矛盾偽善の無い完全真理と自己縮小=孤独と自由=頑張らない~楽になるブログ

個人意識丸出しながらも、欲張らない、見栄張らない、頑張らない、無理をしないで楽に生きる実践

私は正しいと善人ずらして悪と闘えば…すでに善人ではなくなり同じ極悪非道の悪魔が如き所業にもなるのです。

2016年10月17日 | Weblog
精神世界の学識知識を持っている人ならば…この世が闇意識に覆われている…ことを知っているものと思われます。

しかし奥深くまで追求したことがあるでしょうか?

例えば十戒のモーセが海割れ現象で追手の兵士を溺れさせたことが正義のように思われていますが…しかし言われるままに従った兵士には罪がありませんから、その罪のない人を殺したことになるのに…何でそれが神が如くに祀られていることに矛盾があると思いませんか。

しかもあれはダメこれはダメと書いている十戒が世界初の憲法が如くに言われていますが…神が如くに言われる者ならば…自由平等平和の世界にすることが本来なのに…人を平気で殺しながら偉そうにしたり、また自由平等をはく奪することになる束縛制限支配したり否定反発することを主導するのは変ではありませんか。


また日本初の憲法を掲示した聖徳太子が自分の勢力を拡大しようとして他の部族を侵略して滅ぼすことが正しいとしていることに疑問を持ちませんか。

また天下泰平が長く続いた徳川幕府を倒して文明開化の明治維新となりましたが、それが他国を侵略する軍事力にもなり世界大戦になったことに違和感がありませんか。

またアメリカがフセインを悪人に仕立て上げて侵略し破壊し人民や兵士の大勢が死傷したのにそれが正しいことだったのでしょうか。

まだまだ書き足りませんが・・・
とにかく私は正しいの正義で動いて戦うことが本当に世のため人のためになるのでしょうか…
またその敵対する者を悪人仕立てにすることに疑問がありませんか。

然るに私の見解からして・・・私は正しいと善人ずらして悪と闘えば…すでに善人ではなくなり同じ極悪非道の悪魔が如き所業に変わるのです。

とにかく己を守るために闘えばそれが大ごとになるのは間違いありません。

だから戦わずにして逃げるほうが大ごとにはならないのです。

然るに逃げるが勝ちなのです。

なのに逃げずに立ち向かうから尚更に互いが強力な力を使うことになりそれが悲惨な結果になっているのです。

しかも逃げずに戦ったことで己の命さえも失う結果になったり、それどころか極悪非道の片棒を担いだことにもなるのです。

そしてその結果が(先に書いたように)良いことばかりではなくて悪いことにもなっている矛盾があるのです。

然るに…人殺し戦争でなくても…私が正しい…からして敵方・敵対心を作ることになるから…その守り闘う意識が<闇意識>となるのです。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 何で…この世に精神世界がある... | トップ | 己の意識が原因で結果が出る... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。