闘病記

弓部大動脈瘤、冠動脈狭窄による狭心症との闘病備忘録

採血検査結果

2011-03-15 23:30:06 | 掛かりつけ内科医

2011年3月15日


検査結果を受けたがやはり数値的に異常は見られない
総コレステロールが若干高め
悪玉も高め
中性脂肪は下がっていた
尿酸値は相変わらず7以上で下がらず
(薬の副作用か、私の体が大きな手術によって変調を来たしたか?)

病気と言えるほどの数値でもなく、
血液検査で見る限り健康そのもの(???)

これを不定愁訴というか?

① 背中の神経痛が起床と同時に疼き始める(家事を長時間続けられない)
② 同時に肩から鎖骨にかけて筋を違えたかのような痛み
③ 相変わらず鳩尾付近が引っ張られる感あり
④ 声が出ない
⑤ 息が出来ない お願いだから息させてください
⑥ 空咳が止まらない
⑦ 閃輝暗転が未だに(たまにだけど)起こり目が見えなくなる
⑧ 入浴後の疲労で半死半生状態に陥る

でも数値は健常者。



今もこの時期も殆ど変らない症状。
精神的? 不定愁訴?


3月はこんな状態だった。

『闘病』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« CTで内耳の火傷の思い出 | トップ | 見捨てられた患者 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

掛かりつけ内科医」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。