闘病記

心臓血管に不具合が起きて治療のための入退院の備忘録

哲学と悟り

2014-02-26 12:53:15 | ひとり言

う~、気持ち悪ぅ

何かしていないと不快感に集中してしまいます。

ブログでも書きましょう


そうです。昨日は哲学的悟りがありました。

自身では血管の詰まりが進み
そのうち心筋梗塞のコースと希望的思い込み。
まあ、思いこもうと予想通りにいくとも思っていませんが…
願わくば!

余病などを発症し思わぬ苦痛が待ちうけているとも限りません。
あくまでも私的予想であります。


その希望的予想は昨日の検診で見事に外れました。
外されました


私の終焉は遠い彼方に引き伸ばされてしまいました。
いつ果てるともないこの苦痛を耐え続けなければなりません。



私は運命論者ではありませんでした。。

お友だちは言いました。
「DNAによって…」

運命は組み込まれているのでしょう。
千差万別、個々人によって全く異なる運命が
組み込まれているのかもしれない?


運命はいつも思わぬ方向に展開してゆく。。


昨日の医師の診断を思い起こしてみても
私の先は霞みの向こう。


苦しさ故に命を縮める算段をし、
運命に抗ったところで無駄である!

この世に生を受けたとき既に
運命は決められていたのかもしれない !?


命ある限り生きねばならない。
仕舞い支度をして準備を整えてみても迎えなどこない。


それならばこれから先、残る歳月をどう生きるか??
この情けない体で…



ああ、私のあの頃は「行け~~~!」
前に進むことだけ考えて決して振り返ることをしなかった。
肉体は弱くとも心が丈夫だった!

今は肉体同様心まで軟弱。

いつから?
新潟に越した頃から…
病気につぐ病気が始まった頃から
心を先にやられてしまった。。

みすぼらしいこの心意気。


さて私を元気にする物といえば、
カメラ、パソコン、本、その他~
目の色が変わったりする。

が、遠出が出来るわけではない。
車に乗れば車の振動が苦しいのだから。。


治療もしないうちに命の先延ばしをしていただいた。
有難いような、ないような


運命はDNAの結論に納得する。
これは哲学であると思う…。。?


『闘病』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« そんなに喜ばないで | トップ | 心変わりしないでね »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。