保険の見直しは今です

保険に入っていれば安心です。
安心してそのまま何てことにならないように保険の見直しをしましょう。

保険見直し 保険契約は誰のもの?

2017-03-20 18:12:21 | 保険
保険契約は誰のもの?

生命保険の契約は、お金を支払っている契約者の固有の財産です。

契約内容の変更や解約などを行う権利は、契約者にあります。

ですから、自分の意思で加入する保険の契約は、自分が契約者になるというのが基本です。

単に利便性や管理のしやすさなどを理由に、夫婦や家族のあいだで契約者を曖昧にするのはなるべく避けるべきです。

例えば、夫の勤務先で生命保険会社と団体取扱契約がある場合、妻の保険の契約者を夫にすることで団体料金の適用を受けられ、保険料が割引きになるというメリットがあります。

しかし、契約者となっていない妻には、解約や「契約者貸付」を受ける権限がないという点に注意してください。

また、保険の契約は、契約中は契約者の固有資産ですが、保険金を受け取る際には、保険金受取人の固有資産となります。

そして、契約者が誰であるかによって、受け取った保険金にかかる税金の種類に違いが生じます。






保険の相談をしたら保険料が安くなりました。

希望の時間・場所に来てくれるから楽です。

 ⇒ 保険マンモス 無料相談 親切丁寧でした。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 保険見直し 教育費が終わったら | トップ | 保険見直し 離婚してシングル... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL