わたしのちいさなたからもの

2009年11月公開の劇場アニメ「マイマイ新子と千年の魔法」を追いかけて

裏道、寄り道、遠い道~マイマイ探検隊7/10・13~

2012-10-17 14:17:15 | お出かけ

 出身小学校校歌歌詞の「 朝日かがやく○○岳 」のフレーズを、長いこと

《 朝日が昇ってくる方角にある○○岳 》と思いこんで

「 なぜ、学校の西にある○○岳に??《夕陽かがやく》でないの?? 」と釈然としないまま歌っていた在校時。

実は、 《 朝日( の光が 当たって ) かがやく ○○岳 》 なのだと理解したのは、相当経ってからの話。

 

…こういう(↑)情景を目にする度、つい思い出すとほほな思い出…

 

朝食前、当てなくふらついて行きあたった。(↓)

「こんなところにあったんだ」… 

 

思いもよらぬ朝の風の冷たさに震えながら宿に戻って、朝食。 お花見の時もお世話になったホテルあけぼのさんです。

実は夜明けもまだの4時半頃、隣室の 「よっしゃーーああっ!!!」 の雄叫びに叩き起こされたのだけど、

サッカーの日本×フランス戦あったんですね、知らなかったから驚いたのなんのって。

 

ルルサスに集合して探検隊開始。

監督が手にしているのが、各隊員に配布された昭和31年の防府の航空写真のコピー。

これは、これからの探検隊のお伴に欠かせません。

 

今回はビギナー班(探検隊参加2回まで)、エキスパート班(探検隊参加3回以上)に分かれて動きます。 

「庶務課の藤原でごぜぇます。お迎えに上がりました。」 

 

我々エキスパート班を乗せた痛車ならぬ痛バスは、海沿いへ向かって今まで通ったことのないコースを 一路爆走。

みそ焼きマイマイに使うもろみの製造でお馴染みの一馬醤油さんの建物(↓)。バスの中からちらりと。

ここの建物もゆっくり見てみたい。鉄道から南側(海寄り)は、なかなか自分では足を運ばない(運びにくい)せいか

まだ見落としている場所がいくつもありそうです。

しおさい市場に到着。 バスは、ビギナー班を拾いに市街中心へとんぼ返り。

 例の見晴らしの良い埠頭へ。スタッフのHさんからも

「 7回見たうち、今日が一番視界が良い 」と太鼓判のこの眺め(↓)。

 

 私のコンデジだと、これが精一杯。(↓) 

姫島(右寄りのぽこっと盛り上がっている影)と、国東半島(右側切れている向島のさらに向こう側に続いている平べったい影)は、

それなり晴れていた去年・一昨年にも見えなかった。

とかく天候に泣かされ続きだった探検隊も、嬉しいことに最近は良いコンディションに恵まれるようになってきた。

 

しおさい市場内にて。関東では見かけない魚がたくさん! (でも、今日は買って帰れない…)

 

バスが来るまでの間、開地跡入り口まで 足を延ばします。

同じアングル(↓)で去年の春も撮りましたが、今回は良い天気で別の場所のようです。 

 到る所で見かけるお札巡りの祠。

今日は、 あやしい看板の出現する界隈手前で引き返しました。当然、はりきり娘には遭わずじまい。

 

鐘紡町入口で、ビギナー班と合流。 ここは、例の(新子と貴伊子が初めて言葉を交わす)踏切前のポイント。

ここも、線路がなくなったり舗装されてしまったりと今も変わり続けています。

いざ、貴伊子ゾーンへ突入! 追跡してきた新子の気分。

絵に描いたような秋の青空。 モニュメント越しの山の稜線も、くっきり。(↓)

 クマん家前のブランコ。

 貴伊子ちゃん家前で。 

  ここでまた班別行動。エキスパート班は、イオンタウン近くで待機。 

 戻ってきたバスで勝間神社(↓)へ。 

今回も鳥居の上に石を乗せるのに夢中な人、複数。この習慣、山口特有だそうです。

ん~、私の知る限り少なくとも東北・関東ではない習わしですねぇ。 

  お船所の草を漕ぎ分けながら・・・野分の朝の露払い、の気分。

 ビギナー班に合流。

 

振り返ると、セイタカアワダチソウの黄色の波~コスモスのピンクの波。華やかな波の向こうは、かつての海。  

水路をたどりながら、国衙方面へ。 

 直角に曲がる水路へ。 

 

 水路伝いに、お屋敷の跡(発掘現場)へ。ここからまた来た道を戻って… 

 

 水門のある道へ。

 

 「ここ、今も国衙の停留所よ!」 

 

ここ(↓)が、1000年前からある国衙で一番の大通り(山側、北向き) 。

その1000年前からある国衙で一番の大通り(海側、南向き) 。

 

  すっかりお馴染みになった探検隊弁当(原作準拠)。毎度味噌の焼きにぎりが美味♪

 今日もまた。なんまいだ。 

 

午後の部、再開。

画面中央~左辺りが、ちょうどパネルを掲げるお二人の立つ場所。 

  
新子の家の近所へ。光子ちゃんの大泣きをバックに登場していたお大姉さまの祠。 

 

一升瓶を背に、積乱雲に向かって走った道。向こうに見える向島のシルエットは今も変わらず。 

 

再び道を北上、史跡の前を過ぎて「ドカン」の猿田彦の祠の前。向こう側の道を真っ直ぐ行くと、毛利庭園前。 

 

 旧山陽道を毛利庭園前から西進、佐波神社へ。

探検隊以外に散歩でも何回か来ているけど、午後のこの時間に来たのは初めて。 

 

 葉が茂って、昔の桑畑はやっぱり見えない。 

今年はコスモスが繁茂して、ハンモックがよく見えません。

反対側・1本向こうの新しい山陽道に回ろうとしていたところに、 滑り込んできたが車1台。

九州の土曜勤務の職場から直行で追いついてきたそうです。  ひゃっほう!

