クルシャの天地

ラガマフィン(猫)のクルシャ君。飼主はあらゆる秘密を彼に伝授する。

クルシャ君、パンダコスに疲れる

2017年02月25日 | クル者拒まず



この厳冬期、身体の弱いクルシャ君に風邪ひかれては困るというので
継続的になんとか薄い布一枚でも着せておこうということになりました。





もちろん、猫によっては着衣をストレスにしてしまう場合もあるので、
嫌がるようならただちに止めるということにしてまずはウルタ君の
冬用の服を着せてみたところ、嫌がる以前の問題で、そもそもサイズが
合わない。







比較的小さめの服を着せたところ、クルシャ君も気にしていない様子。
服は嫌がらないと見たところで、出来るだけストレスのかからないような
着衣を探していたついでに







トイプー用のパンダコスを発見。購入。

しかし、御覧のように余りに小さすぎる。



動画にもしてみました。



小さすぎるパンダコスの猫




御覧になればお分かりの通り、温かそうだし、なかなか似合ってるし、日中友好かもしれんし、
かわいいのですが、クルシャ君は困惑しています。

主に、その服がタイトすぎるために、動きが抑制されてしまうことが困惑の理由のようです。







つまり、ストレスですねこれ。







ちょっと怒ってる?

すみませんね。すぐに脱いで貰いますよ。







でもその前に写真を。

一瞬この服のフードをクルシャ君の頭にかけてみたのですが
かわいいものでした。あからさまに嫌がってましたが。






胸の前でいくつかボタンを留める構造になっているこのパンダコスですが
無理に袖を通して羽織っている状態なので、もちろんボタンは留められません。








体格の良い兄さんが小さなチョッキを無理に着ている状態。







一応、記念に耳が二重になっているクルシャ君の写真とか撮影しつつ








ボタンが留まっていない様子などご確認頂きながら








右往左往するクルシャ君の有様こそ、ストレスを示す物であることを再確認。
腕の細さだと、これくらいのサイズがいいのだが、胴回りがとにかく足りていない。

してみると、クルシャ君は腕は細いが、体格はそれなりってことなんですかね。








二度と着ることは無いパンダコスを脱いで、再び防寒用の
部屋着を着直したクルシャ君でした。









七夕おばけ (うるたやBOOKS)
クリエーター情報なし
うるたや



にほんブログ村 猫ブログ ラガマフィンへにほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トスカナバルも地元食材

2017年02月23日 | 取材報告


ランチに近所のトスカナ料理のバルに出かけました。


ランチも廉い、トスカナ料理とはいいましても、パスタランチでございます。








ハマグリの味がよく引き出されたパスタ。







そんなに広くない店内。






しかし、手作りらしいパンがむやみに旨い。
この類いの美味しい店は、必ずパンだけでも旨いんですよね。







大通りの陸橋の陰に隠れるようにして店があるので、見つけづらい
のですが、ようやく探し当てて少ない席に空きがあったなら、是非。






暮日 (うるたやBOOKS)
クリエーター情報なし
うるたや



にほんブログ村 猫ブログ ラガマフィンへにほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京野菜の仏伊料理

2017年02月21日 | 取材報告



タイトルはいまさらな印象なのは認めます。
とにかく、京野菜でフレンチ、イタリアンはむしろごく普通の水準
とでもいった感覚になっていることでしょう。実は多大な研鑽があって
現在に至っているのですが。






こちらは久しぶりに訪れた、その類いの店。

有難いことに、日本酒が必ずあるので京野菜アレンジの料理と言うより
むしろ居酒屋のところにまで敷居を下げてきてくれている、通いやすい
店です。









Ⅰ年半ぶりくらいの空白期間を置いてやってくると、変わっているところと
維持し続けているところが分かります。つまり、常に良い方向へ向かって
変わっているのが分かります。おかげで、予約が無いと入れない。







この夜も、飼主らはささやかなお祝いに使ったのですが、各席にはいくつかの
グループが組織的な宴会をやっているのです。その隙間みたいな席に潜り込む
ようにして食事をするといった状況。








