日々の思い

日常の出来事、思いを書き続けて、自分を見つめて行きたいと思っています。

庭のイカリソウ

2017-04-21 08:54:44 | 日記
「それから人々にむかって言われた、『あらゆる貪欲に対してよくよく警戒しなさい。たといたくさんの物を持っていても、人のいのちは、持ち物にはよらないのである』。」ルカ12:15



山野草に興味を持ち始めて出会ったのは白馬の平地のペンションの近くでした。清々しい朝、散歩に出かけイカリソウと筆リンドウに出会って、小さいけどこんなかわいい山野草が高原にはあるのだ、と嬉しくなりました。



そして庭にも植える様になったのです。でもなかなか育てるのが難しい。家は元小高い山だったでしょうが、そう高くないですから。夏の暑さにやられます。ミスミソウ。ニリンソウ、ショウジョウバカマ、イカリソウ、山野草系のボケ、山野草系のキイカタクリ、山野草系のアヤメ、それくらいしか育ちません。そうそうショウジョウバカマは汚いのでかっとしました。





普通イカリソウは白ですが、ピンクの種類が売っていたので買って来ました。



もち育てるのは夫であります。私はノータッチ。彼は熱中してましたが、今では教会の花に熱中。庭は花が少なくなりました。今まで一面に沢山種類がありましたが、こっそりした感じになってこれもまたいいでしょう。



上の言葉
最新の医療設備があり、最新の居住区間に住み、栄養管理された食事をして、物質的には全く不自由のない生活が出来ても、それが命ではありません。では、何が命なのでしょうか。創世記には「命の息」を吹きいれられて生きるものとなったとあります。まさに、神様の命を頂く以外に生きることが出来ないのです。(KE)

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 庭のニリンソウ | トップ | 水ぬるむ里山 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む