 角(↑) を曲がって、新山陽道に回って…

ハンモックのある場所へ。 

 「誰か目方の軽い人、乗ってみて~」

新山陽道から、佐波神社とハンモックの茂み(左)を見る。 (↑)

今度は、新子の通学路へ。 

佐波川の支流である 迫戸川と水路が立体交差する《水路のインターチェンジ》にて、

その道のエキスパートからの説明。佐波川方面にも水路・水門の見所があるそうです。

防府市内の到る所に張り巡らされた水路は、 先人たちの奮闘が生んだ遺産でもあるのでした。

 水路沿いに小学校へ向かう道すがら。

ここの流れとしだれ柳の調和はことさら美しくて、来るたび何度も写真に撮ってしまいます。

水底に落ちる影と、水面が映す空と雲・木々の色、流れのうねりが生み出すゆらぎ。

いくつも重なる光の層(映画でも美しく表現されていました)、その合間に潜む《 魔法 》

 その先には…(↓) 

 

 松崎小学校に到着。

 

焼却炉が実際にあったわけではないけど、ここ(↑)にあると設定して描かれた校庭東側の辺り。   

いつもは中に入れませんが、今日は行事開催で解放されていたため、校内を見られました。 お邪魔しました。

  校門の並びで(↓)。

山頭火の句碑。

《 ふるさとの学校の からたちの花 》

 この左側に、今もからたちの垣根があります。 

 
 北上して旧山陽道沿いに天満宮前に出て、天神通りへ。

バー・カリフォルニア跡(↓)。この時間の影の色濃さが侘しさを誘うような、コントラスト。 

 ようやくゴール。 

天神ピアに到着。今回の完歩証は、さべあのま先生の貴伊子ちゃん×幸せますグッズ。(飴と、こはぜ) 

 

一度宿に戻ってから 再び天神ピアの懇親会へ。ギリギリまで休んでいて、慌てて駆けつけました;;

いや、きつかったです。会場着いた時は、ヨレヨレでした;;(・・・多分、誰もがヨレヨレ・・・)

貴伊子が住んでいたエリアの詳細な見取り図の紹介。

工場ごと計画された町の中に、いろいろな施設が作られていたことがわかります。 

ドリンクチケット。1枚キープしとけば良かった…(↑) 

 

す、すずさ~んっ!!! 

描いたのは、(いつもお世話になっています)みゃっきさんことmilkpumpさん。 

(↓)こちらバー・カリフォルニアのおねいさんも。 中の人のサイン付き。

 

そして、(↓) 中の人・橘琴音さん。探検隊初参加です。

吉村さんの生「 ほうたっときさんよ 」をご披露して下さいました。

 

庶務課の藤原さん、こんなところに!しかも(中の人の) サインまで。

藤原さんは、じゃんけんを勝ち抜いた某隊員宅にお迎えされていきました。 

今では、クローゼット扉にお住まいだそうです。(隊員本人より確認ずみ)

 

 懇親会のサプライズゲストは、山口在住のイラストレーター・尾崎真吾先生

東京にお住いの頃、当時学生だった片渕監督が参加したワークショップの講師をされていた縁でのご登場でした。

現在は、金子みすずの詩をテーマにした繊細な鉛筆画をお描きになっています。

東京時代にNHKアニメ「三銃士」のキャラクターデザインをされた話題になると、会場から思わずどよめきが。

・・・私も、CMやみんなのうたなどのほのぼのタッチのイラストを尾崎先生の仕事として覚えていたので、これはこれで驚きでした。

今回、探検隊の《後援》を担い、当日初お披露目・発売の2013年マイマイ新子カレンダーも発行した

ほうふ日報社長・縄田氏の大学時代の恩師でかつ樹のぶ子先生のご友人でもある先生から、

先ほどのレクチャーで監督が語った「高樹家増築に関する仮説」を立証・補強するお話をいただいたりと盛りだくさん。

 

今まで2日に分けていた探検隊と懇親会を同じ日にやるのは初めてで、(確かに)きつかった。

きつかったけどその後の2次会にもかなりの人数が流れて、一部は3次会(2次会後、さらに居残る組)へ。 

(実はバイキング始まって食べ始めたら、ヨレヨレから復活出来た。早い話、ガス欠だったらしい。自分の場合は) 

 

「足がイタイよ~」と言いつつ、口角泡を飛ばす隊員みんなのあの元気はいったいどこから出てくるんだろう…? 

 

 

【 裏道、寄り道、遠い道~マイマイ探検隊7/10・14(花神子社参式)~  】に続く

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 裏道、寄り道、遠い道~マイ... | トップ | 裏道、寄り道、遠い道~マイ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。