日々の思い

日常の出来事、思いを書き続けて、自分を見つめて行きたいと思っています。

木の芽だち

2017-03-08 08:36:12 | 日記
「見よ、わたしは世の終りまで、いつもあなたがたと共にいるのである。」マタイ28:20b



ニリンソウの新芽です。これは数年前に宇治田原の道に生えていたのを一株貰って来たものです。なんと強いのでしょう。引き抜くにも強い力が必要で株が深くまで伸びるのでしょうか。こちらの夏の暑さにも強く山野草なのによく持っています。華やかさはないけど、質素な花です。



ゆきやなぎでしょうか。もう若葉色で驚きです。また垣根のマキをカットしたら、新芽が花の様に出て元の葉が黒くなってますから新芽が鮮やかです。春ではありますが、今日は寒く、明日から少し暖かくなる予報です。



椿のシベですが、可愛いものです。椿も早生や晩生があり今は中間の様です。



小さなシクラメンですが、長く咲くものですね。



今日はこれから小集会へ。もし教会へ行ってなかったら家で閉じこもってるでしょうが、何かと用事があり、行ける事は体も心も良いと思います。

上の言葉
イエス様は私たちと共にいてくださる方となられました。それは「インマヌエルと称えられる」との予言にあるように、神様が共にいてくださるとは考えることも、予測もできないことですから、驚くべきことです。人は罪を消し去られるまで、神様と共に居ることは不可能です。しかし、十字架によって全て解決されたのです。主はいつでも、どこでも、共に居るものとなるため、よみがえったのです。(KE)

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 季節の移り変わり | トップ | 試練を乗り越えて »
最近の画像もっと見る

あわせて読む