保険の見直しは今です

保険に入っていれば安心です。
安心してそのまま何てことにならないように保険の見直しをしましょう。

保険見直し 団体信用保険により必要保障額が変わる

2017-07-29 18:01:29 | 保険
団体信用保険により必要保障額が変わる

住宅ローン契約には、ほとんどの場合「団体信用生命保険」がついています。

この保険は、契約者が住宅ローンの返済途中で万一死亡した場合、以降の返済が免除されるというものです。

つまり、残された家族は住宅ローンを返済しなくてもいいということになりますので、その分、今まで加入していた死亡保障を削減できる可能性があるのです。

また、団体信用生命保険が付帯されていない住宅ローン契約をされた場合は、住宅ローンの名義人に万一のことがあると、残された家族に返済義務が生じますので、その分も含めた死亡保障の確保が必要となります。






保険の相談をしたら保険料が安くなりました。

希望の時間・場所に来てくれるから楽です。

 ⇒ 保険マンモス 無料相談 親切丁寧でした。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 保険見直し ケガ・病気を保障... | トップ | 保険見直し 今の保険に不安を... »

保険」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL