goo

【映画】チェンジリング

2008 米 監督 クリント・イーストウッド 出演 アンジェリーナ・ジョリー ジョン・マルコヴィッチ レンタルDVDで鑑賞

チェンジリング(取替え子)といえばアイルランドの妖精物語に出て来て子供のとき、面白く読んだ覚えがあるが、1928年、アメリカ、ロスアンジェルス(LA)で起きた実話である。行方不明になった9歳の息子が、数ヵ月後にイリノイの警察に発見され帰ってくるが、別人だった。母親は当然ながら「これは私の息子ではない」と言い張って、体面を気にした警察に精神病院に放り込まれる。当時のLA警察は腐敗しきっていたようである。そこに一人の牧師が立ち上がり、母親の味方をする。外国映画には勇敢で実践的な宗教者がよく登場する。「波止場」「無防備都市」「さよなら子供たち」「マチュカ、僕らの革命」など米、伊、仏、チリの聖職者たちは忘れられない。

私が一番面白かったのは、前半の母親の必死さが警察の必死の糊塗をあぶりだすところ。後半で偽の子がしゃあしゃあと自白して警察のせいにするところであった。よく「女子供」というが、がんじがらめの巨大組織に向こう見ずに立ち向かうのはこういう「わきまえの無い」「ヒステリックな」女や子供なのであろうかと思った。また、宗教が世俗の権力から独立した時の強さを目の当たりにした。

イーストウッドは1930年生まれの78歳だが、いつもながらエネルギッシュな創作活動には感心するばかり。尤も、彼の持前のいかにも不安をそそるような色調は好きになれない。また、後半、怖いシーンが不必要に多いと思う。(精神病院の電気ショック、子供の殺害シーン、絞首刑のシーン)マルコヴィッチの牧師は好感が持てたが、ジョリーの母親はこれも不必要に美しい。この位にしないと観客は満足しないのかも知れないが、私にはちょっと強過ぎる。69点。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 5 )
« 【映画】ル・... 「百合子、ダ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
『チェンジリング』 (シネマのある生活~とウダウダな日々)
どれだけ祈れば、 あの子は帰ってくるの―?
 
 
 
チェンジリング (Yuhiの読書日記+α)
クリント・イーストウッド監督、アンジェリーナ・ジョリー主演の、ゴードン・ノースコット事件の被害者家族の実話を元にした映画。その他キャストは、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール他。 <あらすじ> 1928年。ロサンゼルスの郊外...
 
 
 
チェンジリング  CHANGELING (映画の話でコーヒーブレイク)
2月27日、雪混じりの雨の中、横浜まで出たついでにムービルで鑑賞。 メチャクチャ寒かった・・・です。 「チェンジリング」って?  ・・・ん?「チェンジング」じゃなくて「チェンジリング」? なんて思っていたら、 後ろに並んだ中年の女性がお連れの男性に「どうい...
 
 
 
チェンジリング (迷宮映画館)
見ごたえ十分、さすが(政治家)・イーストウッド!!
 
 
 
【映画】チェンジリング…私程度がツッこみする隙無しな良作、高評価。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
一昨日の記事でも「朝まで仕事」と書きましたが、昨日の朝も同様 15時間労働の末に朝10:00頃に帰宅。お陰でそのまま夕方まで寝ちゃって…昨日の土曜日は無駄に 今日もなんだか疲れてて、買い物に行っただけ。休んだ気のしない週末となっちゃいました 来週もお仕事は盛り...