ボウリング狂が行く

ボウリング場あるところに烏有先生あり。夢は全国制覇を目指すボウリング日記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

[2010~2013編] ~ファーストボウル(愛媛県)

2013-04-07 22:28:13 | [単発編] 2010~2013編
 無念の撤退後、宿泊する松山全日空ホテルへと向かうため、伊予鉄城南線に乗りました(写真7)。


 写真7 憧れの路面電車

 函館もそうでしたが、路面電車のある町は道路の雰囲気が違いますね。
 地元の人にとっては当たり前の風景なのでしょうが、それがないところから来た私のような人からすると、憧れめいた気持ちになってしまいます。
 さて、全日空ホテルの最寄の駅、大街道にて降り立ったその時、目に入ったのはBOWLINGの文字でした。
 宿泊先の目と鼻の先にボウリング施設があるなんて! これは天の采配とばかりにチェックインを済ませて、出かけました。

 ファーストボウル(写真8)


 写真8 ファーストボウル

 ファーストビル2、3階にございます(写真9)。


 写真9 ビル内の一区画といった感じ

 レーン数は24。階層ごとに12レーンで分かれているようですね。
 レーンの使用カードがボウリングピンを模したデザイン(写真10)だったのは目を引きましたが、あとは取り立てて特別なものはなく無難なつくりでした。写真が少ないのはそのせいです。


 写真10 レーンの使用カード

 2ゲーム投げて、結果は129、124。ストライクが取れれば御の字、スペアを狙えるほどうまくコントロールできるはずもない実力といったところでした(写真11)。


 写真11 スコアシートのキャラがイカス

 ゲーム料金は1ゲーム500円、貸し靴300円の、合わせて1300円でした。


 四国で投げることになるとは思わなかったので、意外な収穫でした。旅行自体も目的どおりに見たいものを見て、食べたいものを食べることができましたので、素晴らしい思い出になりました。
 また、こういった遠出ができるかはわかりませんが、ふらりと訪れた地でボウリング場を見つけることができるのはうれしいですね。
 それでは、また。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

[2010~2013編] ~キスケボウル(愛媛県)

2013-04-07 22:21:48 | [単発編] 2010~2013編
 去る1月の3日、私は愛媛県は松山市にたどり着いておりました。
 連れ合いと四国旅行に行ってきたわけなのです。松山に行って道後温泉に入り、琴平に行って金毘羅さん参りをし、鳴門にいって渦潮を見て帰るという2泊3日のスケジュール。あと1日余裕があれば高知にも足を伸ばしていたんですが、予算と休暇の都合で断念と相成りました。
 さて、新幹線と特急を乗り継いで、着きましたのがJR松山駅(写真1)。


 写真1 JR松山駅

 そこからざっと辺りを見回したところ、ボウリングピンが目に入ってきたではありませんか。


 キスケボウル(写真2)


 写真2 キスケボックス

 四国最大級のアミューズメント施設、キスケボックス内3階にあります(写真3)。


 写真3 店内入り口

 詳しくはネットで検索していただければ分かりますが、ざっと見ただけでも、温泉、パチンコ、ゲームセンター、雀荘、カラオケ、カルチャースクールなど、ここに来れば何かしら遊べる、過ごせる環境になってます。
 レーン数はさすがの44レーン。正月3が日、家で過ごすにも飽きた人たちにとって格好の遊び所なのでしょうか、人でいっぱいでした(写真4)。


 写真4 野暮ったさが一切ないですね

 これだけの規模にもかかわらず、待ち時間が何と1時間!
 一応、観光目的に来たのでここで時間を浪費するわけにもいかず、投げるのは諦めました。折角なので、チラ見した演出画面を撮っておきました(写真5)、(写真6)。


 写真5 ストライク(かな?)


 写真6 挑発的なスプリット
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

[2010~2013編] ~シブヤボウリング(東京都)

2013-02-03 21:19:49 | [単発編] 2010~2013編
 忘れたころにやってくる更新で、このblogの生存を確認された方のささやかな期待に応えましょう。


 2012年9月15日(土)

 某アーティストのライブイベントのため、九段下の日本武道館へといってまいりました。
 昼頃に渋谷を訪れて、時間に余裕があったのでJR渋谷駅より間近いアミューズメントビルEST渋谷東口会館内にある、ボウリング場に立ち寄ってきましたですよ。

 シブヤボウリング(写真1)



 写真1 シブヤボウリング

 ボウリングフロアは3階から5階、また地下1階です。受付は3階にありまして、このフロアはブラックライト仕様という一見さんを驚かせるつくり(写真2)でした。



 写真2 ブラックライトによる光の幻想 

 この階のみ12レーンで、他の階が10レーンずつ、計42レーンということですね。
 貸し靴料金は精算時にまとめて払うんですね(写真3)。



 写真3 ボタンがあります。押しますか?

