema Diary ★☆★)
圧巻のカメラワークと圧倒的な存在感を魅せたキーラ・ナイトレイ。これだけでも十分観る価値あり。この映画、文句なしにキーラ・ナイトレイにとっての最高傑作です。
プライドと偏見 (映画とはずがたり)
出逢いは心ときめくダンス。 触れた指先に感じる ほのかな愛。 でも― 男はプライドが捨てられない。 女は真実が目に入らない。 すれ違う恋が、こんなにも切ないなんて・・・ こんな映画宣伝文句が、そのまましっくりくるような珠玉のラブ・ストーリーに、 観てい.
「プライドと偏見」 (てんびんthe LIFE)
「プライドと偏見」 新宿明治安田生命ホールで鑑賞 元気のいい、キーラ・ナイトレイを見たばかりなので、中世の令嬢役はまたいつもの楚々としたキーラなのかと思えば、田舎のお嬢チャンであって、自分の意見がしっかりとしている芯のあるお嬢さん役でした。原作も知らな
『 プライドと偏見 』 (My Style)
週末は『プライドと偏見』鑑賞。 いやぁ~、多くを語らない寡黙な、でも誠実な男性に弱い自分。 自分も不器用ですから・・・(高倉健さん風) 時は18世紀の末。舞台はイギリスの田舎町。 この時代、女性には財産相続権がなかった。 だから、女性にとって「結婚」が人
「プライドと偏見」 (枯れないように水をやろう)
まさに、プライドと偏見。 美しい系の映画で、見事にこの2つを表現してみせた!って感じです。 前回「ドミノ」で、いっちゃた役を演じたキーラ・ナイトレイが、再びお嬢様を。 といっても、気が強いし、金持ちでもない。 でも、けっこう裕福な暮らしぶり。 当時のイギリス
プライドと偏見 (cinema is wonderful)
プライドと偏見公式HP 【監督】ジョー・ライト 【出演】キーラ・ナイトレイ、マシュー・マクファディン、ブレンダ・ブレッシン、ドナルド・サザーランド他 18世紀末のイギリス。田舎
「プライドと偏見」 (うつ病に負けない!)
見ました!!面白かったです。私個人的には、昔の「高慢と偏見」を見てみたいですね。コリンファースが出てて、そちらの方が上映時間が長いんですよ。(たしか4時間くらい)DVD売ってるんですが、高いんですよね…でも見たいなぁ!!今日は非常に疲れて、ぼーっとしている
プライドと偏見 評価額・1080円 (Blog・キネマ文化論)
●プライドと偏見をTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 18世紀後半の英国。ベネット家の
『プライドと偏見』、観ました。 (肯定的映画評論室ココログ支店)
 『プライドと偏見』、映画館で観ました。 18世紀末イギリスの上流社会。田舎町に住む
高慢と偏見 (制限時間の残量観察)
「有頂天ホテル」とどちらにしようかと迷っていた作品でしたが「プライドと偏見」は素晴らしかったです。 いやー、イギリスって今でもあんなに綺麗な場所が残っているんですね。1
「プライドと偏見」 (My precious・・・)
ひっさしぶりに映画を見に行った。 話題になっている「プライドと偏見」{/fuki_osusume/} 今日はレディースデイだったのでほとんど満席だったのにはびっくり{/hiyob_hat/} 愛してる」と認めるには、男のプライドは高すぎた。「愛してる」と応えるには、女の偏見が邪魔をする
プライドと偏見 (みるき~うぇい)
全国で公開中 2005年度作品/イギリス <出演> キーラ・ナイトレイ マシュー・マクファディン ドナルド・サザーランド ブレンダ・ブレシン ロザムンド・パイク <監督> ジョー・ライト <原作> ジェーン・オースティン <あらすじ> 18世紀末のイギリス。 当
「プライドと偏見」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Pride & Prejudice」2005 UK 原作は“エマ”“いつか晴れた日に”のジェーン・オースティン。主演のエリザベスにキーラ・ナイトレイ、Mr.ダーシーにマシュー・マクファデン。キーラは「ラヴ・アクチュアリー/2003」や「キング・アーサー/2004」etc.でお目にかかってい
『プライドと偏見』 偏見に挑む意欲作 (キマグレなヒトリゴト)
前回タイトルが難しそう、なんだか堅そう、という 偏見に打ち勝った『高慢と偏見』。 今度は前作のあまりの出来に「今度のはどうよ?」 「ダーシーはコリン・ファースしかありえないし」 みたいな偏見と戦わなければならなかった「プライドと偏見」 Pride & Prejudice -
プライドと偏見 (映画を観たよ)
BBCのドラマと原作が気になる。 とりあえず本は図書館へ。でもドラマはツタヤには無いだろうなぁ・・・ 古典文学が基ということで難しそうという変な先入観がありました。 最初はちょっぴり退屈でどうなるかとも思いましたが気づけばずいぶん楽しく見ていました。 身分違い
プライドと偏見 (悠雅的生活)
I like him. I love him.
プライドと偏見 (toe@cinematiclife)
どっぷりハマッて見ちゃった。 お話は、とってもありがちなんだけどね。 いや~、すっかり世界に入り込んでたなぁ~。 <STORY> イギリスの田舎町のベネット家には、5人の姉妹がいた。 彼らは、決して裕福ではないが心豊かな生活を送っている。 しかし、父 (ドナルド・サザ
「プライドと偏見」ただひとつの恋 (soramove)
「プライドと偏見」★★★★ キーラ・ナイトレイ、マシュー・マクファディン主演 ジョー・ライト監督、2005年イギリス 18世紀末のイギリス、 階級社会が鮮明で 堅苦しい挨拶や言葉 そんな枠の中でも 生き生きと人物が描かれた秀作。 かんたんに男女が言葉...
