goo

3箇日日記 


1月1日(日) 

松江駅の南を東西に流れる天神川べりをぶらぶら歩き、たった一つ開いているイオン松江店
に行ってみた。(3階建ての店舗)駐車場が満杯で車が道路まで列を作っている。
福袋を求める人で大賑わいだ。のぞいただけで何もせずに帰って来た。

1月2日(月)

島根県立美術館で新庄二郎の浮世絵コレクションを見た。
浮世絵自体は、これまで何回も展示されていたのでそう目新しくはなかった。
ただ新庄の父は伊勢宮町(新大橋の南)の遊郭の経営者だったとある。
彼が浮世絵蒐集家になったのには遺伝と環境の力があったのかも。
また「遊郭」という語が堂々と展示されるのを初めて見たような気がする。

1月3日(火)

松江歴史館で「国を動かした出雲人ー若槻禮次郎と岸清一」を見る。
ふたりとも県庁前に銅像があるが、戦争中に金属供出にあって
戦後再建されたとのこと。道理でデザインが古めかしい。

岸清一(1867-1933)は近代スポーツの父、1924年パリ・1928年アムステルダム・1932年LAオリンピック大会に選手を率いて行ったが、体育会系ではなく、東大法科を出て終始民間で活躍した国際弁護士であったとか。

若槻禮次郎(1866-1949)は昭和初期2回首相を務め、ロンドン海軍軍縮条約(1930)に署名した。戦後鬼検事キーナンに「真の平和主義者だ」とほめられたので、ある種の人々には評判が悪い。身体も弱かったそうだ。場内に彼の講演テープが流れていたが、とても単調・地味で眠くなりそう。しかし彼の謙虚な人柄は生涯を通じて一貫しており、好感が持てる。

ふたりとも雑賀町(さいかまち)の出身で互いに遠い親戚でもある。
雑賀町は下級武士の住む街で、江戸時代から教育に力を入れていたようだ。
(鹿児島市加治屋町出身の西郷と大久保を連想させる。)
余分なことだが、Kの義母(96歳)は同じく雑賀小学校の出である。
認知症が進んだ今もプリントに取組んでいるのも、納得がいく。

最後に一言、前から思っていたが、歴史館の受付は、顔ではなく意欲と能力で選ぶべきだ。
少なくとも、客が来るやサッと背を見せて棚の整理に取り掛るような人では適任とは言えまい。来客への敬意のあまり、まともに見るのは失礼とでも思っているのか。戦前の皇族ならいざ知らず。奥の方で、客への礼状を手書きにしようなどと熱心に語っているのを耳にしたが、そんなことより、受付を正常化する方がよほどサービス向上になる。

訂正1(1月6日)
はじめ 岸洋一と書いたのは 岸清一 の間違いですのでお詫びして訂正します。
  (うーん、やはり物忘れ外来に行くべきか?)
訂正2(1月11日)岸清一は本日碑文を見たところ1933年没なので、1940年予定の東京オリンピック誘致に尽力と書くのは不適当かと思い、上記のように変えた。なお碑文が全部漢文なのに驚いた。建立された昭和10年とはそういう時代だったのか。                                  
⇒「若槻禮次郎」17-8-13
⇒「サービス」15-8-18
⇒「睡眠中」15-8-18
⇒「廃市」15-8-17
⇒「堀市郎とその父~」12-5-6
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )
« 柱時計 笑っておりま... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (セレンディピティ)
2017-01-04 13:44:34
あけましておめでとうございます。

お正月は美術館に歴史館と充実してすごされましたね。
松江のお正月は雪景色でしょうか...。

スーパーは元日から開いていますが
気分的には三が日はのんびり。
ようやく今日からエンジンがかかりました。

今年もどうぞよろしくお願いします♪
 
 
 
Unknown (Bianca)
2017-01-05 20:59:46
セレンディピティ様
新年おめでとうございます。
正月と言えば家族そろってお屠蘇をいただき、百人一首のかるたで遊んだ子供時代を懐かしく思い出しながらも、そうもいかず、いつもと変わらず出歩きました。幸い今年は雪もなく暖かでしたので、高齢者の姿が目立ちました。
セレンディピティ様は季節の行事をちゃんちゃんと取り入れて心豊かにお過ごしですね。
本年もそうぞよろしく。
 
 
 
Unknown (桃すけ)
2017-01-06 17:02:46
あけましておめでとうございます。ここで言うべでしたね。充実した3日間でしたね。
あなたと同世代ですから、お正月の過ごし方はほぼ同じです。祖母宅に集まりました。わが家は無頼な叔父たちがいるものですから、百人一首という上品な遊びではなく、花札です。子供たちも混じって。父の末弟はとても遊ばせ上手なので、子供向けのルールを作ってくれ、一応お金(お年玉)もかけるんだけど、最後は返してくれるの。楽しかったわ。夜になると大人だけのルールで始まるんだけどね。
今年の私は、足のこともあり近所の土佐稲荷神社に初詣をして終わりです。ここは土佐藩の蔵屋敷のあったところで、それなりに雰囲気のあるところではあります。
 
 
 
Unknown (Bianca)
2017-01-06 19:45:58
桃すけ様
充実したというべきか、空疎で慌ただしいというべきか?
(昔は元旦早々に出歩くなと言われた気もします。親戚へのあいさつは別として・・・)
あなたのお正月の思い出いいですね。花札にお年玉を賭けて、子供には後で返してくれ、夜になると大人の時間ってなかなか愉快。おじさんと言うものは親とは別の世界を広げてくれるのですね。
近所の神社にお詣りに行かれたそうで、良かったですね。
本年はまた行動半径が広がりますように。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。