 スコアラーは見新しいものはなく、シンプルな表示(写真4)でしたが、バス背景表示(写真5)に切り替えることも可能でした。



 写真4 シンプル



 写真5 表示だけで、演出はありません

 さて、今回も3ゲーム投げたんですが、スコアシートを紛失してしまって結果を示すことができません。一応1回は160以上のスコアを出したことは確認できます(写真6)が、申し訳ないです。



 写真6 160より上のスコアは出しました

 ゲーム料金は休日なので1ゲーム600円、3ゲーム1800円と貸し靴料金300円合わせて2100円でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[2010~2013編] ~ボウルサンシャイン函館店(北海道)

2012-09-25 22:44:17 | [単発編] 2010~2013編
 2012年8月15日(水)北海道函館市

 さらに年を越して、季節は流れ、今年の夏になりました。
 彼女との函館旅行なのです(写真-函①)。



 写真-函①_遥々きたぜ、函館

 散策ガイドブックやら観光案内やらを色々と見ていたら、五稜郭からそう遠くないところに、ボウリング場があるではありませんか。
 そんなわけで、五稜郭を観光した後に(写真-函②)立ち寄ってきました。



 写真-函②_五稜郭タワーから展望

 ボウルサンシャイン函館店

 知る人ぞ知る、ボウルサンシャイングループの1つ。他の店舗は福島に1つ(会津若松)、宮城県に3つ(大河原、仙台、富谷)。北海道には北見市にもう1店舗あります。というか、北見店以外は全て行ったことになりますね。
 アミューズメントビルPABOT’S内4階にあります(写真-函③)。カラオケやネットカフェなど様々なアミューズメントが内包されていますね(写真-函④)。



 写真-函③_ボウルサンシャイン函館



 写真-函④_ちなみに1階はパチンコ

 着いたのが夕方過ぎということもあってか、店内照明が怪しい感じになってました(写真-函⑤)。ボウリング施設、といった方が正しいつくりですね。競技ではなく、娯楽という意味合いで(写真-函⑥)。



 写真-函⑤_ナイト・タイムですか?



 写真-函⑥_スポーツではなく、エンタメ仕様

 当然ながら装備は持ってきておりませんので、ハウスボウル、貸し靴、サポーターなしでのプレイ。3ゲーム投げました。
 結果は、124、123、101。アベレージは116という惨憺たる有様。オープンフレームばかりで、ほとんど得点が伸びない苦しい展開でした。あと1本が倒せない悔しさ(写真-函⑦)。ストライク、スペアー時の演出はカートレーサーがレーン上を突っ走り、ピンをなぎ倒す爽快な奴(写真-函⑧)でしたが、ほとんど見ることができませんでした(写真-函⑨)。



 写真-函⑦_また、おまえか



 写真-函⑧_シャッターのタイミング、合わず



 写真-函⑨_このあと、そびえたつピンにはばまれる

 イベントで、7フレーム目にストライク及びスペアーをとると、1ゲーム無料券がもらえました(写真-函⑩)。ボウルサンシャイン全店で使えますが、使用期限までに再び訪れることはないでしょう(写真-函⑪)。



 写真-函⑩_イベント公示中



 写真-函⑪_店員さんにも「来られない、ですよね」と言われました

 料金ですが、2ゲームまでは500円ずつ加算。それから最大5ゲーム目まで100円ずつ加算となります。要するに5ゲームやると1300円かかるわけです。貸し靴は300円でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[2010~2013編] ~東京ドームボウリングセンター(東京都)

2012-09-25 22:44:04 | [単発編] 2010~2013編
 2011年12月25日(日)東京都文京区

 季節は過ぎて、冬。
 某アーティストのライブを鑑賞するために東京ドームに訪れたところ(写真-東①)、見つけてしまったわけです。



 写真-東①_東京ドーム!

