矛盾偽善の無い完全真理と自己縮小=孤独と自由=頑張らない~楽になるブログ

個人意識丸出しながらも、欲張らない、見栄張らない、頑張らない、無理をしないで楽に生きる実践

「私は正しい」を捨て「孤独の自由」を味わえるようになれば…生きている真価価値までも味わえるのです。

2017年05月15日 | Weblog
このブログが2008年1月に開設され、延べ1130000pv350000ipとなっています。
そして投稿ページをすべてプリントすると分厚い専門書数冊となることでしょう。
しかも…どのページを広げても矛盾偽善のない真実事実が書かれているし…基本的には完全真理とその自己縮小の実践に係わる揺ぎ無き一本道となっています。

ちなみに一日150人から200人が訪れ、一人が3ページほど閲覧していますが…
目新しい投稿ばかりではなくて相当古いページに幅広く来られています。

概ねにして一日100人ほどの人は…古いページ・バックナンバーを探し当てて読まれている人が多いということですから…その分だけ好奇心を超えた真剣で真面目さ熱心さが伴っていることにもなります。

ちなみに必然ご縁の仕組みの中に…似た者同士が集まることからして…このブログに訪れる人の多くはこの世人間関係に違和感を感じている・人間関係に疲れている・どうすることもできない苛立ちや孤独感を持っているものと思われます。

然るに2012年04月20日 投稿ページを「孤独感の原因」で検索してこられる人が毎日数人ほどいられます。

ちなみに私が過疎地暮らしを本格的に始めるきっかけの中に…妻との波長が合わなくなっての孤独感があります。

そして妻との関係から解放されたことで…孤独の自由…の有難さが味わえるまでになりました。

ちなみに5年ほど前に定年退職にして生まれ故郷に単身で引っ越してきた男性が近くの集落にいましたが、時折ご縁があって交わす会話の中に奥さんと離れて暮らす孤独の自由を喜んでいましたが、何故か今年の4月から奥さんと同居することになり、どうやら(私と奥さんとの会話で察するに)夫婦してイライラする毎日が続いているようです。

ちなみに私からすれば孤独の自由を味わっていた旦那さんのほうが如何にも可哀そうに思えています。
然るに夫婦関係が戻ったことで良いことも悪いこともあるその矛盾を味わっていることになりますが、良いことはすぐに忘れるが悪い面には執着するのが人間だけに困ったことになるのです。

私にすれば孤独の自由を味わっていれば絶対的に孤独感になることはないと確信しています。

また持病や老後や死を気にしている人ほどその意識が原因からしてストレスを溜め込み先々が不安定にもなりますが…
私のように過去も現在も未来も何ら気にすることなく、また重病や死から守り闘うことなく平然と向かい入れる覚悟があるだけに、
それだけストレスから解放されていますから、たぶん認知症になることも重病で困り果てて死に至ることにはならないとしての自信があります。

然るに「孤独の自由」があれば不満となる欲や見栄も次第に消えていきます。
何たって見栄や欲があれば孤独の自由になれないから…捨てるしかありません。

何はともあれ…私は正しいからして人間関係の不満が出てくるのも当然なのです。

それだけに…私は正しいからして病気や怪我や死に対して「守り闘う」ことがなければ…精神安定にしてストレスから解放されます。

ちなみに様々なアレルギー体質の人がどんどん増えているのも心身のストレスが原因にあるのです。

またストレスが脳細胞を破壊していますから認知症にも関連しているとお思います。

何はともあれ「私は正しいからして=守り闘うこと」がストレスの原因なのです。

だから「私は正しい」を捨てて「孤独の自由」を味わえるようになれば…生きていることの真価価値までも味わえるのです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« このブログの実践を善悪優劣... | トップ | 自己縮小することで「地上の... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。