弓部大動脈瘤 予後

人工血管置換術後から痛い、苦しい8年の闘病備忘録

腹部大動脈瘤検査

2017-08-10 16:27:28 | 家族、親族の病気

昨日は朝7時20分のお迎えタクシーで心血専門病院へ出発。
1番に呼ばれて重厚な医師による診察、先ずは問診から。

紹介状により触診を受け、2か所で医師が唸りましたと。
夫真っ青。

これは病田さん、腹部だけでなく、胸部も全部検査しましょう!
夫真っ青。

採血、心電図、レントゲン、造影CT、肺活量、超音波と検査が続いた。

午前中いっぱいかかって検査内容により医師の診断。

「病田さん、私の勘違いのようで、あなたの検査結果では何も出ませんでした。
 全身の血管も心臓もきれいでした。ほんの少し中性脂肪が高いだけです」

ということで健康ですの太鼓判を押していただきました。
だから私が言ったのですよ。

あの血液検査で動脈瘤があり得ない!!! とね。
動脈瘤や狭心症を起こす人の血管はコレステロールが高く、
喫煙が必須項目のような人、飲酒、暴飲暴食、高血圧気味、
睡眠不足が必須要因(-_-;)

こういう要因がないとそういう病に罹患しないのです。

で、夫に癌は?と訊ねると、訊かなかったという答え。
私が心配したのは動脈瘤ではなく、癌だったのですよ。

つっこみを入れない夫に不満を言うと「お母さんはすぐ病気を作る」
と返します。

私の病気も含め、自分の病気を作ったのも夫なのにね。
ぶち切れました、私。

それより何より癌が心配だったので乳癌検査を定期的に受けている姉に
電話で訊きました。
すると検査はCTで受けるそうで、癌はCTに出るようですね。

夫は造影CTまで受けてきれいな体と言われたのですから癌ではない!
ということのようで本当に安堵しました。


私の7月は胃カメラ検査が必要だったのですが、この一連の夫の
病気騒ぎで行けませんでした。

面倒くさいんですよね。胃カメラ。
バイアスピリンも服用していますし、大丈夫かな?(出血とかね)
今のところ全然病院に行く気がありません。

大腸は腺腫を除去してるし、胃は癌前期の萎縮性胃炎なんですよぉ。
でもまだ痩せないので大丈夫でしょう。

今回の夫の顛末はこれにて一件落着のようです。

私なんて腹部に3つも動脈瘤を今も成長させてるんだぞ(≧▽≦)


『闘病』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 腎臓療法食 | トップ | 夫の腹部大動脈瘤検査結果 »
最近の画像もっと見る

家族、親族の病気」カテゴリの最新記事