 前知識が全くない当たり、筆者の世間知らずがよくわかりますね。
 この時は彼女にケータイのカメラで撮ってもらった為、ピンボケ画像が多いです。ご了承ください。

 東京ドームボウリングセンター

 東京ドームシティ黄色いビル内4、5階にあります(写真-東②)。



 写真-東②_東京ドームボウリングセンターのある黄色いビル

 フロント及び1~40レーンが5階、41~54レーンが4階にあるというつくりの、計54レーンです(写真-東③)。



 写真-東③_フロア全体が明るい雰囲気

 基本的に5階フロアだけで客を回しているんでしょうね。
 さて、装備品を持ってきているわけもないので、ハウスボウル、貸し靴、サポーターなしで投げましたよ。
 ストライク、スペア、ガーターなどでモニターに一枚絵の演出が出ますね(写真-東④)(写真-東⑤)(写真-東⑥)。



 写真-東④_犬キャラ?



 写真-東⑤_悪夢のスプリット



 写真-東⑥_スペアー!

 時間の都合もあり、2ゲームやった結果は、168、160と思ったよりもいい数字です。貸し靴で助走をつけると滑りすぎてしまうので、ほとんどその場で投げていたようなプレイでしたが、意外とスペアーが取れましたね(写真⑦)。



 写真-東⑦_スプリットに泣く

 1ゲーム550円。貸し靴は350円でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[2010~2013編] ~富士急ハイランドボウル(山梨県)

2012-09-25 22:43:50 | [単発編] 2010~2013編
 まだこのBlogの更新を待っていらっしゃる方、おりますかー?
 忘れたころにやってくる更新です。
 個人的な事情で色々忙しかったりしたもので、ようやく記事として形にすることができました。大した内容ではありませんが、見てやって下さい。


 2011年8月13日(土)山梨県富士吉田市

 あろうことか、昨年の夏の思い出でございます。しかも、写真に納めただけで、投げておりません。

 富士急ハイランドボウル

 あの絶叫系コースターで有名な富士急ハイランドの入り口隣にあるボウリング場です(写真-富①)。



 写真-富①_富士急ハイランドボウル

 彼女とともに参加したバスツアーで、富士急ハイランドに訪れたわけで、何よりもの目的は絶叫系コースターに乗ること(写真-富②)。



 写真-富②_奥に見える高飛車に乗りました

 
 そんなわけで帰りの時間の都合もあり(日帰り旅行でした)、投げる時間もなく。せめて写真に納めることとしました(写真-富③)(写真-富④)。



 写真-富③_スタンダードな造り



 写真-富④_お土産SHOP側からの入り口

 情報によると全18レーン。1ゲームの料金は平日450円、土日祝は550円だそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[2010~2013編] ~東京レジャーランボウル(東京都)

2010-08-19 08:17:10 | [単発編] 2010~2013編
 続きましては、7月20日(日)の記録です。
 彼女がお台場に行きたいというので、ゆりかもめに乗っていきました。フジテレビなのです。
 展望室に行くつもりだったのですが、あまりの人の多さに辟易して、どうせ高いところから遠くを眺めるのならばと観覧車に乗ることに切り替え。東京レジャーランドへと足を向けたのであります。
 そびえたつ観覧車に向かっていくことしばらく。施設の案内にボウリングの文字が(写真①)。これは投げていくしかないでしょう。
 そんなわけで、またも借り物で挑む勝負となりました。
 なお、今回の写真は彼女が撮影してくれたので、私の姿が映っていたりします。

 東京レジャーランボウル(写真②)

 東京レジャーランドパレットタウン店というアミューズメント施設の4階になります。44レーンの広さはさすが(写真③)。全体的なつくりはもとより、ボウリングをプレイするに当たっての最低限のマナーやルール、スコアのつけ方の説明を見ても、レジャーランドの一角であることを意識させます(写真④)。
 スコアラーはおなじみのもので、吾がホームグラウンド宇都宮第二トーヨーボウルのものと同様、どちらかというとシンプルな演出のものでしたね。
 さて、肝心の結果は191、151、125とハウスボウルでやけにスコアを伸ばしてしまいました。まあ、尻すぼみなのはご愛嬌です(写真⑤)。コントロールが利かないと割り切っていた分、前半はむしろ無理な力がかからずに投げていたので、かえってストライクが多く出たみたいです。後半になるにつれて、変に力みすぎたり、手先を弄ったりしてしまってストライクがとれず、ミスが重なってしまったわけですね。
 3ゲームパックで1400円。貸し靴代300円でした。

 その後、観覧車に乗って展望を楽しみ(写真⑥)、献血して帰りました。
 東京は、人が多いところですね。


 今回は思いがけず訪れてしまったボウリング場、2ヶ所をお届けしました。また、何処かを訪れた際にこのような巡り合わせがあるやも知れませんね。そのときはまた新しい記事を書けると思います。
 それでは、また。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[2010~2013編] ~C-BIC厚木(神奈川県)