4 プライドと偏見 (毎週水曜日にMOVIE!)
「高慢と偏見」(ジェーン・オースティン)そして「愛の妖精」(ジョルジュ・サンド)。 この2冊を、中学の国語の先生にすぐに読むようにと渡されました。 どちらにも共通していたのは、「人間の偏見」。 これは、であった感じが悪いとか、仏頂面だとか、口数がすくな
映画「プライドと偏見」、原作とジェーン・オースティンのこと (MONKWELL MANOR GUEST HOUSE)
 1月14日に公開になった映画「プライドと偏見」を観に行ってきた。 僕にしてはめずらしく、夜の回をわざわざ観に行ったのだが、期待を裏切らずとてもいい映画だった。  この映画の原作、ジェーン・オースティンの「プライドと偏見(「自負と偏見」または「高慢と偏見.
映画のご紹介(87) プライドと偏見 (ヒューマン=ブラック・ボックス)
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(87) プライドと偏見 プライドと偏見 ちょっと、これは...... レイトショーで「プライドと偏見」を観た。
プライドと偏見~純な気持ちほど伝わりにくい (自己成功獲得プロジェクト)
純粋な気持ちというのは、それが純粋であればあるほど、伝わりにくいものになるのかもしれません。 世の中には、常識とか制度とか、人の行動を規制する記号がたくさんあります。その狭間で、内に秘めた気持ちと向き合いながら、あるいは隠し持って、生きているわけです。
『プライドと偏見』、観ました。 (肯定的映画評論室・新館)
 『プライドと偏見』、映画館で観ました。18世紀末イギリスの上流社会。田舎町に住むベネット家の5人の娘。母親が娘たちを資産家と結婚させようと躍起になる中、近所の豪邸に大金持ちの独身男性ビングリーが越してきた。長女ジェーンがビングリーと恋仲になるが、次女エリ
プライドと偏見 (銀色ボンド)
先週一週間は 凹むとともに、 頭痛がひどかった…。今日は頭痛で 目が覚めることはなかったけど。さて、「プライドと偏見」を見ましたよ。この話は、5人姉妹の 次女エリザベスが 主役。主演のお姉さんが また美人でですね。惚れましたよ。役柄も 思うことをはっき...
「プライドと偏見」観ました。 (GOOD☆NEWS)
1月14日から公開されているキーラ・ナイトレイ主演の「プライドと偏見」を観てきました。イギリスを代表する女流作家ジェーン・オースティンの「高慢と偏見」の映画化だそうです。・・・が、私は今まで恋愛物や純文学は苦手で殆ど読まなかったので、この「高慢と偏見」...
『プライドと偏見』 (フミセイロのなんちゅうことない日々。)
なぜか英国コスチューム映画大好きのヨメ。オースティンの「プライドと偏見」とくりゃ、行くしかないでしょ!今回のヒロイン役はキーラ・ナイトレイ。旬のオナゴやね。 さて、劇中何が起こるかというと…何も起こらないです。姉妹の結婚話の行方をひたすらみんなで案じる映
「プライドと偏見」@よみうりホール (ワンダーあーちゃん(*´∇`*))
今日の試写会、行きたくて行きたくて沢山応募したんだけど結局あてる事が出来ず、譲っていただいて無事に行く事が出来ました。Sさんありがとうございました。が・・・譲っていただいた試写状なんと2人分。確かになにも確認しませんでしたが、てっきり1人分だと思っていた
プライドと偏見(2005英) (WAKOの日常)
Pride & Prejudice この話は、イギリスのドラマ版「高慢と偏見(コリン・ファース主演)」が有名なジェーン・オースティン原作の古典モノ。「ブリジット・ジョーンズの日記」を観たときにその作品の存在を知り、是非観てみたかったのです。今回は、キーラ・ナイトレイ
プライドと偏見 (欧風)
映画は男女によって好みがあるのだろうか。まあ、観たい、観たくない、という点では別れるんではないかと思う。しかしいい映画って言うのは男女問わず、誰が観てもいい映画だと思うのですよ。 例えば、私が昨年末から日本人なら観ろ!と散々言っているにもかかわらず、ま
★プライドと偏見@池袋ヒューマックスシネマズ:土曜日午後 (映画とアートで☆ひとやすみひと休み)
イギリスの広大で美しい田園に嵐のような雨が降っている。 男と女がふたり、激しい雨に叩きつけられている。 男はこの雨のような激しい胸の内を、今、同じく雨に打たれている美女に打ち明けようとしている。 「貴女とお姉さんは違うが、貴女のご両親と妹さんたちはあまりにも
『プライドと偏見』・試写会 (しましまシネマライフ!)
今日は某雑誌で当選した『プライドと偏見』の試写会に行ってきた。 [お土産にマカディアとハーレクイーン
プライドと偏見 (金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等)
★本日の金言豆★ ジェーン・オースティン:1775年12月16日~1817年7月18日。1796年ごろに書いたといわれる「First Impressions」がのちに改題・出版され、イギリスで最も長く愛される恋愛小説と