オーブンで焼いただけの玉ねぎとか






野菜が載った寿司なんかは、よく見ますね。







野菜寿司の上に、何ぞ流動物が載っているのを観察できると思いますが、
こちらの摺り物のようなものが、今回この店で特に顕著に変化した部分。

日持ちしない野菜の摺り下ろしをドレッシングとして加工して、料理に
多用するという手法。あのー、くら寿司のなんとかドレッシングみたいな
ものだとご理解頂ければ、そんなに違わないでしょうな。








こちらは蒸し野菜でやはり一般的な品物ですが、この蒸し物のために
用意されるソースが多様で、先程の生野菜摺り下ろしドレッシングも
何種類か付いてくると、付加価値が上がるという趣向。








いいものを使って、手間を抑えながら付加価値も上げていくというわけで
人気も上がっていくわけです。串カツ田中というみせが、関東圏で繁昌して
株式上場までしてしかもストップ高した昨年の活況を見れば分かる通り、
合理化の手法が客にも見え易いと、その納得感がコストの価値を見やすく
していくわけです。








特においしかったのがこちら。

海老芋のテリーヌ。
店がどこかお分かり頂けたなら、是非入店の際にはこちらを注文してください。

ちなみに、ドレッシングの類いは格安で店頭販売していたので、支払いの際に
手に入れて自宅で使用いたしました。







ポリュドロス (うるたやBOOKS)
クリエーター情報なし
うるたや



にほんブログ村 猫ブログ ラガマフィンへにほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

真冬の巨大猫たちはよく食べる

2017年02月19日 | 女神アリアン








こちら、真冬に訪れた際に撮影したアリアンの背中です。

写真というのはボリューム感が伝わらないのが常にこうした投稿時の
悩みどころです。しかし、そのあたりのことは皆様よくご存じでしょう。
敢えてこうしたボリューム強調した撮り方をしたにも関わらず、この程度か
とまたしても残念に思うのです。







そんなアリアンの膨れ方がほぼマックスになっています。
彼女の猫としての生涯の中でも、このへんがおそらく最大限の毛量ではないかと。

ダブルコートで長毛で健康だと、こんなことになるのですね。
佐竹知事のところにいるサイベリアンのミール君はもっとすごいことになっている
であろうとは、容易に察せられる。





おやつを欲しがるアリアン



発毛と維持の方向にエネルギーが要るのか知りませんが、真冬になって
食欲もすごい。いつもはフードよりキスを待ちかねているアリアンが、
とにかくおやつを欲しがって、飼主を自分の餌入れまで導きます。








それはもう一匹の巨大猫、ランス君も同じです。






食事中の巨大ロシブ




短毛のダブルコートでも、真冬は食欲が増すのだろうか。

撮られていてもいつものように唸る余裕もありません。







再び、この冬のアリアンの毛量をこうして記録しておきます。

この写真を、今年の真夏と比較すれば、明らかな違いが見て取れるはず。








その間も、ランス君はおやつ食べ続けていました。










不可思議立体 (うるたやBOOKS)
クリエーター情報なし
うるたや



にほんブログ村 猫ブログ ラガマフィンへにほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

窓辺のシャツ猫

2017年02月17日 | クル者拒まず


クルシャ君を風邪と寒さから守る為、部屋を暖かくした上に
服を着せようとあれこれ模索しているところであります。






この、ウルタ君の服だと腰まわりまで覆ってくれるので安心です。
ところが、腕周りを見れば分かる通り、クルシャ君がジャンプでも
すれば、すぐに腕が抜けてしまいます。






それでも嫌がらずにウルタ君の服を纏ってくれるクルシャ君です。








しかし、サイズの合った服も注文中。
やはり、すぐ脱げるようでは困る。
とはいいましても、猫用の服のサイズというのが実に規格があって
無いようなものでして、実際に着せてみないと分からない。







このタイプを上着にして、二枚着せるというのも考えては
みたのですが、クルシャ君への負担は少なくしたい。






そこで
布の量は少ないものの、よりぴったりしたシャツを選択いたしました。






窓辺のシャツ猫




御覧の通り、ぴったりしたシャツなので、クルシャ君も以前より
自由に動けるようになりました。











螢火白楊
クリエーター情報なし
うるたや




にほんブログ村 猫ブログ ラガマフィンへにほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウルタ君のおさがりを着る