2010-08-16 13:23:20 | [単発編] 2010~2013編

 久々の更新です。
 フィリピンから帰って以来、なかなか遠出の機会がなかったもので滞っておりましたが、先日思いがけず2箇所のボウリング場へ足を運んでまいりました。
 今回はシリーズ遠征ではなくて、単発寄り道的なところです。

 
 まずは、7月17日(木)の記録。
 私、仕事の都合で神奈川県は伊勢原市にございます某A社に、講習を受けに来ておりました。
 その日の講習スケジュールを終え、夕食がてらそこいら辺の散策をと出かけたわけなのです。やはり国内だと気軽に外に出かけられるのでいいですね。何をするにしても困る心配がないですし。
 さて、国道246号沿いに北へと歩いていきますと、すぐに厚木市に入ってしまいます。A社は厚木市と伊勢原市とのほぼ境にあるので、初め私はA社に行くことを厚木に行くと言っていたくらいでした。
 夕食と書きましたがまだ6時を過ぎたくらいの頃、夏真っ盛りのこの時期ではまだ日は高いです。特に目的もなく、暗くなる前にホテルに戻れればいいと決めていた私、どんどん道なりに進んでいきましたら、見えてきてしまったのですよ。
 ボウリングピンが。
 この時、私はカメラを持ってこなかったこと。そしてボウリングセットを持ってこなかったことを後悔したものでした。
 
 C-BIC厚木

 レーン数は20レーン。1階がパチンコ屋、2階がアミューズメントスペース、3階がボウリング施設という、いかにもな建物OHTA WORLDにありました。
 写真がないのでわかりづらいでしょうが、駐車場は2階まであって、そこからエスカレータで上っていくと入れました。途中、パチンコ屋の特殊景品買取所がありましたが、ここまでお客さんがエスカレータで上ってくるのかと思うと、結構難儀なことかと思いました。どうでもいいですね。
 さて、場内の印象は垢抜けた造りです。ボウリング場ではなく、ボウリング施設という言い方をしてしまいます。すなわちスポーツ(競技)というよりもアミューズメント(遊戯)より。
 今回はマイボウルもマイシューズもなく、借り物で挑む立場なのでむしろ投げやすいかもしれません。とはいえ突然訪れて、一人で黙々と投げて去っていく客という時点で、怪しさは十分です。
 そんなわけで出したスコアが、120、125、148と。正直言ってさほど悪くないというところに、腕が鈍っていることを感じます。
スコアラーは過去に見覚えのある、ピンに扮した人物がボウルに吹っ飛ばされる演出のものでした。
 3ゲームで1800円。貸し靴代300円でした。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

[フィリピン編] ~SM BOWLING CENTRE

2009-08-19 21:24:02 | [特別編] フィリピン編

 お久しぶりでございます。
 忘れた頃に更新する『ボウリング狂が行く』。今回は特別編と相成ります。

 今年の5月初旬から8月の初旬にかけて、私、烏有先生は勤め先の都合により日本の遥か南、フィリピン共和国へと出張しておりました。
 フィリピンにもボウリング場がございます。出張先の上司に買い物に連れて行ってもらうついでに、足を運んできました。その顛末をご覧ください。


 2009年5月16日 フィリピン共和国 マニラ

 今回訪れたボウリング施設がある場所、『SM Mall of ASIA』なるショッピングモールは、シューマート(由来名は靴屋、略してSM)を核とした、規模にして東京ドーム8個分が入る総床面積世界第3位を誇る、超巨大モールなのであります。
 600以上の店舗、150以上のレストランを抱え、アイススケートリンクや野外方のミュージックホール、映画鑑賞施設も当然入っております。その中に、今回の舞台『SM BOWLING CENTRE』がありました(写真1)。


