日々の思い

日常の出来事、思いを書き続けて、自分を見つめて行きたいと思っています。

茶の花を愛でつつ

2016-11-20 08:06:25 | 日記
「御座の正面にいます小羊は彼らの牧者となって、いのちの水の泉に導いて下さるであろう。また神は、彼らの目から涙をことごとくぬぐいとって下さるであろう。」黙示7:17




茶の花は何度も見た事はありますが、この日は沢山咲いていました。そしていつも余り美しくはないですが、美しいく白い花が咲いていました。





まだ光が入って来ないですが、それでもこの山の茶畑に来れば落ち着きます。ススキも少しあって秋の風情が増します。





枯れ草や枯葉も愛おしいですね。



広い茶畑やこの様に狭い茶畑が一杯です。



柿も多く点在してますが、多く見受けられる場所はそうありません。宇治田原は紅葉は極少ないですが、柿が彩りを添えています。



山の紅葉もだいぶ染まって来ました。柿は1月でもありますから、楽しみです。でもこれから師走です。用事が数々あって、さて来れるでしょうか。。。忙しい時期を迎えますね。

上の言葉
 神様を信頼し畏れ敬う生涯は、この世で報われることの少ない戦いの旅路です。しかし、この旅路が終わるとき、主の御前に携えあげられて、イエス様の慰めと命をいただくことができます。与えられる報いを望みつつ、今日も備えられた道を、主のみこころに従って歩んでください。あなたの労苦は無駄になることはありません。(KE)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 晩秋の宇治田原 | トップ | 京都駅 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事