2017年02月15日 | クル者拒まず




寒い日が続いております。
クルシャ君も冬毛でもふもふとはいうものの、寒さが厳しくなって
参りますと、くしゃみをしたりしています。そこで猫用のシャツを
着せることにいたしました。





新たにシャツを用意するよりも、ウルタ君のシャツが箪笥の引き出し
いっぱい保存してありましたので、整理しがてら、クルシャ君に着せて
みております。








まあ、御覧の通り、ぶかぶかです。

ほんの10分ほどでこの服からクルシャ君が抜けてしまいます。








ウルタ君の服はサイズ表記では2LまたはLLとなっています。それでもみっちり
していました。しかもLLサイズ表記の服でも小さくて着られないものが
多くありました。その、ウルタ君が袖を通せなかったサイズのものをクルシャ君に
合わせてみたのですが、これがまた悉く大きすぎる。







うふふ


おかしいですか?







くるにはサイズの合わない服、飼主には効かない風邪薬


それね、たぶんだが、飲み過ぎていて効かなくなってる。






こうしてみると、ウルタ君の服よく似合ってますけどね。








とっても暖かいですよ。ウルタさんの服


ありがとう、クルシャ君。







脱げないようにじっとしてみます


こうしてみても、明らかに大きすぎる。




水のソーテール8: 蛇女エデムとナイフ頭のタウィスカロン (うるたやBOOKS)
クリエーター情報なし
うるたや



にほんブログ村 猫ブログ ラガマフィンへにほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

























コメント
この記事をはてなブックマークに追加

早めのひな祭り

2017年02月13日 | クル者拒まず



























クルシャ君、去年くらい、いや長年ずっと知りたいことがあったんだが、
ひな祭りのお菓子ってあるよね。ひなあられ、菱餅だが、菱餅って旨いのか?






こんな感じの餅ですよね


色味はそんな感じ。

だが、毛は生えてない。






ふわふわかふかふかでドライよりウェットなら
美味しいんじゃありませんかね。




実に猫的な回答ありがとうございます。






近くに京雛の店があるから覗いてきたのだが
京雛というのは所謂浅草橋あたりの雛人形とはまた違う趣がある。








ふわふわかふかふか


寝てますね。





こんな感じだ。

『口遊註解』によれば、婚礼時に人形が結納品として供えられ、かつ
妙な話だが「セキレイの像」などもそこに加えたのだという。
この「鶺鴒(せきれい)の像」であるが、幼い夫婦のためにそれとなく性教育を
示唆したものであったという。小川あたりで鶺鴒が地面に居るところを観察
していれば、かの鳥が独特な動きをして居るのがお分かりになるでしょう。
これ以上言い出すと、敬愛する南方熊楠先生みたいになっちまうので、止めます。






貝合もあるぞ。

この貝合わせだが、現物はなかなか小さいものだ。

大和ハマグリ自体が稀少なので生産数も少ないはず。
工芸品の伝来品でも、すべて揃っているものは少ない。
欠けたり失せたりしているのです。同じ貝でないと決して接合しない
ということから、これも婚礼の品として用いられた。
ちなみに、ぐれる、なんていいますが、あの不良がクレるのぐれる、の
語源は貝合の貝が合わないことを「はまぐり」をひっくり返して「ぐりはま」と
呼んだことが語源である。不適応すなわちぐれている、ということですな。
そもそも何故婚礼に、とかやるとまた敬愛する南方熊楠先生みたいに
なるので止めておきます。





なかなか細密であります。たしかに、簡単に欠けそうだ。


しかも残念なことに、この貝はヤマトハマグリではなかった。
既に入手もできなくなっているらしい。







このような姿で婚礼、できる場所は京都にあります。
せっかくだから、京人形のようになられてはいかがか、と誰かに
言っておきましょう。












水のソーテール1: 洗礼の天人 (うるたやBOOKS)
クリエーター情報なし
うるたや




にほんブログ村 猫ブログ ラガマフィンへにほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クルシャ君、シャツを着始める