 SM BOWLING CENTRE

 レーン数は32(写真2)。このショッピングモール自体が2006年に出来上がったものなので、作り自体には古さがありません(写真3)。ビリヤードのフロアも結構な広さがありました(写真4)。
 フィリピンでも、ボウリングのプロ大会らしきものが行われているのですね(写真5)(写真6)。貸し靴はフロントの裏の棚に一様に収まってるようで、店員に靴のサイズを伝えて取ってもらう仕組みです(写真7)。
 ボウリングフロアも野暮ったさのない、スマートなデザインですね(写真8)。スコアラーのモニターはタッチパネルですし(写真9)、天井から下がっているモニターも液晶です(写真10)。筆者の偏見としてあった、古いボウリング施設のイメージはここにはありませんでしたね(写真11)。
 スコアラーもインターフェイスが英語というだけで、日本と変わりないものでした(写真12)。上司が案内としてフィリピンのカラオケ嬢を連れてきたので、4人でやっています。
(ちなみにフィリピンのカラオケ屋は要するにカラオケスナックなので、客に対して嬢が着きます。仲良くなれば携帯の番号を教えあって、こうして休みの日などに買い物の案内として呼んだりできるんですね。)
 1投目に残ったピンをどうフォローするかのアドバイスも出てきます(写真13)。ただし、スコアのプリントアウトはされないそうで、スコアラーがあるのに手書きスコアを渡されました(写真14)。
 演出映像は様々(写真15)(写真16)(写真17)。
 目新しかったのは、なかなか投球者が投げないでいると表示されたもの(写真18)ですね。進行を促すものでしょう。他にも色々あった(写真19)(写真20)のですが、調子も悪くダブルやターキーの演出は見れず終いでした。
 レーンコンディションにも目立った癖はなく、貸し靴、ハウスボウル、サポーター無しでなければもっとスコアを伸ばせたのではないか、と思います。今回一つだけ苦言をあげさせてもらうのは、投げたボウルが戻ってこないことが結構ありまして(写真21)、設備のメンテナンスに気を使っていただきたい、ということですかね。
 上司に連れてきてもらったこともあり、今回は1ゲームのみ。
 結果は、129という可もなく、不可もない凡庸なスコアでした(写真22)。ちなみにARが私です。HIDが上司のスコアで、ストライクを取れなかったのが敗因でしょう。終了時にもちょっとした演出映像がありました(写真23)。


 このショッピングモール、『Mall of ASIA』と名乗るだけのことはあり、フィリピンでも随一、東南アジアでも3指に入る規模を誇ります。
 夕方から夜にかけてはマニラ湾の夕日を望むことができ、週末には花火が打ち上げられます(写真24)。この花火もなかなかのもので、これを目当てとする観光客も多く見られました。

 そういうわけで、フィリピン特別編は如何でしたでしょうか。
 筆者も人生初の海外滞在で、あれこれ見て回るほどの余裕はなかったのですが、また来てみたいと思わせる魅力に溢れた常夏の国でしたよ。
 また訪れる機会があるのかについては、全くもって未定なのですが。
 それでは、また。


 地図データは、三角形データ再利用工房の白地図無料ダウンロードより使用させて頂いております。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[山形編] ~鶴岡ヤマテボウル

2008-09-09 00:43:57 | [第8章] 山形編

 さて、国道7号を南へ、目指すは鶴岡。最後のポイントです。途中渋滞に阻れながらも、昼ごろにはやっと鶴岡市に。国道112号線に乗り換えて、鶴岡駅方面へと向かい、県道350号へと入っていくと見えてきました。

 ポイント9 鶴岡ヤマテボウル(写真9-1)

 レーン数は30(写真9-2)。場内は土足厳禁でスリッパにはきかえて、靴はビニール袋に入れて所持するそうです。
 そしてついにここまできました。スコア筆記記入です(写真9-3)。私にとって人生初の、手記入によるボウリングゲームとなりました。
 スコアは187、170、147。最後に力つきてますが、スコアを記入する楽しさに我を忘れて投げられたこともあって、思いの外点数は高めです。何というか、初めてボウリングをやったときの期待、初めてマイボウルで狙ってストライクをとれたときの興奮、それに近い何かを感じました(写真9-4)。
 3ゲーム投げて1575円でしたよ。


 というわけで、山形県内のボウリング場9箇所の旅、巡ってまいりました。
 ここ1、2年のうちに3箇所ほど閉鎖されたボウリング場があった模様で、アミューズメントの一角として組み込まれて生き延びている施設がある一方で、ボウリングオンリーでは立ち行かずに消えていくところもあるという、スポーツとしての人気はやはり下降しているのだなと感じました。
 レジャーとしては気軽にパーティープレイが楽しめるいい競技だと思うんですけどね。
 さて、残るは秋田県です。次の遠征はいつの日か。それと、青森県の八戸市の取りこぼしを消化できれば、東北は私のものです。なんちゃって。
 それでは、次回の更新をお楽しみに。
 気を長くしてお待ちください。


 地図データは、CHILI.COM 地理情報開発のフリー地図素材集より使用させて頂いております。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加