矛盾偽善の無い完全真理と自己縮小=孤独と自由=頑張らない~楽になるブログ

個人意識丸出しながらも、欲張らない、見栄張らない、頑張らない、無理をしないで楽に生きる実践

洗脳となる常識・必要悪・矛盾偽善意識の集合体・闇意識に牛耳られている事実。

2016年11月12日 | Weblog
常識からして犯罪は悪です。

そして潔癖症・完璧主義の人ほど犯罪を許せません。

しかし人間には善の心がある反面悪の心もあります。

ちなみに私も陰でごそごそと悪さをしていた数々の事実があります。

ちなみに野球のルールで言うところの人のすきを狙って・目を盗んで盗塁まがいを何度もしています。
然るに露見すれば犯罪になるようなこともやっていました。
また実行するチャンスがなかったが悪どい企てを考えてもいました。

それだけに犯罪を憎むことはありませんでした。

しかも被害に遭う原因の中に己の責任の一端もあると素直に気付けるから…その被害損害や搾取詐欺的な被害をこと荒立てることもしませんでした。

然るにお互い様の意識があったのです。

またそんな意識からして私が大ごとに合うこともなくこられたとも思っていますし、この先も大ごとに見舞われることもないだろうとも思っています。

とにかく生まれた時からして極悪人はいません。

だからその極悪人を作ったのも私たちに一端の責任があると思います。

然るに小さな犯罪を許せなかったのが事の始まりだと思っています。

ちなみに小さな犯罪を許し続けていれば、いつの日か目覚め気付き、自らが悪どいことをしなくなるのも・善の心を持った人間だからです。

しかも悪どいことを繰り返していただけに裏の善なる心が大きく出てきます。

すなわちお互い様・お陰様の意識が育ち出てきて犯罪を憎まなくなるのです。

ちなみにイエスのような悪を憎み滅ぼす善一元・完ぺきではなくして、釈迦のように悪を憎まずにして許せる心が人間関係に必要なのです。

そうなれば小さいうちに終わり・人の優しさからして省みて修正されますから・事が大きくなる極悪非道なことをする人が出てくることにはなりません。

ところが豊かな愛情感情を持っているがゆえに、その感情が高ぶる人ほど善悪の感情・好き嫌いも高まるのです。

然るに人情愛情が憎悪にも変わるのです。

またそれが仕返し仇討ち報復復讐にもなるのです。

然るに犯罪者を責め立て極刑を求めることにもなるのです。

ところが己や家族が犯罪者になった時は人情愛情を前面に出して軽い罪を願う得手勝手なところがあるのです。

ところが私のように善悪好き嫌いの感情が出にくいタイプはその分だけ冷静ですし執着もしませんから事が大きくなり難いのは事実です。

何はともあれ己の心に素直に問いかける・自問自答することで・それが反面教師にもなる事実があります。

だからそれだけ多く気付くことにもなるのです。

とにかくこの世人間関係は尋常じゃないのです。

然るに矛盾偽善の集合体・闇意識に支配され牛耳られているのですから、先ずはそこから抜け出す手立てを自問自答しては如何ですか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 愛で生きる道筋・人間進化の... | トップ | 尊いはずの自然界を壊して大... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事