2017年02月11日 | うるな日々



飼主は、また今年の厳冬期に風邪をひいてしまいました。
相当注意しているのに、どこかでもらってきてしまうようです。
熱は出るしなんだしで、結局四日ばかり伏せっておりました。
その間、気になっていたのはもちろんクルシャ君のことで






頼むから、こんなときに君まで風邪ひいてくれるな
などと、ベッドに上がってきて遊びたがるクルシャ君に
何度も言い聞かせたものです。

いやいや、高熱出しながらクルシャ君を病院に連れて行くとか
考えたくない。









外装工事は、ついに我が家の自慢の煉瓦ベランダにまで到達。
また騒がしくなるね。ごほごほ。








向かい側は、去年と変わらないように見えるのですが、通りの北側
では揃って整地、再開発、改装が進んでいます。人手不足なので
工期も長くなります。つまり、しばらくまだ煩いってこと。げほげほ。







風邪が良くなってきた頃、とにかく最大のリスクであった
「クルシャ君の風邪」予防のために、彼の背中を温めることにしました。






御覧のように、シャツを着せてみました。

そんなに嫌がることも無く、サイズさえ合えば、着続けてくれます。

これ、温かいのだろうか?









悪くない、というより
なんだか眠たくなりますね





成功かもしれない








水のソーテール7: 海のアシラト (うるたやBOOKS)
クリエーター情報なし
うるたやBOOKS



にほんブログ村 猫ブログ ラガマフィンへにほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本棚の上のクルシャ君

2017年02月09日 | クル者拒まず


この日あたりから、飼主の住んでいる場所で工事が始まりました。
外装の一新がされるようで、午前中からしばらく騒がしい日々が続きます。






そんなとき、クルシャ君は壁の向こうの音に常に敏感であることから、
工事に伴う低音が気になって仕方ない。

こうして音がよく聞こえてくる壁際をうろうろしていますが

そこは本棚の上なのだ。





本棚の上を歩く猫




壁の向こうのある一角を気にしているのが分かると思います。
同時に、聞こえてきますね。工事音のようなものが。
決して効果音ではありません。

何をしているのかと、飼主が気にして名を呼ぶと






その場でねこのび。

気にはしているけれども、ストレスにはなっていないようです。








工事音や戸外の音がストレスになってしまう猫もあるかもしれません。

クルシャ君は病弱ですが、ストレスの対処は問題なくできている
ようです。






やはり気になる、か?









工事音の源を探るのにもしかし、飽きてきたので、飼主で遊ぼうかな、と
いう顔をしております。







きめました



いやもう、遊ぼうかなって顔してた時点で決まってたでしょう。







日没の背後にある山 (うるたやBOOKS)
クリエーター情報なし
うるたや





にほんブログ村 猫ブログ ラガマフィンへにほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アリアンと壬生浪

2017年02月07日 | 女神アリアン



アリアンに会いに行きました。
毎日見ていると、おそらく違いが分かりづらいのでしょうが、しばらく
日を置いて会うと、彼女の毛並みの変化には毎回驚かされます。






その複雑な毛色と、換毛を経ることから来る印象なのは分かっていても、
毛の質から長さ、微妙な色まで変化していくので、まるで季節の花の
ような変化があります。






キス

おそらく、年齢によってもまた見た目が変わっていくんですよね。
こういう驚きはクルシャ君にはあまりない。







こちらの猫、上のイラストを見れば分かる通りの性格です。
変わらないといえば、この性格というか生来の気質くらいか。







行く先に着いてきてくれるので、一番いい顔を狙って撮影することができました。

静かで穏やかな時間を何より愛するアリアンです。








アリアンの望みがいつまでも満たされているように、飼主も協力するよ。


また、来ますね。

その帰り道








壬生浪を発見。

マフラーといい、これ多分元は仮面ライダーだよね?








水のソーテール6: 臍行者 オンパロ・プシシック (うるたやBOOKS)
クリエーター情報なし
うるたや


にほんブログ村 猫ブログ ラガマフィンへにほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村


コメント
この記事をはてなブックマークに追加