矛盾偽善の無い完全真理と自己縮小=孤独と自由=頑張らない~楽になるブログ

個人意識丸出しながらも、欲張らない、見栄張らない、頑張らない、無理をしないで楽に生きる実践

矛盾偽善のこの世人間関係からして絶対に納得人生にはなりません…それで宜しゅう御座いますか…

2016年10月14日 | Weblog
私たち人間は「良い悪い」善悪優劣損得で判断し比較競争して<差>をつけたがる特別意識を持っていることからして不完全で矛盾する生き方になっている元からしての偽善者です。

しかも自分さえ良ければの個人意識からして自分の都合で動いています。
だから好き嫌いで動いている事実があります。

然るに優しさ思いやり親切も人情も愛情も自分の都合次第・好き嫌いの判断でやっている事実からして矛盾と偽善の行為になるのです。

そして「此れではダメだ、何とかしなければ」の不満と欲からして動くことにもなっています。

だから己の思い思惑理想目的のために事を成していますから、それが例え人様のためと思ってやっていることであっても…自分の思いを成すためにやっている偽善になるのです。

何はともあれ…意識が原因からしてその結果が出ている事実からして言えば…
誰も皆が持っている矛盾意識・偽善意識でもって何を成せども(隠したり美化したり正当化しても)同じ矛盾偽善結果になるのです。

だからこの世人間関係は「どうしようもない」となるのです。

そこで…どうしようもない人様のことはほっといて…孤独の自由にして独自独歩の自力と自信の精神力でもって…己のために&また人様のために&また自然環境のためにも…素朴謙虚に生きていく自己縮小しか他に道がないと「此れしか無い」と書いているのがこのブログです。

然るに何度も書いていることだから理解できている人もいるとは思いますが・・・
しかしその自己縮小が無理な人ばかりだと言っても過言ではありません。

その理由が家族関係から離れられない自分の都合があり、また趣味嗜好娯楽・変化刺激・快感快楽から離れられない欲目・色目であり、また自分を守りたがる見栄・世間体・プライドからして無理になっているのです。

しかも…自己縮小をしなければならない…と思い考えての先付から始まることには無理が多くて途中で挫折することにもなったり、また思い通りにならない思惑違いからしてその不平不満を持ったままの納得できない生活が続くことになるかもしれません。

だから大方の人には自己縮小の実践が無理になるのです。

となるとあとは「成り行き」次第で成る様になるだけです。

それが倒産破産や退職・リストラ・離職であったり病気やケガや災害や離婚別居だったり、また誰もが公平にして訪れる老後であり、これまた公平なる死に至るまでの経緯も自己縮小に当たります。

ちなみに私の場合は(過疎地暮らしが仕組まれる以前の)妻との歯車が大きくずれたことがキッカケにあるのは事実です。
だから夫婦円満にして暮らしていれば…たとえ仕組まれたとしても…夫婦仲良く街中で暮らす方を選ぶことでしょう。

ところがしかしその夫婦関係・セックス関係=円満な関係が=ずーっと続くことは絶対にありません。
何たってお互い様でもって自分の都合・自分の好き嫌いでくっついているだけの(いつ別離になるかもしれない)仮の姿形であり偽善の形だからです。

しかしそれでもお互いが頼り頼られる依存関係・セックス関係となって何とか続くでしょうが・・・それでもって人生が終わるのでは・・・何かやり残した未練や執着があったり、また煮え切らない不満からして(裏切られた感情からして)人を恨み妬み、またその苛立ち・やるせなさ・腹立ち怒りさえ持ってあの世へ旅立つことになるかもしれません。

しかも死に至るまでの老後生活・夫婦生活も歯車が合わないままに何やら虚しそうで味気ないかもしれませんし、しかも認知症でもって共に介護し合うという大変な事態にもなりそうです。

何はともあれ納得人生で終わるはずはありません。

となると私のように…成り行きからして妻から離れ・しがらみから離れた・孤独の自由にして・思うがままに・呑気気まま楽ちんにして・なんも気にせずに・喜怒哀楽もない・穏やかな精神でもって・衣食住に恵まれた地上の天国を味わっているし、
しかもブログに書いているように…此れしかなとばかりに…納得確信して暮らしている私の方が賢い生き方に思えませんか…どうでしょう・・・

とにかく誰も皆が遅かれ早かれ自己縮小の憂き目にあうのは絶対ですから、だから今のうちに先駆けて自己縮小の実践を始めて損はありません。

しかも実践をしていると先行きまでが見通せる精神意識にもなれるのです。

しかも楽しく生きることよりも「楽に生きる」ことのほうが何やら面白くも楽しくもなるのです。

然るに個人意識丸出しや貧乏丸出しで生きることが(心がけ次第・意識次第で)面白くも楽しくも変わる…その実感をも味わえるのです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 以心伝心・テレパシーを授受... | トップ | 人為人工的な精神世界や趣味... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。