クルシャの天地

ラガマフィン(猫)のクルシャ君。飼主はあらゆる秘密を彼に伝授する。

早めのひな祭り

2017年02月13日 | クル者拒まず



























クルシャ君、去年くらい、いや長年ずっと知りたいことがあったんだが、
ひな祭りのお菓子ってあるよね。ひなあられ、菱餅だが、菱餅って旨いのか?






こんな感じの餅ですよね


色味はそんな感じ。

だが、毛は生えてない。






ふわふわかふかふかでドライよりウェットなら
美味しいんじゃありませんかね。




実に猫的な回答ありがとうございます。






近くに京雛の店があるから覗いてきたのだが
京雛というのは所謂浅草橋あたりの雛人形とはまた違う趣がある。








ふわふわかふかふか


寝てますね。





こんな感じだ。

『口遊註解』によれば、婚礼時に人形が結納品として供えられ、かつ
妙な話だが「セキレイの像」などもそこに加えたのだという。
この「鶺鴒(せきれい)の像」であるが、幼い夫婦のためにそれとなく性教育を
示唆したものであったという。小川あたりで鶺鴒が地面に居るところを観察
していれば、かの鳥が独特な動きをして居るのがお分かりになるでしょう。
これ以上言い出すと、敬愛する南方熊楠先生みたいになっちまうので、止めます。






貝合もあるぞ。

この貝合わせだが、現物はなかなか小さいものだ。

大和ハマグリ自体が稀少なので生産数も少ないはず。
工芸品の伝来品でも、すべて揃っているものは少ない。
欠けたり失せたりしているのです。同じ貝でないと決して接合しない
ということから、これも婚礼の品として用いられた。
ちなみに、ぐれる、なんていいますが、あの不良がクレるのぐれる、の
語源は貝合の貝が合わないことを「はまぐり」をひっくり返して「ぐりはま」と
呼んだことが語源である。不適応すなわちぐれている、ということですな。
そもそも何故婚礼に、とかやるとまた敬愛する南方熊楠先生みたいに
なるので止めておきます。





なかなか細密であります。たしかに、簡単に欠けそうだ。


しかも残念なことに、この貝はヤマトハマグリではなかった。
既に入手もできなくなっているらしい。







このような姿で婚礼、できる場所は京都にあります。
せっかくだから、京人形のようになられてはいかがか、と誰かに
言っておきましょう。












水のソーテール1: 洗礼の天人 (うるたやBOOKS)
クリエーター情報なし
うるたや




にほんブログ村 猫ブログ ラガマフィンへにほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
『猫』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クルシャ君、シャツを着始める | トップ | ウルタ君のおさがりを着る »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む