矛盾偽善の無い完全真理と自己縮小=孤独と自由=頑張らない~楽になるブログ

個人意識丸出しながらも、欲張らない、見栄張らない、頑張らない、無理をしないで楽に生きる実践

人間だけは「どうしようもない」と書き続けているのですが・・・性根に入っていないようです。

2016年10月01日 | Weblog
何度も書いていることですが、この世は結果であり原因はあの世です。
だから結果であるこの世は元からしては無かったことになります。

ところが必然の仕組みからしてこの世である宇宙・地球・自然界・人類・万物が創造され、しかも共に進化しています。

ちなみに空気も水もなかった地球に植物生物が現れ進化し、やがて恐竜時代が始まり進化するも終わり、やがて人類が現れ今も進化していますが、しかしその人類時代も宇宙の仕組みからして終わる時が来ます。

その人類時代が終わった後がどうなるかは定かではありませんが・・・
医科学が進化した世界ではなくして、自然現象・超常現象が進化して、

もしかしたら必然ご縁の仕組みからして(前兆前触れが如くに)起きている諸々の摩訶不思議な異次元現象とか現実事実にして見ているUFOや8年間連続で見ている謎の発光体が飛び交うのが不思議ではない当たり前の次元の世界になっているかもしれません。

ちなみに大きのや小さいのや様々な形のUFOがどこにでもしょっちゅう現れたり、8月9月になると謎の発行体がホタルが如くにどこでも見られるようになったり、

また多くの人が以心伝心・テレパシーが出来たり・犬猫や草花の意識と通じ合ったり、幼子からして超能力や霊感や念力が当たり前のようになったりするかもしれませんから、

此れまでの驚くようなことが大して気にもならなくなり、その表れ出た結果事実を見るだけになると思います。

何はともあれ宇宙の進化の原因・仕組みからしてこの世の三次元界が終わるのは間違いないでしょう・・・

とにかく原因であるあの世が衣食住などの形のない世界であって、永遠の命意識を持つその意識体の世界、俗にいう霊魂の世界・想念の世界なのは、この世の道理理屈真理からしても確かなことになります。

然るにこの世には見える姿形の万物が実在していますが、その原因となる万物の意識命となるもの、然るに人間ならば精神・心・魂といわれているもは見えません。

ちなみに人間が感情的になって怒るとそれが肉体を通して見える形にはなりますが、しかしその感情体は内にあるから見えません。

またUFO現象のように「見える形」になって現れた時だけ見えるが、その形が消えれば見えなくなるという異次元世界があります。
だから8年間連続で8月9月に現れている謎の発光体のように…光った時だけその形が見えるが光が消えれば見えない・無になります。
ちなみに光って見えているときにライトで照らすとその姿形が消えて見えませんがライトを消すとまた光った時だけに見えるかっこうになっています。

然るに俗世間で・・・あの世には天国地獄があると言われていますが・・・しかし見える形が無い世界ですから絶対に見ることはできません。

と言うことは・・・天国地獄は己の中の思い意識・心精神・魂にある事なのです。
だから貧乏丸出しながらもそれを天国と思えば天国になるのにそれを地獄に思う人も大勢いることでしょう。

然るに喜怒哀楽も己の中にある事です。
だからその喜怒哀楽を無くしたければ、己が喜怒哀楽に思わなくなるだけで消えて解決しますが、しかし思い執着する限りは続きます。

そんな簡単なことが何だか難しい事のように言われるのも、皆して執着しているから難題にも思えているのです。

なのに多くの人は不満丸出し、不信感丸出し、感情丸出しにして苛立ち嘆き怒り、しかも私は正しいと主張して、結果的には苦悩が続きます。

然るに何度も書いているように・・・己の不満欲からして何か大ごと成して世間に目立とうと頑張り欲張り見栄張るから、然るにミイラ取りがミイラになり墓穴を掘ることにもなるのです。
しかも既に己が掘った墓穴から抜け出せなくなっている人も多いことでしょう。

とは言っても時たまに上手い具合に事が進んで満足するのもあります。
しかしその満足があだとなってそれ以上の結果を積み上げようと欲張り見栄張り頑張れば、結果的には墓穴から抜け出せないでいるのと同然になります。

しかもその事実に気付いたとしても、しかし結果的には元のさやに戻って同じ繰り返している人も多いことでしょうから、
然るに人間だけは「どうしようもない」と書き続けているのです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日で5日連続で謎の発光体... | トップ | 井の中の蛙・同じ穴の狢・皆... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。